初心者のための音楽理論⑨

はい、お待たせしました。音楽理論講座の9回目です。

 

前回までのお話が全部準備段階だったという衝撃の展開。ガクブル。。。

恐る恐る中身に入っていきますよ~。

 

ここであらためて確認しておきますと、この講座はポピュラーミュージックの音楽理論講座です

世の中にはじつにさまざまな音楽がありますが、ここでの理論は、そのすべてに当てはまるものではなく、まあ言ってしまえばポップスとか、ロックとか、ジャズとか、ソウルとか、そういう音楽でのものです。

ポピュラーミュージックはつまり、「アメリカを中心にヨーロッパ、中南米、そして日本において広がりを見せる近代的な商業音楽」というやつですね。

 

どういうものかというと……

まずざっくりと、音楽は「調性音楽(キーがある音楽)」と「無調音楽(キーがない音楽)」とに分けられます。

無調音楽というのはこういうのです。

 

あとはこんなのも無調音楽と言えますかね。

 

どうでしょう?おそらくみなさんがやりたい音楽というのとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

この講座ではこの手のやつはちょっと脇に置いておきましょう。

 

逆に、こういう把みどころのない、もしくは非常にエキセントリックなもの以外は全部が調性音楽です。

つまりポピュラーミュージックはおよそ調性音楽です。

この理論講座は調性音楽の中の話ってことですね。

 

 

さて、アメリカでは19世紀以降、西洋のクラシック音楽アフリカ大陸の太鼓の音楽がいろんな形で何度も交配されました。その結果、ブルースやジャズ、その後に続くいろいろな音楽がが生まれます。

 

一方で、調性音楽を演劇に例えるならば「起承転結の場面転換がはっきりした劇」「場面がずっと変わらなかったりするような、ちょっとシュールとも言えるような劇」とに分けられます。

 

日本においてポピュラーミュージックとして以前から親しまれているのは、前者の「場面転換がはっきりしていて、ストーリーがオチに向かって展開していく劇タイプ」の音楽でした。

このタイプの祖先は、様式美を重んじる西洋のクラシック音楽です。

 

昨今は、後者の「分かりやすいストーリーなどなく、ほとんど場面も変わらずに、じわじわと何かを感じさせる劇タイプ」の音楽が、特にアメリカで流行っており、その影響で日本でもそういう音楽が増えてきました。

このタイプの祖先は、アフリカ大陸の民族・民俗音楽です。例えば一晩中大勢で太鼓を叩き続けるようなやつです。

 

いま現在、日本でポピュラーミュージックといったら、この前者のタイプと後者のタイプがごちゃっと入り混じっている状態です。もちろんどちらが良い悪いということはなく好みの問題ですし、両タイプが絶妙にブレンドされているものもたくさんあります。

 

ここでの音楽理論は基本的に西洋の音楽を土台としています。捉え方、考え方、用語など。

これはもちろん、西洋の音楽を考えていく上ではすんなりいくわけですが、世界中にあるさまざまな音楽(いわゆる民族・民俗音楽)には当てはまらないことが多々あります。

で、アフリカ大陸の太鼓の音楽は、非西洋音楽であり、いわゆる民族・民俗音楽ですので、西洋音楽をベースにした理論が当てはまらない。

その子孫である、ブルースやジャズ、ファンク、ヒップホップなども然りです。

でも今ある音楽理論は、それらをもなかば強引に説明をつけようとしているため、ところどころに歪みが出てきたりします。

つまり、万能ではない、と。

 

以前にも言ったのでくり返しになりますが、そんなこんなで、音楽理論はルールではありません。上記のように、対象によっては歯切れが悪くなってしまうものでもあります。自由な発想は常に持ちながら、理論を活用していきましょう。

 

 

とにかく今回は、「場面転換がはっきりしていて、ストーリーがオチに向かって展開していく劇タイプ」の音楽と、「分かりやすいストーリーなどなく、ほとんど場面も変わらずに、じわじわと何かを感じさせる劇タイプ」の音楽があるんだ、ということを踏まえておいてください。

 

