「歌う」ということ

 

前回のつづき

 

「歌えるけど演奏できない」。

これを「歌えるなら演奏できる」ようにするのが当スクールのメソッドの一つですが、そのお話の前に「歌う」ということについても少し触れたいと思います。

 

みなさんは歌うこと、好きですか?

 

あんまり得意じゃない、っていうのは無しです。得意かどうかじゃなくて、好きかどうかです。

今までコラムで述べてきたことを思い出してくださいね。

上手に歌えなくたって良いんです。

人の目は気にしなくて良いんです。

人と比べなくて良いんです。

どうですか?

 

カラオケみたいなシチュエーションが苦手だという方はいらっしゃるでしょうが、誰かに聴かせるとかそういうのではなくて、お風呂で鼻歌を歌ったり、自転車に乗りながら、洗濯物を干しながら、掃除をしながら、いつでもどこでも、小さな声でも、歌詞が適当でも、多少調子っぱずれでも……

どうですか?

 

嫌いだという方は、おそらく、下手な歌を人に聴かれたくない、恥ずかしい、と思うからであって、根本的にはみなさん歌うことがお好きなんじゃないでしょうか。

というか好きであってください。

 

好きでないと話が進まないんです。

 

歌というのは、おそらくは、手拍子したり、手で何かを叩いてリズムを打ち出したり、または踊るという行為などと同じように、もっともプリミティブな音楽的行動です。

太古の昔から、人は、歌い、叩き、踊ってきました。

その多くは神様を祀るためだったりするでしょうが、何かを祝うなどの喜びの場や楽しい場でも、歌い、叩き、踊ってきたはずです。

 

つづく

 

写真は先日、30分だけ1人でカラオケに行ってきたときに撮りました。一緒にカラオケに行く友人がいないわけでも、写真を撮ってくれる人がいないわけでもありませんので心配無用です。