【ヴォーカル】スーパースター

 

スーパースター

 

と言われて誰をイメージしますか?

 

世代観もあるでしょうけど、

 

私だったら、スポーツ選手なら

 

タイガー・ウッズ

マイケル・ジョーダン

マイク・タイソン

アイルトン・セナ

ディエゴ・マラドーナ

カール・ルイス……

 

 

そして音楽では

 

マイケル・ジャクソン

プリンス

マドンナ

シンディ・ローパー

 

に決まっています。

 

マイケル、プリンス、マドンナの3人は、なんと同い歳。

やや遅咲きだったシンディは他の3人よりちょっとお姉さんです。

 

人によっては、ここにシンディが入ってくることに「?」と思うかも知れませんが、

80年代半ばには、「マイケルとプリンス」が、そして「マドンナとシンディ」がよく比較されていたように記憶しています。

 

実際のところは、4人が4人、超がいくつもつくくらいの個性的で才能溢れる人たちなので、比較なんてめっそうもないんですが、たぶん当時のマスコミがそのように取り上げてたんでしょうね。

ハナタレ小僧の私には、それがけっこう印象深かったんだと思います。

「ライバルなんだぁ〜」って。

彼ら同士の仲も、あまり良くないと思っていた人が少なくないんじゃないかな。

そんなことないみたいですけどね。

 

 

時が経って、このうち2人はすでに他界してしまいましたね……

寂しいです。

 

 

意外と言ったら失礼かも知れませんが、もっとも安定して長い間活躍しているのはマドンナでしたね。

今もって恐ろしいほど元気で、レコード(CD?配信?)もバンバン売って、コンサート動員もハンパないですから。

正直、当時は音楽的なアビリティやポテンシャルでは、他の3人にやや及ばないと思っていましたが。

その分、音楽バカにならずに大局(トレンド、世論やマスコミ、セールスなど?)を見ることができたのかも知れません。

そう言う意味では、マドンナは頭が良いんでしょうね。

 

 

あえて比較するならば、シンディ90年代、2000年代とレコードセールス的には落ちていきます。

もはや「過去のスーパースター」と言われてしまうかも知れませんね。

でも、ヒットこそないものの、じつに良質なアルバムをマイペースでリリースしています。

マドンナが常に最先端のダンスミュージックを意識しているのとは対照的に、シンディはとてもトラディショナルな音楽を大切にしているように思います。

古いブルース、カントリー、ジャズ、ラテンなどですね。

往年のヒット曲をいろんなトラディショナルなスタイルで歌い続けています。

ライブではバンドやその場を上手くコントロールしますし、「七色の声」と称された魅力的な声と歌唱力も健在で、やっぱりこの人はミュージシャンの気質が強いんだなーと感じます。

 

 

とまぁ、いずれのスターも簡単には語りつくせないので、またあらためて。

 

今回は、シンディの動画を貼っておきます。

大ヒットナンバーをいろんなアレンジで歌い続けています。

 

これは名曲ですね。

近年のシンディは、よくこのアパラチアン・ダルシマーという楽器を使って弾き語りをしています。

 

ソロデビュー前のバンド、Blue Angel時代の貴重映像。この曲は後にソロでも歌っています。

この歌唱パフォーマンスをもってしても、ずっとデビューできなかったんですね…。すでにハンパないのに。

さすがビッグアップル。シンディのような実力者がしのぎを削ってるんですね。

 

【フルート】フルート奏者がいるロック・ポップスのバンド

 

今回は、ロックやポップスでフルートが印象的な曲をと思ったのですが、考えてみると無数にあるような気がしてきました。

意外かもしれませんが、実際はかなり使われているんですよね。

 

ですので、

メンバーにフルート奏者がいるバンドをご紹介してみたいと思います。

ジャズやフュージョン、もしくはラテンっぽいバンドではたくさんあるでしょうから、ロックやいわゆるポップスのバンド。

で、メンバーにフルート奏者となると、これはグッと絞られます。

 