つづきますーー。

 

伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンさん

5月の夜に思うこと

今日はエリザベス・コットンの映像をどうぞ。

 

 

私もあまり詳しくないですが、伝説とも言われる黒人の女性フォーク・ブルースシンガーです。

 

これはいつ頃撮影されたものでしょうね。

彼女の歳のころで80歳前後でしょうか。

ウィキ先生によると、1895年生まれで1987年に亡くなったとあります。

 

この曲「Freight Train」は、彼女が11歳で作ったそうです。

デビューは遅く、63歳。

それから92歳でお亡くなりになる直前まで演奏活動をしていたということですが、11歳で作った曲を晩年まで演奏していたと思うと、なんだかじんわりきます。

 

この曲はPP&Mやボブ・ディランもカバーしています。

 

右利き用の楽器をそのまま左で構えて弾くという独特なスタイルから紡がれるギターの音色と、人生の年輪を感じさせる歌声。

途中、小鳥のさえずり効果もあって、全てが素朴であたたかいです。

 

歌詞の内容は、けっして明るい未来を歌ったものではないように思いますが、彼女のブルースには優しさとその奥にたくましさが感じられます。

 

 

虚勢を張らず、あるがままの自分を表現できるように、そんな音が奏でられるようになっていきたいな、と思った5月の夜でした。

 

プロモーション動画公開!

あったかくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、この度……

festina-lente music school

プロモーション用動画を作ってもらいました!

 

 

これでだいぶ雰囲気が伝わるんじゃないでしょうか。

素敵な動画を制作していただき、喜んでおります。

 

 

スクールはほぼほぼ設備も整い、新しい講師もスタンバイOK!

各コース生徒さんを募集しております。

 

Youtubeのチャンネル登録などもしていただけると嬉しいです。

 

 

 

【ギター】好きなギタリスト②

好きなギタリスト2人目は…

 

プリンス

 

です。

プリンスのギターがめちゃめちゃカッコイイ、というのはファンやよく知る人にとっては言わずもがなですが、世間的にはギタリストとしてはあんまり知られてないんじゃないかと思います。

 

まぁ、奇抜な見てくれと、踊りながら歌うステージのイメージが先行してるかもですね。

加えてプリンスは、ギターのみならずあらゆる楽器を演奏して1人でアルバム作っちゃうマルチプレイヤーでもありますし。

 

そんなこんなで、ローリングストーン誌の選ぶ「歴史上で最も過小評価されているギタリスト」ランキングの第1位という、輝かしいのかなんなのかわからない称号ももらっています。

 

私自身、彼を純粋にギタリストとしては見ていないですね。

ファンですね。単に。

バットマンのサントラくらいからがリアルタイムです。

亡くなったというニュースを聞いたときはショックでしたねー。泣きました。

 

まぁ、キース・リチャーズもそうですが、プリンスのようなビッグネーム、なおかつカルトなスターには、ものすごい詳しいマニアがたくさんいるので、私なんかがあんまり語ることもないのですが。

 

 

プリンスのギタープレイ

 

リードギターはジミヘンとかサンタナの系譜ですかね。めっちゃエモーショナル。

そして、ファンキーなカッティングはキレッキレの切れ味。テンションノートの使い方も洒落てます。

 

彼はとにかくギターを体の一部のように扱います。そういう意味ではキースの弾き様とも共通するところはありますが、プリンスの場合はカッチリ弾いています。あんなに動いてよくこんな上手く弾けるなーとホント感心します。

コントロール力が高くて、ミスタッチとかしないです。余分な音がなくて、スクラッチノイズとかゴーストノートも良いところに入れてくる。

 

エフェクティブなギターサウンドもプリンス印で、かなり特徴的です。BOSSのエフェクターばかりを直列でつなぐという、高校生みたいなシンプルなセッティングからあの音が出てるとはにわかには信じがたい。

 

 

もちろんギタープレイ以外にも素晴らしいところがいっぱいあるプリンスですので、なんとなく見た目で敬遠していたような方もぜひ聴いてみてください!

