これをやれば上手くなる!①

 

festina-lenteでは上達することよりも「どうしたら楽しめるか」を考えてレッスンを進めています。

 

とは言え、上手くなることと楽しむことは不可分な部分もあります。

往々にして、上手くなることで楽しみも増すからです。

 

ということで、「上手くなること」とどう折り合いをつけて「楽しみ」を増やしていくかは、とても重要なことですが、

今回は単純に「上手くなるための話」をしてみたいと思います。

 

 

その中でも、めちゃくちゃ効果的なヤツをどうぞ!

 

 

それは

 

ズバリ、

 

「録音する」

 

です。

 

まぁ、何もこんなに勿体つけて言わなくても、ずーーっと前からよく言われてきたことではありますね。

なんだよ…そんなことか、と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

 

さて、上手くなりたいと思っているあなたは、練習のとき録音していますか?

あれ?もしかするとしてない??

え!したことない!!??

そういう方は、ぜひ試しに録音してみてください。

 

 

「自分の下手な演奏を聴きたくない」という気持ちもあるかもしれませんが、上手くなりたいならやってみましょう。

 

そして録音したものを聴いて、

上手い演奏とご自分の演奏はどこが違うのかを考えてみてください。

 

上手い演奏といってもいろいろですが、ここではご自分が思う上手い演奏ということですね。

もし、それが分からない、もしくはイメージできないのであれば、参考になりそうな演奏をたくさん聴いて、なんとなくでもご自分が理想とする形をイメージできるようにしましょう。

それが無いということは、目的地が定まらないまま歩いているのと同じですから。

 

 

で、録音を聴くときに注意していただきたいのは、漠然と「あぁ、全然ダメだな下手だな」という感想で終わらないようにするということです。

 

「まだまだ」であることは前提の話なので。というか、ここで「まだまだ」だと思わない方はこれを読む必要もないので、思いっきり演奏を楽しんでください。

 

 

大事なのは、漠然と「まだまださ」を感じるのではなく、細かく細かく聴いて、ご自分がイメージする上手い演奏との違いを探すことです。

 

それを箇条書きにできるぐらいだといいと思います。

じつはここが難しくて、レッスンでの講師のアドバイスなどは、これを自分で考えることなく気づかせてくれるものだったりします。

でも本当のことを言えば、他者から指摘されるよりも、当人に気づきがあった方が良いに決まっています。

その方が、意識的にそこに向き合えるはずですから。

 

 

まずは録音してみましょう。

 

そこから、自分が何を注意していけば良いのか、どんな練習をしていけば良いのか、にたどり着けたら、その時点でもすでに上手くなっていると言っても良いと思います。

 

 

 

ちなみに、違うことですが

客観的になるという点では共通する練習として、

「鏡を見て練習する」

「動画として録画して、自分の演奏姿を見る」

というのもあり、これらはこれらで有効ですので、ぜひ。

 

演奏会ありがとうございました!

日曜日はスクールの企画、『SOUND MEETING』でした!

 

参加してくださったみなさま、お忙しい中、ありがとうございました!!

今回は、ヴォーカル、弾き語り、ピアノ、ギター、サックスなどのコースをご受講いただいている生徒さんが参加してくださり、

緊張感もありながら、人前での演奏、違う楽器の人たちとのアンサンブル、経験していただきました。

みなさん良い顔をされていたように思います。

 

 

演奏会も打ち上げも盛り上がって、みなさん「楽しかった!」と言ってくださいました。

出たとこ勝負の企画だという側面があったので、ひとまずは良かったなと。

 

 

今回は発表会ではなく、あくまで演奏会。どちらかというとセッション的な趣きを、と考えました。

プログラムもないので、その場で「次はこの曲やりましょう」って進めていきましたが、

演奏サポートの板谷講師(ベース)滝口講師(ギター)山口講師(ドラム)、さすがの対応力でした。

おつかれさまでした!

 

 

今回の会場は、ご近所のアルティカ7さん。

浦田さんをはじめ、スタッフのみなさんには本当によくしていただきました。

ありがとうございました!