 

まず、ロックでフルートと言われて真っ先に思い立つのが

ジェスロ・タル(Jethro Tull)

です。

最高です。

フロントマンのイアン・アンダーソンというムサ苦しい方が、変なポーズをとりながらフルートをブロウします。サックスではよく使う「ブロウ」という表現ですが、フルートで使うとしたらまさにこういうときでしょう。

楽器をブンブン振り回しちゃって、頭部管がすっ飛んでっちゃったらどーすんだろ、って感じです。

でもどうせだったら、このくらいやってくれた方が見てて気持ちが……いい、かも…。

 

 

同じイギリスには同時期に、フルートをフィーチャーしたバンドがいくつかあります。

ジェネシス(Genesis)キング・クリムゾン(King Crimson)など、いずれもプログレッシヴ・ロックと言われた類のバンドです。

 

 

そんな中でもキャメル(Camel)というバンドはSnow Gooseというロックフルートの名盤も残しています。

 

 

オランダのフォーカス(Focus)というバンドも鍵盤奏者がフルートを兼任しています。

 

 

どれもほぼ同時代、ヨーロッパのプログレシーンからですね。

 

他にはないかな

うーん、アメリカにもあるんでしょうけどね、パッと思い浮かばないな

 

オーストラリアのバンドで、「ノックは夜中に(Who Can It Be Now?)」って曲がヒットしたメン・アット・ワーク(Men At Work)にはサックス/フルート奏者がいます。

 

 

日本では、ブルーコメッツ井上大輔さんがフルートを吹いていますね。

 

他には、クレイジーケンバンド中西圭一さんがサックスと兼任でフルートを吹いていますね。

あとはチェッカーズでも、割合は少ないですが曲によっては藤井尚之さんがフルートを吹いています。

 

意外なところでは忌野清志郎さんも吹いていました。バンド単位と言えるかわかりませんが。

 

 

ネットで調べてみると、若手のセロ(ceroというバンドにはフルートを吹くメンバーがいるようです。

 

 

他にもあるんでしょうけど、今回はこのへんで。

もしフルートが入ったかっこいいバンドをご存知でしたら教えてください。

【ウクレレ】嬉しくてThree Little Birds

どうも高野です。

このたび

マイウクレレ

なるものを入手いたしまして。

 

ただ

嬉しい!

というだけの投稿です。

 

ガチな人からは邪道だと言われてしまうかもしれませんが、

フェンダーのウクレレです。

 

テナーサイズのLow-Gで、ギターと同じチューニング。

だけど、やっぱりギターとはだいぶ違いますね。

意外に各弦の間隔が広いんですね。

まだウクレレらしい弾き方ができませんが……でも楽しい!

 

嬉しさあまって弾き語りしてみました。

大好きなボブ・マーリーの「Three Little Birds」です。

 

スクールにはウクレレコースもあり、滝口講師が担当します。

【ウクレレ】第1回ウクレレ同好会

 

昨日はスクールの企画による、

ウクレレ同好会

の第1回目でした。

 

参加者は、みなさんほぼウクレレ未経験でしたが、中にはこの同好会に向けて楽器を購入された方もいらっしゃいました。

 

最初はコードの押さえ方、ストラミング(ストローク)のやり方などを簡単にレクチャー。

ある程度慣れてきたら、どんどん合奏に入りました。

 

コードチェンジがスムーズにできなかったり、キレイに音が鳴りきらなかったりはあっても、最初から完璧なんて目指さずにリズムをキープしてどんどん進みます。

 

 

その結果、

3時間ほどの会の中で、事前に準備しておいた9曲を全部弾きました!

すごーい!