 

 

 

 

初心者のための音楽理論⑧

音楽理論講座の8回目です。

 

実際、いろいろな楽器の音域(一番低い音から一番高い音までの幅)は、

88鍵のピアノで7オクターブちょっと、ギターは4オクターブ弱、ベースは3オクターブ、サックスは2オクターブ半くらい、フルートは3オクターブ……といった感じです。

7オクターブというのは、一番低い音を基準音にしたとき、Do Re Mi Fa Sol La Tiと上がっていって、1オクターブでまたDoになりますね。そこからまた、Do Re Mi Fa Sol La Tiと上がっていって、2オクターブ上のDoに、さらにDo Re Mi Fa Sol La Tiと上がって3オクターブ上のDo……7回くり返していくわけです。

ピアノは、いろいろある楽器の中でももっとも音域が広い楽器です。

 

で、ベースとフルートを比べると、音域の幅はそれぞれ3オクターブほどですが、その高さ(帯域)はかなり違います。ベースのうんと高いところと、フルートのうんと低いところが、ギリギリ少し被るくらいです。

フルートには、アルトフルートやバスフルートなど音域が低いものもあります。

 

前回、「理論のお話をする上では、下向きのインターバルを使って表現することは、基本的にはなく、例えばLaといえば、メジャー6thのことになります。」とお話しました。

ということはどういうことかというと、「ベースとフルートは音域の高さが全然違うけど、その高さの違いを考慮してインターバル(ようはディグリー)を言い換えることはしない」ということです。

 

伝わりますかね

 

ベースでもフルートでも、ある音、例えば「C」を基準音としたとき、その「C」はまったく同じ高さじゃなくてもいいんですね。3オクターブとか4オクターブとか離れていても、「C」は「C」だとして、それを基準音としたインターバルを考えていく上で違いはないとしていきます。

 

補足:音域の広いピアノでは、例えば「C」の音はいくつもありますね。音楽理論を考えていくとき、いったんそのそれぞれを区別しなくていいということですが、高さが違う音であることは事実です。それを区別していこうとしたとき、低い方の「C」から順に、C1, C2, C3, C4, C5,C6, C7, C8としていきます。

 

意外とこの辺りの丁寧な説明を見聞きしたことがないです。分かっている人からすると「わざわざ言わなくても」ということかもしれませんが、こういうところをうやむやにしないで踏まえていくことが大事なような気がします。

 

ということでいろいろお話してきましたが、じつは今回まではすべて下準備です。

でも、準備がしっかりできていれば、始まってからはスムーズに進むのは、音楽理論に限ったことじゃないですよね。

ここまでをしっかり整理していただいて、いよいよ次回から中身に入っていきます。

よろしくお願いします~。

達者な若者3人組

今日はひさしぶりにオススメを。

 

スウェーデン出身の3人組バンドDirty Loopsです。

デビューしたのはもう45年前ですかね、けっこう経ちますけど、その時はかなり話題になりましたね。

日本のワイドショーとかにも出てましたし、ご存知の方も多いかと思います。

 

3人は音楽学校で出会いバンドを結成したようです。

アイドル?のヒット曲をカバーしてYoutubeに動画をアップして世にアピールしていったところ、かのデヴィッド・フォスターの目にとまり、デビューとなったようです。

 

ヴォーカル&キーボード

ベース

ドラム

3人組。名前はわからないです。すみません。

3人ともまだ20代かな?若いです。

 

バンドの特徴は、と言われるとですね……

 

とにかく上手いです。

 

ムチャクチャ上手い。

歌も鍵盤もベースもドラムも。

6連譜のキメとかバシバシ入れてきます。

パートの数はけっして多くないのに、モリモリの音数。

 

ディスコ、ニューウェーヴ匂わすようなシンセ使いも特徴的です。

でも、シンプルなグルーヴで練り上げる演奏じゃなくて、怒涛のフレーズのシャワーです。

リズムは超タイトです。

 

まぁでも世の中には「上手い人」ってのはいっぱいいるでしょうから、彼らはそれだけじゃなく独創性とかキャラ立ちとかがあるんでしょうね。

 

