年末年始でスキルアップ!音感を鍛えよう。その②

 

一昨日に続いて、

年末年始でスキルアップ!

音感を鍛えよう

その②です。

 

 

今回は「Do-Re-Mi」の3音に限定した練習。

 

・まずは音源を流し、楽譜を見ながら一緒に声を出して歌いましょう。

 

・何度か歌って慣れてきたら、音源なし(アカペラ)でも歌ってみましょう。

 

・アカペラでもスラスラ歌える(いい加減な音程にならないように注意です。)ようになったら、音源をランダムに再生したとき流れるメロディを「Do-Re-Mi」で聴きとるということにもトライしてみてください。

 

 

この練習をしていくと、「Do-Re-Mi」の3音だったら、歌うのも聴きとるのもドンと来い!になります。

Do-Re-Mi」の3音だけでは、当然、全てのメロディーを歌ったり聴きとったりすることはできませんが、「歌える」「聴きとれる」という感覚は感じてもらえると思います。

この延長上に「Do-Re-Mi-Fa-Sol-La-Ti」の7音を「歌える」「聴きとれる」という世界観があります。

その力は確実に身につけることが可能ですので、まずは「Do-Re-Mi」からスタートしてみてください!

 

 

〜以下、注意事項と説明〜

 

音源や楽譜はCメジャーキーですが、アカペラで歌うときにそのキーでなくてもかまいません。

実際の音高よりも、メロディーにおいての音の関係(次の音へどのくらい高くなるか、どのくらい低くなるか)を大事にしてください。

そして、「ドレミ」は実際の音高を気にせず、歌詞だと思ってそのままで歌ってください。

 

例えば、よく知っているメロディーを口ずさむとき、自分が歌いやすい高さで歌いますよね。

それが元の曲の高さと同じとは限らないし、なんなら口ずさむたびに多少違う高さになっていることもあるでしょう。

これは、元の曲と違うキーで口ずさんでいたり、口ずさむ度にキーが変わっていたりするということです。

それでも、「あの曲のあのメロディーだ」と分かるということは、実際の音高よりも、音の関係性(音高の推移)が重要だということです。

この音の関係性に「ドレミ」をひも付けたものを「階名」といい、階名で歌うことを「階名唱」といいます。

スクールでは階名唱、とくにトニックソルファという方法を推奨しています。

これについては以前、ブログに書きましたので、この辺りをご参照ください。

 

 

今回のこの練習によって身につける、もしくは強化する音感は「相対音感」というやつです。

相対音感は、音楽を楽しむうえで絶対音感よりも大事な力です。

 

これを続けていけば、きっと聴こえ方が変わってきますので、がんばってみてください!

 

 

楽譜のPDFファイルはこちら  Do-Re-Mi

 

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10

 

11

 

年末年始でスキルアップ!音感を鍛えよう。その①

 

みなさま今年はどんなクリスマスをお過ごしでしたか?

クリスマスが終わるともう一気に年の瀬ですね。

 

年末年始もイベント三昧!という方もいらっしゃるかもですが、

意外と時間があったりも……しますかね?

 

そこで、

年末年始の時間を使ってスキルアップというのはいかがでしょうか?

 

今回は「音感」を鍛えちゃいましょう!

 

じつはこの内容は、1年ほど前にもこのブログに載せたものですが、そのときからずっと1年間それに取り組んだ方がいらっしゃったとしたら、かなり成果が出てると思います。

ということで、騙されたと思ってやってみていただけると、きっといいことがあります。

 

 

今日はその①

 

音源を聴きながら、以下の4つのメロディー(というかいわゆる音階の上昇下降のバリエーション)をドレミで歌うだけです。

 

なんてシンプルな!!

