TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか
TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか

もう一つの顔はステキなサックスプレイヤー

 

ひさしぶりにサックスについて。

今回はジャズプレイヤーをご紹介です。

 

アンドレア・モティス

 

とてもステキなのでぜひ聴いてみてください。

 

ところがアンドレア・モティスを検索すると、トランペットを持った写真がたくさん出てきます。

そう、彼女はトランペッター。

そしてシンガーです。

 

しかしながら彼女は、素晴らしいニュアンスで演奏するサックスプレイヤーでもあります。

 

彼女のことをよく知らないころ、Youtubeで見かけたサックス演奏の動画に

「あれ〜?こないだ見たトランペット吹きに顔がよく似ているな〜」

とは思ったものの、まさか同一人物だとは。

 

これはいわゆる「持ち替え」というやつで、

多くはサックスプレイヤーが同じ木管楽器のフルートやクラリネットを兼任で吹く場合など。

 

まれに金管楽器と木管楽器を持ちかえで吹くプレイヤーもいることはいますが、

トランペットとサックスをどちらもここまでコントロールしている人はなかなかおりません。

どちらもジャズの花形楽器。しかも歌も唄いますからね…。

なんと欲張りな!

 

彼女のスタイルは主に古くゆったりとしたトラディショナル・ジャズで、

若いのに余裕を感じる歌唱と演奏です。

(最近のオリジナル曲は今っぽい。)

サックスの演奏ではジョニー・ホッジスのような、長めのベンドアップが印象的。

 

ただ、サックスの演奏は動画が上げられた時期を見ると、ある限られた時期に集中しています。

どうやら音楽学校でサックスを専攻しており、そのころの演奏動画のようです。

学生でも、めっちゃ雰囲気ある演奏。(もちろん首席だそうで。)

 

今はもっぱら歌とトランペットのようですが、

これだけのサックス、もっと披露しないともったいないと思うのは私だけではないはず…。

…と思ったら

去年の映像です。最近もサックス吹いてました!

 

とにかく、歌も演奏もいいし、これからますます注目のアンドレア・モティスなのでした。

 

トラディショナルなスコット・ハミルトンのスタイルとは相性いいですね。

 

2023年一発目のライブ、ありがとうございました!

 

先日のjami jami descargaのライブ。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

 

ライブメンバー、レジデントDJの石井さん、カズキさん、渋谷Violettaの森さん

ありがとうございました&おつかれさまでした!

 

次のライブはまだ未定ですがあまり間を空けずにやりたいな。

 

jami jami descarga

高野はるき Sax&Flute

chie Keyboard&Vocal

滝口徹 Guitar

進藤大祐 Bass

宇田弘 Drums

 

イベント「」は2月以降も毎月第一日曜日の夕方、渋谷Violettaにて開催します。

 

新年一発目のライブ

今年はライブや音源のリリースなど、なるべくがんばってみます。

さっそく8日(日)にライブがあります。

festina-lente music schoolからはchie講師と滝口講師、私を含めた3人が出演します。

聴きに来ていただけたら嬉しいです。

 

お時間ありましたらぜひ。

Jami Jami Descargaのライブは17:30〜と20:00〜の2セットです。

ジャズとレゲエをかけ合わせて、DUBという手法でエフェクティブにした音楽を演奏します。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

2023年1月8日(日)16:00〜22:00

@渋谷Violetta

Music Charge 2,500円

 

DJ

藤原一樹 a.k.a K-SWITCH  (experimental base)

石井亮  (WAH! Radio)

高野はるき  (festina-lente music)

 

LIVE

Jami Jami Descarga

高野はるき  Sax&Flute

chie  Keyboard&Vocal

滝口徹  Guitar

進藤大祐  Bass

宇田弘  Drums

 

More Info

https://note.com/yokohachi/

 

新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

 

旧年中、お世話になった方々へ感謝申し上げます。

 

この1年もみなさま健康で音楽を楽しめますように、

心から願っております。

 

2023年もfestina-lente music schoolを

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

festina-lente music school 代表 高野はるき

「オーリーなんかしなくていい」

 

今日はまた1つ動画をシェアしたいと思います。

この動画は直接は音楽には関係がなくて、スケートボード関連のものです。

私も20年前くらいまではそこそこに楽しんでいたスケートボード。

今やオリンピック競技ですからね〜。

 

 

さて、この森田貴宏さんというプロスケーターのインタビュー動画。

とっても素晴らしいことをおっしゃっていて感銘を受けました。

 

スケートボードを始めると、いずれぶち当たる壁として「オーリー」というものがあります。

滑りながらボードごとジャンプする、アレです。

上手い人はいとも簡単にこなしていますが、最初はむちゃくちゃ難しい。

オーリーで挫折してスケートボードを辞めてしまう方も少なくないでしょう。

なぜならオーリーは、スケートボードをやる上で基本中の基本だと思われているから。

 

しかし森田氏は言います。

「オーリーなんかしなくていい」

 

そのこころは…。

動画をご覧になっていただければ分かると思いますが、

純粋にスケートボードを愛する気持ちから生まれた考え方であり言葉なのでした。

 

私はこれを見ながら、音楽にも同じようなことが言えるのでは、と感じました。

間違った音を鳴らしたらNG、音程が正しくないとNG、リズムが崩れたらNG…。

音楽にはNGが多すぎます。

まるで、「いかにNGを出さないようにするか」が音楽であるようにも思えます。

 

いや、待てよ。

音楽ってそういうものだっけ…??

そんなに堅苦しいもの?

 

しかしながら世の中で当たり前とされていることに対して、

違う角度から「そんなことはないんじゃない?」って考えを言葉にして伝えていくというのは、

すごいバイタリティーが必要だと思います。

だからなおさら森田氏のアティチュードには感銘を受けました。

 

凝り固まった考え方が、気づかないうちに楽しさの本質を覆い隠してしまう、

そんなことにならないように柔軟なスタンスで音楽に取り組んでいきたい。

 

またレッスンでも、それぞれの生徒さんの純粋な楽しみや喜びを見出すお手伝いができれば、

そしてその楽しみや喜びを共有できれば、それが何よりだと思います。