私が買ったCDは、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生がジャケットの絵を描いたやつでした。

 

このところぜんぜん名前聞かなくなっちゃったなー、と思っていたら、今日いきなりYoutubeのオススメに彼らの新しい動画が出てきました。

それで思い出したようにこの記事を書いたわけですけど。

 

 

 

【ギター】好きなギタリスト①

音楽理論講座を連載中ですが、コラムやレコメンドなどの記事も並行してアップしていきますね。

 

先々月かな?サックスについていろいろと書いてみましたが、今度はギターでいってみようかと思います。

よろしくお願いします。

 

ピアノと並んで、いやそれ以上にポピュラーミュージックにおいてはポピュラーな楽器であるギター。

ひとくちにギターといっても、楽器の作りも演奏スタイルもさまざまです。

そんな話もおいおいするとして

 

ギタリストに限らないですが、楽器をやっている人同士でよく話題にするのが、「(著名なプレイヤーのうち)誰が好きか」ってやつです。

そんな話はくだらないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分が目標とするスタイルを明確にするなど、あながちムダでもありません。

 

 

ということで、私の好きなギタリストについて書いてみようかと思います。

 

まず1人目は「キース・リチャーズ」です。

 

キース・リチャーズの世間(日本)での認知度ってどのくらいなんでしょうか。ギターを弾いている人であれば、名前くらいは知っていてほしいですが。

かのローリングストーンズのギタリストですね。

ローリングストーンズって何ね?? という方は、もっといろいろなことに関心を持って、いろいろな音楽を聴いてみてください。

 

キースさんはですね、中学生だった高野少年にとって、とてもカッコイイおじさんに映っていましたね。

ストーンズのアルバムで言うと「スティールウィールズ」のころです。1990年くらい?

そのちょっと後にキースのソロプロジェクトで「エクスペンシヴワイノーズ」ってバンドのライブ盤があるんですが、それが好きでよくビデオを観てました。

そのへんからストーンズのアルバム「ブゥードゥーラウンジ」くらいまでの45年はホント大好きでした。

黄色?のテレキャスター(後に盗まれる…涙)を真似して弾いて。

 

キースはギタリストとしてはそんなに上手い方じゃないです。下手だ、ということじゃなくて、技巧に訴えないスタイルなんですね。

彼の演奏というのは、細かいところまで決まりきった演奏じゃなくて、ラフで、遊び(ハンドルの遊びみたいな)が多いんですよ。即興的だとも言えます。

 

私がギターを始めたばっかりのころは、楽譜(タブ譜)を見ながら、訳も分からずそのとおりに間違えないように弾くことを頑張っていましたが、上記のようなキースのプレイからは結構影響を受けたように思います。

ま、当時は「なんだか、弾いたり弾かなかったりテキトーだな~」って思って見てましたが。笑

そのことが後に、ブルースやジャズなどに趣向が移っていくときにとても大きかったとも思います。

 

そんなこんなで、当時、同世代間ではメタルとか、ギタープレイでは速弾きが流行ってましたが、高野少年は全然違う方向に突き進んでいきました。

 

 

キースは齢75歳。

数年前に出したソロ名義の新作も素晴らしかったですし、まだまだ元気にギターを弾き続けていただきたいです。

 

 

もう数人ピックアップしていこうかな。

これはこれでつづきます~~。

新任講師のご紹介 ④ Isamu講師

新しい講師のご紹介です。

ヴォーカルを主に、ギター弾き語り、ピアノ弾き語りのコースを担当する、Isamu講師です。

素晴らしい歌声の持ち主で、ギターやピアノなど様々な楽器や、いろんなジャンル、また楽曲制作などに精通しています。

木曜日が稼働日ですので、タイミングが合う方はぜひ!