 

慣れてきたら音源なしのアカペラ状態でも歌ってみてください。

 

 

〜以下、注意事項と説明〜

 

音源や楽譜はCメジャーキーですが、アカペラで歌うときにそのキーでなくてもかまいません。

実際の音高よりも、メロディーにおいての音の関係(次の音へどのくらい高くなるか、どのくらい低くなるか)を大事にしてください。

そして、「ドレミ」は実際の音高を気にせず、歌詞だと思ってそのままで歌ってください。

 

例えば、よく知っているメロディーを口ずさむとき、自分が歌いやすい高さで歌いますよね。

それが元の曲の高さと同じとは限らないし、なんなら口ずさむたびに多少違う高さになっていることもあるでしょう。

これは、元の曲と違うキーで口ずさんでいたり、口ずさむ度にキーが変わっていたりするということです。

それでも、「あの曲のあのメロディーだ」と分かるということは、実際の音高よりも、音の関係性(音高の推移)が重要だということです。

この音の関係性に「ドレミ」をひも付けたものを「階名」といい、階名で歌うことを「階名唱」といいます。

スクールでは階名唱、とくにトニックソルファという方法を推奨しています。

これについては以前、ブログに書きましたので、この辺りをご参照ください。

 

 

今回のこの練習によって身につける、もしくは強化する音感は「相対音感」というやつです。

相対音感は、音楽を楽しむうえで絶対音感よりも大事な力です。

 

これを続けていけば、きっと聴こえ方が変わってきますので、がんばってみてください!

 

楽譜のPDFファイルはこちら  ソルフェージュエクササイズ_C

 

エクササイズ1

 

エクササイズ2

 

エクササイズ3

 

エクササイズ4

 

忘年会→ダメ元修理→メリクリ

先日は以前勤めていた音楽教室の同僚たちが、忘年会ということで遊びに来てくれました。

みんなお変わりなく元気そうでなによりでした。

 

しかし、最近はこうやってひさしぶりに会う人たちと話すことといえば、

「ちょっと太った?」とか「どこどこが痛くて」とか、フィジカルのことばっかり。

まぁでも、健康第一ですからね。元気があれば何でもできますから。

 

けっきょくは飲んで歌うわけですけども。

 

 

 

そして昨日は、

半年前くらいに壊れてしまった自宅の電子ピアノを、ダメ元で修理してみたのですが

 

なんと、直っちゃいました!

びっくり。www

 

かなり古い型でネット上にも情報がほとんどなかったけど、意外となんとかなるものですね。

カシオのプリヴィアさん、まだまだよろしく頼みまっせ!

 

 

ところで、古くなった電子楽器って、それこそビンテージとか希少価値の物でもないかぎり、壊れたらさようなら~って場合が多いように思います。

メーカーの方も古い型はあまりサポートしなくなってしまうし。

これは楽器に限らないですけどね。家電とかもね。壊れたら「修理するより新しいの買った方が安いよ」みたいな。

 

ハード◯フとかでは、古い電子楽器や機材はタダ同然で叩き売られてますよね。

20年前に大枚はたいて買った機材や、欲しくても手が出せなかったような高級機材が、目を疑うような値段になっていて、それでも買う人がいない、という

アコースティックの楽器と違って、基本的には新しいものほど高性能で良いとされますからね。

なんだか寂しい気持ちになります。

これがいわゆる「無常」てやつですかね。

 

よし!今年の抱負は「物を大事にする」にします!

 

 

メリークリスマス!!

 

 

大人のためのこだわりの音楽教室「festina-lente music school」では

ただいま、サックスキャンペーン&クリスマスキャンペーンを実施中!

ご興味がありましたらこの機会にぜひ!

 

【ギター】テレキャスター

エレキギターと聞いて一般的にイメージされるであろうソリッドギターについて、もう少し詳しくご紹介します。

 

ソリッドギターとは、空洞のない無垢の木をボディにしたエレクトリックギターです。

 

その歴史でもっとも古いのは、フェンダーエスクワイア(テレキャスターの前身で、1ピックアップでした。)だとされていますが、これは一般に流通した(市販された)ものの中で最古だということです。

それ以前にも、実験的に、またはオーダーメイドで、すでにソリッドギターが作られていたという話はあります。

 

ともあれ、フェンダーがエスクワイアを発表したのが1948年とされていますが、それがマイナーチェンジされテレキャスターとなり、以降、ギブソンレスポール、フェンダーのストラトキャスターと、現在までスタンダードなモデルとして不動の人気を誇るソリッドギターが相次いで発表されます。

 

上記の3モデル(テレキャスター、レスポール、ストラトキャスター)は、ソリッドギターにおいてまさに定番で、現行の市販ギターは、これら定番のコピーモデルや、これらを元に発展させたものがほとんどだと言っていいでしょう。

 

 

では、この3つから見ていきましょう。

 

 

今回はまずテレキャスター。

 

 