 

最後には、「いきなりこんなにいろいろな曲が弾けるとは思わなかった」と言う方や、「楽しかった~、2回目はいつですか?」と言う方、さっそくウクレレのカタログを見始める方もいらっしゃり、みなさんに楽しんでいただけたようです。

 

この手軽さは、他の楽器にはなかなか出せない魅力ですね。

 

レッスンでもワークショップでもない「同好会」ですので、飲んだり、食べたり、雑談したりしながら、弾いて歌ってワイワイやりました。

 

2回目が今から楽しみです。

 

 

この同好会はスペースの都合で、スクールのレッスン生のみなさんにのみご案内していますが、ご興味がありましたらお問合せください。

ひさしぶりのライブでした

ちょっと遅くなってしまいましたが、

先日の9日(月)は、Jami Jami Descargaのファーストライブ@新宿OPEN でした。

Jami Jami Descargaは当スクールの講師、高野はるきとchieによる音楽ユニットです。)

 

平日の夜にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただき、とっても嬉しかったです。

お越しくださったみなさま、ありがとうございました!!

 

 

サポートではなく、自分でMCもやるようなライブをしたのはいつぶりだろうか…。

 

ジャズと、レゲエをはじめとするカリビアンミュージックを掛け合わせて、なおかつ自分たち流の音楽をやれないか、と始めたわけですが、なんでも最初は大変ですね。

 

今回サポートしてくれたベースの進藤大祐くん、ドラムの篠木春輝くんにも苦労をかけつつ、なんとか形にはなりました。

 

もちろん反省点は多々ありますが、方向性というか、やりたかったことはある程度はお客さんに伝わったようで、それを良いという感想をいくつもいただけたので、素直に嬉しかったです。

 

 

あらためまして、足を運んでくださったみなさま、DJのChiiさん、ジェレミーさん、新宿OPENの晴康さん、ありがとうございました!!

 

 

ということで、マイペースにやっていきますが、Jami Jami Descargaを今後もよろしくお願いいたします!

ライブ情報など、またこちらでもお知らせさせていただきます。

 

 

すべていただきものの写真です。

絶対上手くなる方法

 

「なかなか上手くならないんです……。」

 

生徒さんからもたまに聞く言葉ですが、すでに音楽に取り組んでいて、そう思っていらっしゃる方も少なくないんじゃないでしょうか。

 

 

そんなあなたに絶対に上手くなる方法を、今回特別に教えちゃいます。

 

それは……

 

 

 

 

継続することです。

 

ただそれだけ。

 

 

継続していったら、どんどん下手になってしまった、という人を私は知らないです。

(特別な理由がある場合を除いて)そんな人、会ったことも聞いたこともない。

 

人間は学習する生き物ですから、どんなに効率の悪い練習をしていても、もしくは別段練習などしなくても、継続しているのであれば必ず上達します。

だから上手くなることより、どうやったら継続できるかを考えた方が良い、とすら私は思います。

 

そして、継続するには、音楽をすることが「好きなこと」にならないと難しいでしょう。

この場合の音楽をするとは、練習をするということばかりを指しているわけではありません。

 

たとえば、ジャズをやりたいと思っているのにジャズを聴かないっていうのは、踏み込みが甘すぎると思います。

その程度の関心では、継続していくことが難しいんじゃないでしょうか。

 

実際のところ、ジャズといってもいろいろあって、最初は何を聴いたら良いか分からないですよね。

でも、じーっと待っていても音楽の方からは歩みよって来てくれません。

自分から一歩踏み込んで行かないと。

 

きっかけは何でもいいと思いますが、自分から興味を持って踏み込んで行くことです。

インターネットを覗けば、その関心に応えて、より深いところへ誘うソースは、たくさんたくさん転がっているはずですから。

 

そして、踏み込んだら踏み込んだだけ応えてくれるのが音楽の素晴らしいところだと私は思っていますし、それは多くの人にとっても同じだろうと思っています。

 

 

なんだか話が「上手くなること」から逸れてきている気がしますか?