 

 

Isamu

担当楽器(コース):ヴォーカル、ギター弾き語り、ピアノ弾き語り

Singer/Songwriterとして自身のCDリリースや国内各地へのツアーなどの活動を行う。
NY、ロンドン、ブラジル、ジャマイカ、西アフリカ・ガーナ他、海外でのレコーディングやステージも多く経験。
アイルランドはダブリンにて、Rihanna、EMINEMなどの作品を手掛けたスタジオプロダクションとの制作も行う。
また制作スタジオを主宰し、アーティストの音楽プロデュース/作編曲/育成や映画音楽・CM音楽の制作も手掛ける。
教育にも注力しており、音楽学校や芸術学校にて講師を務める他これまで500名以上の指導にあたっている。

初心者のための音楽理論⑦

音楽理論講座の7回目です。

 

インターバルについて、そしてそれを表すディグリーについて、整理できましたでしょうか。

くり返しになりますが、その都度実際に音を鳴らして響きを感じながら、ディグリーに結びつけていきましょう。

 

 

この講座の2回目、3回目あたりで、「基準音に対してのもう1つの音を任意に選ぶ際、基準音より高くても低くても構わない」とお話しました。

鍵盤で言えば、基準音より右側でも左側でも構わないというわけです。

 

前回までで半音ごとのインターバルを表にしてきましたが、講座の4回目以降は、「基準音よりも高い音、つまり右側だけ」の話になっていたことに気づいた方、もしくは疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

実際には、基準音より低い方(左側)にも、基準音より高い方(右側)と同じようにインターバルはあるわけで、やはりディグリーを使って言い表すことができます。

 

例えば、基準音とそこから鍵盤で左に3つとなりの音(つまり半音3つ下の音)とのインターバルは「下向きのマイナー3rd(短3度)」となります。

 

基準音のところで鏡に写したように、左右対象になっているイメージですね。

前回までの内容が整理できた方にとっては、このこと自体は「ああそうなんだ」と理解できると思います。

音楽のメロディをイメージしたとき、音高の推移は当然、上がるだけでなく下がりもしますもんね。

 

 

ですが

 

こと音楽理論では、「下向きのインターバル」という表現は基本的に使いません

実際にはありますよ。下向きのインターバル。

でも、使わないんです。

 

 

さて、ここでもう1つ、ディグリーとひも付けておきたい「あるもの」があります。

それは

 

ドレミです!

 

理論講座の2回目で、以前の記事を読んでおいてくだされ、ということでリンクを貼っておいたの、読んでくださいましたか?

 

「音名」と「階名」

「ピー」と「ポー」

まことに遺憾です

音名はCDE、階名はドレミ

「ファ」って……

トニックソルファで歌おう

 

・階名にはドレミを使い、音の関係性を表すもので、基準が変われば相対的に変わるもの

・ファの半音上やミの半音下にも階名をつける

  上向きにDo  Di  Re  Ri  Mi  Fa  Fi  Sol  Si  La  Li  Ti

  下向きにDo  Ti  Te  La  Le  Sol  Se  Fa  Mi  Me  Re  Ra

 

はい。

 

で、どうするかと言うと、高い方へ(右側へ)のインターバルをディグリーで表したものと、階名のDo  Di  Re  Ri  Mi  Fa  Fi  Sol  Si  La  Li  Ti を半音ごとにひも付けていきます

いわゆるドレミファソはディグリーと照らし合わせていくと以下のようになります。

Doは基準音と同じ高さのユニゾン

Reはメジャー2nd

Miはメジャー3rd

Faはパーフェクト4th

Solはパーフェクト5th

Laはメジャー6th

Tiはメジャー7th

で、オクターブに当たる音の階名は、ユニゾンと同じDoになります。

 

これもさほどややこしい話ではないですよね。

※厳密に言えば、階名の「Di, Ri, Si, Li」はいずれも「オーギュメント(増音程)」に相当しますが、今の時点ではあまり気にしなくていいと思います。

 

 

ここで話は戻って、問題の「下向き(基準音の左側)はどう考えるか」ですが。

ドレミは上向き、ではドから下っていくと階名はどうなりますか?