 

 

音楽は、すごくシンプルな運動でも、それをコントロールしてリズムや音程に合わせることができたら、それだけで楽しさを感じられると、私は思っています。

今後もいろいろな形で、音楽が「楽しい!」と思っていただけるような企画を考えていきます。

スクールの生徒さん限定でなく、どなたでもご参加いただけるようなのもいいかもしれない。

ご期待ください。

 

 

あらためて、『SOUND MEETING』にご参加くださった生徒のみなさま、演奏サポートの講師陣、アルティカ7さん、ありがとうございましたー!!

 

 

 

 

 

もしもピアノが弾けたなら

 

明日はスクールの演奏会です。

急遽、1曲ピアノを任されることになりまして。

 

ちょっと練習しておこうかと。

 

 

 

私のピアノ、ピアニストから見たら怪しさ満点だとは思いますが、

レッスン時の伴奏とか、打ち込みとか、ちょっとした弾き語りとか

自分のやりたいことは、なんとかやれております。

 

ピアノを習ったことはないんですけど、いつの間にか弾けるようになってたんですよ

手前味噌ですみません。

 

 

ずっと前は、ピアノが弾ける人に対してコンプレックスもありました。

あんな、両手使って、左右別々のことなんてできねーよ〜、って。

 

でも、サックスを吹いたり、ギターを弾いたり、ドラムを叩いたりしていく中で、「ピアノってのはこうすれば良いんだろうな」ってのがなんとなく分かってきたんですね。

「要領」というやつですね。

 

この要領の得方にヒミツがあるのです。

あとは、すこ~し時間をかけて鍵盤に指を慣らしていくと、コード弾きとか、それにちょっとしたメロディを合わせたりとか、リズムに変化をつけたりとかちょっとづつ凝ったこともできるようになってきます。

 

あ、でも、大譜表(2段の楽譜)を見てクラシックを弾くのとかは、超苦手ですね。めっちゃスロー。

ここで言ってるのは楽譜とか使わないやつですね。

ポピュラーピアノ?

いや、なんちゃってピアノですね。

 

 

そんなわけで、festina-lenteのレッスンは、サックスやギターのコースでも、なんちゃってピアノが弾けるようになるというオマケもついてきたりします。ご希望であれば。

 

リズムのお話(アフリカンコンセプト?)

一気に寒くなりましたね

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

私はといえば、これからのさらなる寒さに怯えながらも、リズムについての関心が止まない毎日を送っております。

 

 

先日、Youtubeで、桐沢暁(キリサワサトシ)さんという方のチャンネルを見つけました。

Satoshi Kirisawaチャンネル

 

ロサンゼルスで活動するドラマーだという桐沢氏。

今までにないアプローチでリズムを考え、リズムのあり方そのものを捉え直す、ということを啓蒙しております。

 

 

いや~~メッチャクチャ興味深い。

 

私は菊地(成孔)さんの影響もあり、西洋音楽とアフリカ大陸の音楽が出会って混じり合ったなどといった、ポップスやジャズなどのルーツにすごく関心がありました。

 

でも、いざそれを演奏にフィードバックさせようとすると、けっきょくメトロノームを使って練習となってしまいます。

 

その点、桐沢さんの言うアフリカンコンセプトや、それにまつわるいろいろな話は、目から鱗とは言わないまでも、かなり核心に迫っているような気がして本当に興味深い。

ただ、「メトロノームを使ってこういう練習をすると、こういう成果がありますよ」という分かりやすい話とは違い、今の時点ではボンヤ~リした手応えしか感じれていないのが正直なところで。

もっともっと根本的なところに立ち返って意識を変えていかないといけないのかな、と感じています。

 

キープトライング。

 

 

 

 

さて、こんな込み入った話をせずとも、

リズムは興味深い、楽しいもの

であると私は思っていますし、確信しています。

 

そうでなければ、

例えば「音ゲー」っていうんですかね?リズムのゲーム。

あれがあんなに流行っていなかったはずです。

 

 

 

プロとアマの一番の違いはリズムだ

 

とは、じつはよく言われる言葉です。

これは、私もそうだと思っています。

(ここでのプロ、アマは本来の意味ではなく、上手い人、下手な人という解釈ですね。プロより上手いアマもいっぱいいるわけで、「アマ=下手くそ、ではない」のは重々承知しておりますが。)

 

でも、けっこう多くの方は歌ったり演奏したりするとき、

音(音の高さ)を間違えないことや、もっと微妙な音程ばかりを気にしがちな気がします。

 

リズムは面白いですし、リズムが良くなると歌も演奏も、ググーーッ!とカッコよくなると思いますよ!

