TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか
TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか

「ピー」と「ポー」

 

前回からのつづき

 

「階名」は音名と違い絶対的な音の高さを表すものではなく、ある基準の音からの音程(関係性)を表す、相対的なものです。

ですから、単独の音を階名で表現することは、本来はありません。

 

例えば、救急車の「ピーポーピーポー」というサイレンの「ポー」を基準としたとき、「ピー」の音がどのくらい高くなっているか。そうしたときに、基準の音に一つ名前を与え、高くなった音にもその高くなった度合い(音程)によって名前をつけ、階名とします。

 

カラオケのキーチェンジ機能はご存知ですよね。あれの要領で、「ピーポーピーポー」のサイレンのキー(キーについても後日お話します。)を上げたとしましょう。すると、当然「ピー」も「ポー」も音が高くなります。ですが、「ピー」と「ポー」の関係性(音程)は変わらないので、しばらく聞いていると救急車のサイレンとして、違和感なく聞こえると思います。もし、この関係性(音程)までもが変わってしまったら、救急車のサイレンには聞こえないはずです。

 

さて、こうやって「ピー」と「ポー」が関係性(音程)を保ったまま、音が高くなったり低くなったりしたとき、最初につけた階名はどうなるか。

 

どうなると思いますか?

 

じつは変化しないのです。

ピーの階名が「ミ」、ポーの階名が「ド」だとすると、その二つを関係性(音程)を保ったままに、いくら高くしようと低くしようと、ピーは「ミ」でポーは「ド」だということです。

 

童謡の「ふるさと」のメロディの音を順に階名で言うと「ドドドレミレミミファソ」となります。

そして、この曲のキーをいくら上げようと下げようと、要はキーが何であっても、階名は「ドドドレミレミミファソ」のままなのです。

ということは、一つずつの音というよりも、その関係性に名前がついていると捉えることもできます。つまりは相対的な名前だと。

 

分かってきましたか?

 

音楽の要素のうち、音の高さや音程は、この「音名」と「階名」の2つを使って理解していきましょう。

とくに「階名」は、相対音感を身につけるうえでとても重要になってきます。

ひきつづき、もう少し「音名」と「階名」についてお話していきますので、お付き合いください。

大事なところですので、あやふやにしないでしっかり整理しておきましょう。

 

つづく

「音名」と「階名」

 

前回からのつづき

 

ソルフェージュや相対音感の話をするうえで、ひとつ整理しておきたいことがあります。それは音の名前です。

 

音の名前と言えば「ドレミ」を思い浮かべる方が多いと思いますが、そもそも日本では「イロハ」がそれに当たるものでした。

「ドレミ」はイタリアでの音の名前です。

他にも、ロックやジャズを少しかじると「CDE(シーディーイー)」のアルファベット(英語読み)や、クラシックでの「CDE(ツェーデーエー)」のドイツ語読みなんかも聞いたり見たりしたことがあるかもしれません。

 

これらは国(読み)の違いはあれどみな音の名前なのですが、音の高さを表す「名前の付け方そのもの」に大きく二種類あることをご存知でしょうか。

 

それは「音名」と「階名」です。

 

聞いたことありますか?

義務教育の音楽の授業の中で、せめてこれくらいはしっかり教えていただけると良いのですが……。

 

何でもそうですが、「知らない」ことは、得体が知れなく感じられ、不安で、怖く、近寄り難く、不可能に思えます。

逆に「知る、理解する」ということは、親近感が湧き、安心が増し、怖くなくなり、近寄っても大丈夫に、できるんじゃないかという気になってくることに繋がります。

ですので、整理していきましょう。知っていきましょう。理解していきましょう。

 

はい、「音名」です。

これはそのまんま音の名前ですね。もう少し丁寧に言うと、絶対的な音の高さに対する名前です。

例えば、我が家の洗濯機は洗濯の完了が近づくと「ピーッピーッピーッ」と音が鳴るのですが、これは日によって音が高かったり、低かったりと変化することはありません。基本的にいつも同じ高さです。そうしたときに、この洗濯機の音の高さを言い表すのが「音名」です。

 

この写真の、指で押さえている鍵盤は、しっかり調律さえしてあればどのピアノでも同じ高さの音が鳴ると思います。この任意の、ある鍵盤で鳴る音の高さを言い表すのが「音名」です。

 

どうでしょうか。ある高さの音に対して1つの名前が付けられているということですね。

 

では「階名」とは何なのでしょうか。

 

つづく

ソルフェージュをしよう

 

前回からのつづき

 

相対音感をもってすれば、基準の音から導かれる様々な音程を判断することができ、そのそれぞれに名前をつけていくことが可能となります。

それが、所謂「ドレミ」というやつです。

 

スクールでは、少し前にお話ししたリトミックの一環、というかそれと並行して、「ソルフェージュ」という練習を、これもいずれのコースにおいても実施していきます。

 

「ソルフェージュ」というのは、いろんなメロディをドレミで歌ったり聴き取ったりする練習です。

これによって、楽器はなんであれ単線のメロディは「歌えれば演奏できる」ようになりますし、歌もより正確に音程を認識して歌うことができるようになります。

 

そして、ここ重要です!よく覚えておいてくださいね。

この相対音感は、絶対音感と違って、大人になってからでも身につきます!