元祖ソリッドギターと言っていいテレキャスターですが、その作りはとてもシンプルなもので、シンプルさ故にその完成度はスカイツリーよりも高く、今現在に至るまで基本設計を変えずに、なお多くの人が手に取り続けています。

シングルコイルのピックアップで、これぞテレキャスター!というチャキチャキした音色が特徴です。

コントロールも1ヴォリューム、1トーンというシンプルさで、「潔さ」を信条とするプレイヤーから好まれています。

かく言う私もソリッドギターではテレキャスターが好きです。

ただ、テレキャスターといっても、その後いろいろなバリエーションが出ており(シンライン、カスタム、デラックスなど)、それらについてはボディシェイプこそテレキャスターでもサウンドのキャラクターはさまざまです。

 

 

代表的なプレイヤーは…

 

キース・リチャーズ

ローリング・ストーンズのギタリストにしてロックの象徴的存在であるキース。テレキャスターを長年メインギターとして使っています。中でも「ミカウバー」と名付けられたモデルが有名で、こちらはフロントにハムバッカーのピックアップを載せ、さらに6弦を外した5弦ギターで、オープンGという変則的なチューニングになっています。このギターから数々のギターリフ(繰り返される印象的なギターフレーズ)が生まれました。

山下達郎

達郎先生のギターがカッコいい、ということは以前書きましたが、そのプレイの多くはテレキャスターによるものです。「ブラウン」と名付けられたローズウッドボディのテレキャスターをずっと愛用されてます。SPARKLEをはじめ、ドライブ感が素晴らしいカッティングフレーズもテレキャスターの音が肝です。

 

アベフトシ

ミッシェル・ガン・エレファントのギタリストだったアベフトシさんもテレキャスター使いとして知られています。厳密にはフェンダー社のものではなく、松下工房というところの「テレキャスターモデル」ですね。エフェクター類を使わず、アンプに直刺しし、激しくカッティングをするというまさに「潔い」プレイでした。

 

ウィルコ・ジョンソン

アベフトシにも多分に影響を与えたであろうウィルコ・ジョンソンは、ドクター・フィール・グッドのギタリストです。デビューから一貫して黒いテレキャスターを使い続けています。元は左利きですが右利きスタンスで、ピックを使わず素手でカッティングしまくるという、独自のプレイスタイルを確立しています。

ブルース・スプリングスティーン

この方もテレキャスターが印象的ですね。

 

プリンス

自身のトレードマーク型など変形ギターもいろいろ使ったプリンスですが、スタンダードなタイプとしてはテレキャスターモデルを愛用していました。日本のメーカーが作った「マッドキャット(MAD CAT)」がそれ。プリンスはどの楽器でもプリンス印のプレイですが、テレキャスターではやはりカッティングが気持ちがいいです。

 

ロイ・ブキャナン

ロイ・ブキャナンはギミックっぽいいろいろな技巧を使うプレイヤーで、私の持つテレキャスター使いのイメージとは少し違うのですが、一方でこれぞテレキャスター!というカキーンとしたサウンドを鳴らすのが特徴です。

Jami Jami、ありがとうございました!

ちょっと投稿の間が空いてしまいました。

気がつくとすぐに2、3日経っている。さすが師走。

 

 

昨晩はJami Jami Descargaのライブでした。

Afro Cubists」@阿佐ヶ谷Cool Dread Barにて。

 

年末のお忙しい中いらっしゃってくれた方々、ありがとうございました!

今回もウッドベースをお願いした進藤大祐さん、イベントに誘ってくださったDJChiiさん、ゲストセレクターのジェレミーさん、Cool Dread Barのぎんさん、ありがとうございました!

 

ジャズとレゲエは、その2つをかけ合わそうとしたとき、メチャクチャ相性が悪いという意見を聞きました。

どうりで、この2つを上手いことブレンドしている音楽をあんまり聴いたことがありません。

でも私はどちらも好きなので、Jami Jamiではやっぱりこれにトライしていきたい。

互いの良いところを打ち消し合わないように、気持ちのいい落としどころを探していきます。

 

さて、今回は諸事情でドラムを生ではなく、打ち込みに。

どーかな~と思っていましたが、これが意外にも今回のお店のスペースやサウンドシステムと相性が良く、気持ちよく演奏できました。

 