そんなことないんですよ。

 

 

上手くなるには

継続すること。

 

 

継続するには

好きになること。

 

 

好きになるには

関心を持って踏み込むこと。

 

です。

 

逆に言えば、関心を持って踏み込むことをせずに上手くなるっているのは難しいのではないでしょうか??

 

見ちゃダメ

 

ひきつづき110分のヴィオラ練習をしていますが、先日の「楽器は持たない」につづき、あらためて大切だと思うことがまたありましたので、シェアしたいと思います。

 

それは……

 

 

「見ない」ということです。

 

ようは視覚に頼った演奏をしないということです。

具体的には、ギターの指板や、ピアノの鍵盤などを見て演奏しないということです。

 

 

なぜか。

 

そうすることで、発音するより先に音をイメージする、そして鳴った音を耳で確認する、というとても大切な行為がすっ飛ばされてしまう恐れがあるからです。

 

たとえばこれが歌だったら、声帯を目で見て確認しながら歌うことはできないので、おのずと、まず歌いたい音の高さをイメージしてから発声することになります。

イメージ運動発音イメージした音と鳴った音とのすり合わせ(確認)

 

という順序です。

実際にはものすごく短い時間の中で行われていますが、順序としてはこうなっていると思います。

誰しも。

(いわゆる音痴だと思われる方は、この「イメージしてから」と「すり合わせ(確認)」のどちらか、もしくは両方が弱いということが原因の1つとして考えられます。)

 

 

ところがこれが楽器となると、とりわけ手先を目で確認できてしまうような楽器となると、

場合によっては、

目で確認運動発音

 

と、これだけになってしまう可能性があるのです。

イメージするところがない。

すり合わせもない。

 

 

ビジョンがない行動っていうのは、その結果がいいか悪いかを判断することすらできません。

ビジョンも結果の判断も必要のない物事もあるでしょうが、楽器演奏においては大事なことです。

 

 

ピアノなんかだと、正確に運動することで正確なメロディーやハーモニーが奏でられている気がします。

表面上は。

でもこれってただの運動ですよね。

よく「あいつのプレイは歌ってるね~」なんて言ったりしますけど、そういう演奏はただの運動からは生まれ得ません。

もっと言えば、ただの運動を続けていっても、音楽や楽器の楽しみが広がっていきません。

 

 

楽器でも、たとえばトロンボーンなんかだとちょっと違うと思うんですよね。

目で見て「ここはこの音」っていうのがすごく分かりにくいですから。

だから歌と同じように、

イメージ運動発音イメージした音と鳴った音とのすり合わせ(確認)

が自然と行われます。

 

 

ヴィオラは微妙で、手先を見ようとと思えば見れちゃうんですね。

でもギターのようにフレットがあるわけでもないし、本当は見ても大して意味がない。

 

でもついつい見ちゃう。

 

ってのが今の自分です。

つどつどそんな自分にハッとして、視覚に頼らずちゃんとイメージしてよく聴きながら弾くと、ずいぶん音程もマシになります。

 

 

とはいえ

楽器を始めたばっかりの方にこれを絶対だとして強要するワケではありませんよ。

最初っからそれじゃムチャクチャ大変だから、もちろん見ながらでOKです。

でも、「なるべく見ないようにしていこう」っていう意識はあった方が、上達も早くなるし、良いと思います。

 

【ギター】好きなギタリスト(まとめ)

 

以前、コラムのカテゴリーに書いていたギター関連の記事のリンクを

ギターのカテゴリーにも置いておきます。

好きなギタリストの投稿は、またしていきたいと思います。

 

【ギター】好きなギタリスト①キース・リチャーズ

【ギター】好きなギタリスト①

 

【ギター】好きなギタリスト②プリンス

【ギター】好きなギタリスト②

 

【ギター】好きなギタリスト③ジミ・ヘンドリックス

【ギター】好きなギタリスト③

 