 

そうです。ドシラソファミレドですよね。

下っていくときにもドレミファソラシドじゃわけがわからなくなっちゃいますもんね。

ドシラソファミレドと下っていきます。

この講座およびfestina-lenteでは、シではなくTiを使い、半音ごとにDo  Ti  Te  La  Le  Sol  Se  Fa  Mi  Me  Re  Ra と下っていきます。

 

すると、例えば、下向きで考えたときのマイナー3rdの階名はLaになります。

Laは上向きではメジャー6thでした。

上向きのマイナー3rdMeです。

 

……

ちょっと混乱しますよね。

 

 

だから、理論のお話をする上では、下向きのインターバルを使って表現することは、基本的にありません。

Laといえば、メジャー6thのことになります。

 

ということで、数字を使うディグリーと階名のドレミは表現こそ違うけれど、ほぼ同じことだと思っていただいてけっこうです。ニアイコール。

音楽理論においてインターバルを表すときにはディグリーを、メロディ(そのインターバル)を歌うときには階名唱といってドレミを使います。

 

 

今回はここまでですー。

 

初心者のための音楽理論⑥

はい、音楽理論講座の6回目です。

 

基準の音と、任意に選んだもう1つの音との響き合い、そのそれぞれに名前をつけてきました。

その名づけ方としては、「響きの気持ちよさ」がポイントでした。

響きの気持ちよさは、周波数比によるわけですね。

 

ということで、響きが気持ちいいところから名前をつけていきました。

周波数比がシンプルな(響きが良い)1, 4, 5, 8完全音程と言います。

完全音程でない2, 3, 6, 7については「長い/短い」という表現を使い、それぞれに2つのポジションがあるわけです。

 

残るは周波数比が4532のところですね。

パーフェクト4th(完全4度)とパーフェクト5th(完全5度)の間に挟まれているところです。

 

そもそも大昔は、この関係(基準音と6つ隣の音)は、非常にマズい響きだとして嫌がられていました。

「悪魔の音程」なんて言われていたそうです。

でも、パーフェクト4thとパーフェクト5thの間が離れていたので、いちおうここにも1つポジションは与えられていたんですね。

 

ある意味、パーフェクト5th(完全5度)より「短い」わけですので、「短5度」といきたいところですが、5度は完全音程ですので「短」になることはありません。

困りましたね。

 

困ったあげく、これを「短」ではなく、「減」という表現をすることにしました。

「減5度」というように。

 

で、ここを5度から「減」で「減5度」であるならば、4度から「増」という表現を使って「増4度」とも言えるわけです。

英語では「増4度」は「オーギュメンテッド4th、「減5度」は「ディミニッシュト5thと言います。

 

長短音程が2つのポジションを有しているのに対し、完全音程は完全ってくらいなので基本はそのポジション1つですが、どうしてもというときは「増/減」するわけですね。

 

各音程の関係を整理するとこんな感じです。

はい。

これでそれぞれの関係に名前がつけられました。

これらの基準音との関係をして、インターバル(音程)といいます。もう少し厳密に言うと、基準音ともう1つの音との音高の隔たりを表すものです。

 

そして、インターバルをこうやって数字を使って言い表すことをディグリー(Digree)と言います。

 

で、表記についてなんですが、完全とかパーフェクトとか書くのが大変なので、これを「P」としていきます。

 

パーフェクト(完全)→「P」

メジャー(長)→「M」

マイナー(短)→「 」(マイナスです。小文字の「m」を使ったりもしますが、メジャーの「M」との混同を避けるために「」にします。)

オーギュメンテッド(増)→「 」(シャープは本来的にオーギュメンテッドを指すものではありません。この場合、完全音程が半音高くなったことを簡略化して表すために使っています。)

ディミニッシュト(減)→「♭」(フラットは本来的にディミニッシュットを指すものではありません。この場合、完全音程が半音低くなったことを簡略化して表すために使っています。)

 

何かに名前をつけておくというのは、整理して理解するため、そしてコミュニケーションを潤滑にするためには不可欠です。

M3とかP5と言われて、それが何を意味するのか、パッとわかるようにして、この先のお話に進みましょう。

ちなみに、M3はメジャー3rd(長3度)で、基準音とそこから4つ隣(半音で4つ)の音との関係およびその響きのことですね。

 

今回はここまでです~。