ホントですよ!

 

というか、そもそも音感というのは、ほぼ全ての人に備わっています。

例えば、同じ言葉でも地方によってイントネーションが違うのが分かりますよね。それで十分、音感はあると言えます。

要は、漠然とただ「語尾が上がった」とか「語尾が下がった」くらいにしか認識していない、その上がり具合や下がり具合を「音程」として掴んでいきましょうということです。

 

ただ、とっても悲しいことに、この相対音感を身につけるための練習やソルフェージュは、専門に音楽を学ぶ場では必須の項目ですが、趣味で音楽を楽しもうとする人に対しては、ほとんどその重要性が語られることも、レッスンでとりあげて練習することもありません。

 

なぜなんでしょうか。ずっと疑問です。

もう、趣味の方たちへのレッスンでは、そういう核心には触れずに、なんとなく表面的に音楽をやっているような気分に浸ってもらえればそれで良いでしょ、っていう、ぶっちゃけそういうの教えるのめんどくさいよね、っていう、そんなレッスンがまかり通っている気がしてならないです。

 

このコラムがひと段落したら、相対音感を身につけるためのプログラムの一部を、このブログでもご紹介していこうかと思っていますので、ぜひトライしてみてください。

少しづつビルドアップしていくので、最初はけっして難しくないですよ。

 

つづく

やっと本題の「○○音感」について

 

前回からのつづき

 

絶対音感がなければ音楽を楽しめないなら、既に成人していてその能力を持っていない人は、この先もずっと楽しむことができないことになります。

そんなわけありません。心配しないでくださいね。絶対音感がなくたって堂々と音楽やって良いんです。

 

クラシック音楽の世界は別にして、プロでもアマチュアでも、素晴らしい演奏をしている人、音楽を楽しんでいる人のうち、じつに多くの方が絶対音感を持っていません。

 

ただ、絶対音感を持っていなくても、先に述べた「歌える曲であれば演奏もできる」力を、彼らは持っています。

そしてそれはやはり、音を頼りにして、ということです。

 

絶対音感に比べると、かなり認知度が低いと思いますが、「相対音感」というものがあります。

聞いたことありますか?

 

この「相対音感」こそ、具体的な「音楽を楽しむための力」としての主だったもののうちの一つです。

具体的な話をすると言ってから、実に6回目にしてついに出てきました。でも、まわりくどいようでいて、全部大事なお話なんです。ホントに。

 

さて「相対音感」とは何なのか。なんとなく予想ができますか?

要は「絶対」に対しての「相対」ということなんですが、相対音感だけでは、絶対音感のように、ある高さの音を聴いてパッとその音の高さを判断することはできません。

しかしながら、一つでも基準となる音を与えられれば、それ以降に聴いた音の高さは、すべてその基準からの関係性、つまり相対的に判断ができます。

 

うまく伝わっていますでしょうか。

「この音がドだよ」と聞かされれば、その他は「じゃあこれはレだな、次はソだな」といった具合に分かるということですね。

 

どうですか?

「あ、オレ、相対音感持ってるわ」という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

 

つづく

絶対音感は必要か

 

前回からのつづき

 

さて、話を戻しましょう。

音楽と仲良くなるために、運動を記憶したり、視覚に頼ったりするだけでなく、「音」をもっと意識していきましょうということでした。

そして、歌える曲であればそれは演奏もできる。そうなったらきっと楽しいですよね。

 

この話をすると、それを聞いた多くの人の反応は、「今から音楽を始めて、そんなふうになれますかね?」というかなり懐疑的なものです。

頭の中で曲をイメージして、それが既存のものでも、その場で思いついたものでも、パッと演奏に置き換えることができる。

そんな芸当は、天才でもないとできないんじゃないか、幼少の頃から音楽を専門的にやってきた人でもないとできないんじゃないか、と、そう思う気持ちも分かります。

 

そんなふうに思ってしまうのは、これまた日本の音楽や音楽教育を取り巻く、歪んだ認識によると考えられます。

 

「絶対音感」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

しかし、この絶対音感について、しっかりした理解を持っている方は、案外少ないのではないでしょうか。

 

絶対音感とは、ある高さの音を聴いたりイメージしたりしたときに、その音の高さを、一切のツールを使わずに自身の持つ記憶に基づいて認識(判断)できる能力です。

おもむろにグラスなんかを指で「チーーン」と弾いて、その音が「Eだね」とか「F#だね」とか、そんなふうに分かるということですね。

 

そして、この能力は一般的には、幼少期に絶対音感を身につけるための訓練を受けたうちの何割かの人にしか身につかないと言われています。

また、その「絶対」という響きからか、人も羨むすごい能力だと思われている節もあります。

 

実際に私も、ちゃんとした認識を持つまでは、絶対音感を持つ人にコンプレックスを抱きましたし、どうにか今からでも絶対音感を身につけられないかと足掻いたりもしました。

 

そして現在、私は、音楽を楽しむうえで絶対音感は不要だ、という考えに至っています。

 

つづく

 

写真は、新橋の焼き鳥屋さんにて。まったく関係なくてすみません。