 

 

先輩方が遊びにきてくれました。

今日はスクールにステキな先輩方が遊びにきてくれました。

 

まず、chie講師の恩人、島田さん。

ソニーの新人発掘を長年やってらした方で、皆さんもよくご存知のあの人この人、たくさんのアーティストを世に送り出したお人です。

 

そして、塚本さんと遠山さん。

某大手広告代理店で長年活躍されておりましたが、音楽にも造詣が深いお2人。

作詞・作曲家でもある塚本さんは、今また若いミュージシャンに活躍の場をと動かれていて、そのバイタリティーには頭が下がります。

遠山さんは私のレゲエの先生です。ドレッドへアではなくなっても心優しきレゲエマン。ex-アフターサイレンス!

シャンパンで乾杯しやした。

 

 

良い場所だ、良い空間だ、とお褒めいただき光栄です。

こうやって音楽が好きな人、音楽に携わる人、プロの方もアマチュアの方も、気軽に立ち寄っていただいて、みんなで音楽談義ができるような場所にしたいと思っていました。

少しづつだけど、知ってもらえてきたかな。

もっとがんばらなきゃだけども!

 

先輩方がまだまだエネルギッシュで、たくさん刺激をいただきました。

ありがとうございました!

 

 

新しいスタイルの、大人のミュージックスクール。

代々木駅の目の前です。

ひき続き、みなさまのお立ち寄りをお待ちしております。

よろしくお願いいたします〜。

 

トサカヘッド(chie講師のライブ行ってきた)

昨晩はヴォーカル&ピアノのchie講師が目黒ブルースアレイでライブだということで行ってまいりました。

 

なにやらトサカヘッドでキーボードやシンセを弾いておりました。w

 

写真を貼っておきます。

 

ガールズバンド?だということで。

ジョーン・ジェットとか、スージー・クワトロとかのロックをやってまして、面白かったです。

 

音楽業界関係の横のつながりで集まっているらしく、全部で7バンドくらいだったかな。

なかなか盛大な企画で、年に1回の開催が今回で25回目!だそうです。

 

 

 

さて、次の日曜日はスクールの演奏会です。

 

今回は発表会ではなくて、演奏会としてみんなでセッションを楽しむ企画にしました。

何ヶ月もかけて練習した曲を緊張感のある中で発表……というのも良いけれど、その場で「この曲やろう」ってみんなで合奏ができたら良いですよね。

間違えないようにと気にするばかりじゃなく、楽しんでいただければと思います。

 

【ベース】ベースの日(ベーシストとしてのほろ苦い思い出)

今日、11月11日は「ベースの日」だそうです。

 

気づいたらそんな記念日ができていました。

2014年にベーシストの亀田誠治さんが提唱して、正式に定められたそうで。

 

数字の「1」を弦に見立てて、4本並んでいるからベースだということです。

ヴァイオリンの人、ヴィオラの人、チェロの人、ウクレレの人、ごめんなさい。

 

その理屈でいくと、令和11年の11月11日こそは「ギターの日」だと言っていいのではないでしょうか?

どーでもいいっちゃいいんですけどね。

 

 

 

さて、私は過去に一度だけ、ベーシストとしてバンドをやっていたことがあります

学生の頃ですね。

スペシャルズのような、いわゆる「ツートーンスカ」のバンドでした。

自分で買った覚えはないのに、なぜかスタインバーガーのベースを弾いていたと記憶しています。

 

 

ことのいきさつは、ベーシストがなかなか見つからずにいたそのバンドに、「ギターが弾けるからベースも弾ける」ということで誘ってもらったんだったかな。

まぁ、よくある話ですよね。

 

 

で、ぜんぜんダメだったと。www

 

いや、自分では弾けているつもりだったんでしょうね。

恥ずかしながら当時は、ベースを弾くことについて「弦が4本しかないし、コードも押さえないし、簡単じゃん」と思っていました。

 

 

ナメてますね。

とんだウ◯コ野郎でした。

すみません本当に。

懺悔します。

あぁ、恥ずかしい。

 

 

なんとなく覚えているのが、そのバンドで、何かのコンテストみたいなのに出たんですよね。

バンドの雰囲気としては、そこそこにイケている感じもあり、意気込んで演奏したわけですが、

どっかの段階で落とされちゃうんです。

で、そのとき、審査員から「ベースがよくないな〜」みたいなコメントをいただきまして。

 