【フルート】フルート奏者③グレッグ・パティロ

 

フルートはやっぱりクラシックのイメージが強いですが、ジャズやラテン、ポップスでもたくさん使われています。

今日はそういったジャンルを縦横無尽に行き来し、なおかつ強烈な個性を放つプレイヤーをご紹介します。

 

 

グレッグ・パティロ

 

というアメリカ人で、まだ41歳と若いプレイヤーです。

 

彼はヒューマンビートボックス(日本ではボイパと言う方がポピュラーかもしれません)をしながらフルートを吹くという必殺の特技をもってYoutubeに動画投稿し、話題になりました。

 

音大でしっかりクラシックのフルートを学んだ後、独自に編み出したその奏法を武器にニューヨークでストリートミュージシャンとして活動しているようです。

 

百聞は一見にしかず、ということで動画をどうぞ。

 

 

彼はビートボックス以外にも様々な特殊奏法を駆使しますが、それがじつにダイナミックで、技を見せるというよりはしっかり豊かな表現につながっています。

勢いだけの雑な演奏とも違い、まさに体の一部のようにフルートをコントロールしています。

 

ようするにめちゃくちゃ上手いです。

 

 

これなに。笑

 

 

そして同じストリートミュージシャン仲間とProject Trioという3人組のグループを組んで、クラシックからロック、ジャズ、ラテンなど様々なナンバーを、彼ら流のユーモアのあるアレンジで演奏しています。

メンバーのチェロ奏者、コントラバス奏者も、クラシック仕込みの正確なテクニックを持ちながら、大胆で遊び心のある演奏をします。

 

 

ぜひ生でも聴いてみたい。

最前列で聴いたら、めっちゃツバが飛んできそうだけど。

楽器は持たない

 

ここ1ヶ月くらい、毎日10分、ヴィオラの練習をしています。

まぁ、そんなに急に上手くなったりはしないのですがね。

 

で、あらためて「大事だなー」と思ったことがあるので、シェアしたいと思います。

 

それはヴィオラに限ったことではなく、多くの楽器に共通することです。

(ピアノとか鍵盤系にはあてはまりませんが。)

 

何かと言うと……

 

 

 

「楽器を持たない」ということです。

 

 

管楽器でも、弦楽器でも、打楽器でも。

 

たとえばヴィオラであれば、楽器本体は頭の重さで肩との間に挟みます。それだけで楽器を維持し、左手はスムーズな運指のために、けっして楽器を持ちません。

右手も、弓を持つのではなく軽くつまむだけで、弦の上に乗せた弓を引いたり押したりします。

 

たとえばフルートであれば、左手の人差し指付け根、右手の親指の腹、下顎の3点のみでバランスよく楽器を支持します。これを三点支持と言います。

キーを押さえるための指はできるだけフリーな状態にしたいわけです。

 

たとえばドラムのスティックも、ギュッと握りしめていては速いフレーズはもちろんのこと、力強い音を鳴らすことも難しくなってしまいます。

握り込まず手の平とスティックの間には隙間を作って、指だけでもストロークできるようにしていきます。

 

ストラップを使う楽器の場合、楽器の重さはすべてストラップで釣って、それ以上には手で楽器を持ち上げるようなことはしません。

 

 

もし、楽器を始めるにあたって、もしくは上達しようと、「どうやって持つといいですか?」と聞いてくる人がいたら、「まず、持つという表現をやめましょう」と私は返します。

口で「持つ」という表現を使っている以上は、意識もやはり「持つ」になってしまうからです。

 

 

楽器を始めて最初のうちは、どうしても楽器が不安定になってしまうので、しっかり持ちたくなってしまいます。

でも、そのまま続けていくと、なかなか力みが取れず、上達することも楽しむことも難しくなってしまう可能性もあります。

 

ちょっと気にしながら練習してみると、そのうちきっといいことがあります。

と自分に言い聞かせて今日もヴィオラを10……