「えっ……オレ?」みたいな。w

いや〜〜、凹みました。

足引っぱっちゃってすみませんでした。

 

 

そんな貴重な体験もたせていただき、徐々に徐々に、ベースの大切さ、ベースのカッコよさを知り、そしてリズムについて関心が高くなっていきました。

ありがたや。

 

 

という普段忘れていた記憶を、ベースの日に思い出しました。

 

 

 

今夜は、ヴォーカル&ピアノのchie講師が目黒ブルースアレイでライブだということのなので、応援に行ってまいります。

 

最初のパートナー

今日は夕方にはレッスンが終わったので、生徒さんたちとワインを飲んじゃいました。

 

で、ギターを弾いて歌ったりしていると……

「バツッ」とひさしぶりにギターの弦が切れました。

 

ああ〜〜〜。

 

⤵️⤵️⤵️となっちゃいましたが、

そのとき弾いていたのが、いつもレッスンのときに使っているフェンダーのストラトキャスター

 

 

 

こいつは、スクールをオープンさせるにあたってレンタル用の楽器を準備している際に、実家に置いてあったのを思い出して持ってきた楽器です。

 

 

私が中学生の頃に初めて買ってもらったギター。

 

親にねだって。

どうしてもサンバーストのストラトが良かったんですね。

「フェンダーの」。(フェンダージャパン。当時はフジゲン製ですね。)

何も分からないなりに、カッコイイ楽器を、と考えて選んだんだと思います。

当時、キース・リチャーズに憧れたりしていたと記憶していますが、なぜかテレキャスではなくストラト。(チェッカーズの武内亨氏の影響かな?)

この辺りに私の冒険心のなさが現れております。

分からないならとりあえず王道に行くという。www

 

 

 

それから18歳で東京に出てくるわけですが、そのときにこの楽器は実家に置いてきてしまいました。

以来、ギターそのものから少し距離をおいていた時期もあり…。

 

 

この度、約30年ぶりに、このストラトを復活させたわけです。

 

 

あちこちぶつけていて傷だらけ。

若気の至りでトラスロッドをグリグリやったおかげで、もう、一切余裕なし。

電気系統もやられていて音が出ませんでした。

 

リペアに出して、大復活!

 

今更ながらに、軽量でめっちゃ弾きやすいギターでした。

 

 

 

今日この楽器を見ていたら、ふと、ノスタルジックな気分になりました。

 

あの頃は本当に音楽について、何も分からなかったなと。

思うように弾けなくて。

いろいろ聞ける人もいなくて……。

 

 

 

こいつ(ストラト)も、30年経って、まさか音楽スクールの備品として使われることになろうとは、思ってもみなかっただろうな。

 

ストラトさん、ありがとう。

またこれからしばらく、よろしくお願いしまっせ!

 

みなさまお待ちしております。

これをご覧になってくださっているみなさまは、

もう代々木のスクールには足を運んでいただけましたでしょうか。

 

festina-lente music schoolでは、新規の生徒さんの募集はもちろんですが、

ただ遊びに、時間を潰しに、私に会いに

みなさまがお立ち寄りくださることをお待ちしております。

 

 

サロンスペースでは、コーヒー、紅茶を飲みながら、レコードやCDで音楽を聴いたり、DVDでミュージックビデオや映画を観たり、ゆっくりくつろいでいただけます。

私はコーヒーを飲まないので分かりませんが、けっこう美味しいらしいです。(ワインセラーが……)

 

レコード、CDはほぼ私の趣味ですので若干の偏りはあるものの、洋・邦のポップス、フォーク、ジャズ、ラテンなどを。リクエストいただければ裏からも出してきます。

DVDはライブビデオやミュージッククリップの他、音楽モノの映画を揃えています。ライブラリーとしてはまだまだですが。プロジェクターで壁に写して鑑賞していただけます。

音楽関連の書籍も多少置いてあります。

 

私の主観では、なかなかに居心地の良い空間なんじゃないかと思います。w

 

 

そして、夜はおつかれさまの乾杯も

お酒が好きな方は付き合ってください。w

 

 

また、レッスンが入っていない時間はレッスンルームを使っていただくこともできます。

生徒さんや講師には開放しています。

今のところ正式にスタジオレンタル業務は行なっておりませんが、ご希望の方はご相談ください。

個人練習や、3名くらいまでの小規模なリハーサルであれば可能です。

 

 

 

場所はJR代々木駅北口の目の前です。

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-36-5-3F

 

改札を出て目の前の通りを渡っていただいたところです。

徒歩30秒……もかからないです。

若干入口が奥まっていますが、お見逃しなく。

建物の裏に回り込んでしまわないようご注意ください。

新宿駅南口から歩いても5分ほどです。

 

 

 

どなたさまでもお待ちしております。

ちょっと見てみようかと思っていただけたら、いらっしゃる前にスクールにご連絡いただけますと幸いです。

03-6276-2512

お知り合いのみなさまは、いらっしゃる前に私(高野)か丸山にご一報いただけると助かります。

月曜日はお休みです。

 

もちろん体験レッスンのお申し込みも受付中です!

 

 

 

ということで、今後とも

大人のための新しいスタイルのミュージックスクール「festina-lente music school」を

どうぞよろしくお願いいたします。

【ベース】ベーシスト③モノネオン

ちょっと久しぶりになってしまいましたが、またベーシストをご紹介します。

 

今回は

 

モノネオン(MonoNeon

 

です。

 

ヘンな名前ですよね。

ま、実際、ヘンです。w

 

 

私が彼を知ったのは故プリンスを通してです。

プリンスが最後に選んだベーシストが彼、モノネオンだったと言われています。

 

プリンスというアーティストは言わずもがなの天才ですが、かのマイルス・デイヴィスがそうだったように、

まだ世に出る前、ブレイクする前の素晴らしい才能を見つける才能(ややこしい)を持っていました。

プリンスやマイルスのバンドからは、後にその才能にみんなが驚くような、そんな若いミュージシャンがたくさん輩出されています。

そのプリンスが、亡くなる直前まで一緒に音楽を作っていたのが、モノネオンだということです。

 

 

で、案の定というか……

 

素晴らしいです。

 

そしてそのヘンテコさもプリンス好みだったのかも。

 

まず見た目がヘンテコです。

ベースに靴下被せてあります。www

蛍光色の服を着てます。

いろんなとこにマジックで「MonoNeon」て書いてあります。w

 

 

演奏に関しては、とてもグルーヴィーかつ非常にテクニカル

でもアンサンブルにおいては、いたずらにテクニックをひけらかすようなタイプじゃないですね。

ムッチャクチャ上手いですけど。

個人的には、ベーシストっていうのはそういう姿勢でいてほしい。

 

ギターのエリック・ゲイルズとのセッション。

こんなん生で聴いたらおしっこちびっちゃいます。

 

グルーヴ、ヤバス!!

 

 

特徴的なのは、右利き用の楽器を左利きのスタンスで構えて演奏する点ですかね。

よく考えると、低音弦が下にきて、高音弦が上になるっていうのはなんか理にかなっているような気がしてきます。

でも、とにかくフツーの構えじゃないので、当然フレーズとかニュアンスとかも変わってきますよね。

それが彼のオリジナリティにつながる1要素であることは確かでしょう。

 

 

あと、半音のさらに半分、つまり1/4音で演奏できる楽器を使ったりもします。

これは私にはちょっと難しかったです。(演奏がじゃないですよ、聴くのが。w

シュトゥックハウゼンのヘリコプターのやつ。変態です。w

 

 

しかし、なんだろーなー、このリズム感!

リズムの解像度っていうか、感じ方がすごく細かい気がする。それでいて大きく小節で捉えているような。

J・ディラとか、ソウルクエリアンズ系のヨレたビート感もコントロールしてて。

こういうフィーリングをぜひとも体得したい。

 

 

彼は自身のYoutubeチャンネルでたくさん動画をあげていますが、目立つのが「誰かのしゃべくり」にベースを合わせるってシリーズ。

ピッチやグルーヴのコントロールがヤバい。そして笑える。w

ヤバい。www

 

ギターも上手いっす。

 

 

彼も小柄で、なんとなくプリンスの面影を見てしまう。

ちなみにプリンスのベースプレイもかっこいいです。

 

 

しかし、ミシェル・ンデゲオチェロ、スクエアプッシャーときてのモノネオン。ww

オーセンティックなベースプレイヤーをことごとくすっ飛ばしています。すみません。