セットリストにはホレス・シルバー作のNICAS DREAMを入れてみました。

マイナーメジャー7thが気持ちいいこの曲、サビをがっつりテンポアップしてまた戻す、というアレンジにしてみました。

 

あと、打ち込みを1曲ごと別のファイルにしていたので、曲間にファイルの読み込みとかのミョーな間ができてしまい、必殺のテキトーすぎるMCで乗り切ろうとするも乗り切れず……。汗

 

でも、今後このバンド?ユニット?で、こんなことしてみたいというイメージがいろいろ湧いてきました。

聴きに来てくれた先輩からも、ベースの進藤くんからも意見やアイデアをもらいました。

 

1回限りの集まりで演奏するのもイイけど、やっぱり継続していくことも大事ですね。

 

あんまり頻繁にはライブできないけど、来年もJami Jami Descargaをよろしくお願いします!

レコーディングもしたいな。

 

 

 

大人のためのこだわりの音楽教室「festina-lente music school」では

ただいま、サックスキャンペーン&クリスマスキャンペーンを実施中!

ご興味がありましたらこの機会にぜひ!

クリスマスリース作り&ロビー追悼

昨日は、スクールでクリスマスリース作りをしました。

 

材料は全て生の木や実やドライフラワー、ドライフルーツなど。

各々、個性的で素敵なリースを作っていらっしゃいました。

その後はワインを飲みながらクリスマスソングを歌ったり、楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

と、私はそのあたりで中抜けし、新宿OPENへ。

 

OPENでは、今年亡くなったガーナの素晴らしいミュージシャン、ロビーの追悼イベントが。

 

 

ロビーの陽気な人柄が集めた、たくさんの人によるあたたかい雰囲気の中、遠山さんたちとボブ・マーリーのカバーなどを演奏しました。

ロビーに届くように、と思いながらサックスを吹いてきました。

 

 

 

そんな師走の日。

クリスマスアルバム

12月も気づけば前半が終わります。

さすが師走!

半月が半日のような速さです!

 

 

12月のイベントといえばクリスマスですね。

個人的にはクリスマスにさほど関心はありませんが、

クリスマス気分を演出する諸々やそれに浸る人を邪険にするつもりもありませんで。

理由はなんであれ、ハッピーな気持ちになれるんだったらそれに越したことはありませんし。

 

 

ということで今日は、印象深いクリスマスにちなんだ音楽(アルバム)をシェアしたいと思います。

 

こんなやつ。

 

この横ならび4人のポーズを見てピンと来る人も多いと思います。

はい、ビートルズの「HELP!」ですね。

このアルバムは、デンマークのビートルズのコピーバンド「The Rubber Band」によるクリスマス企画盤です。

内容はというと、ビートルズのあまたの代表曲とクリスマスソングを今風に言えばマッシュアップしたものと言ったらいいかな。

曲は「サンタが街にやってきた」や「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングなんですが、イントロ、間奏、アレンジ、演奏、諸々随所がビートルズなんです。www

その巧妙さと言ったらなくて、思わず感心しちゃいました。

 

Youtubeを貼っておきますので、まぁちょっと聴いてみてください。

ビートルズの曲をあまりご存じでない方にとっては、大して面白くもないでしょうけれど…。

 

ウケる。www

 

 

あと、「メリー・アックスマス」というのも思い出しました。

これはギタリストのスティーブ・ヴァイによる企画盤で、名だたるロックギタリストが参加して、いわゆるクリスマスソングを各々個性的に料理している、といったものです。

参加ギタリストは、スティーブ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニ、エリック・ジョンソン、ジョー・ペリー(エアロスミス)、リッチー・サンボラ(ex.ボンジョヴィ)、アレックス・ライフソン(ラッシュ)、スティーブ・モーズ(ディープパープル)、ブライアン・セッツァー、ケニー・ウェイン・シェパード…そして、ジェフ・ベック! さらに布袋寅泰!

お腹いっぱいです。w

個人的にはジョー・ペリーのやつが好きですね。

ブライアン・セッツァーのジングルベルのドライブ感も素晴らしい!

 

 

 

 

大人のためのこだわりの音楽教室「festina-lente music school」では

ただいま、サックスキャンペーン&クリスマスキャンペーンを実施中!

ご興味がありましたらこの機会にぜひ!

 

ゆっくりの極意

 

当スクールのレッスンでは、

テンポやリズムについての理解を深めていく

ということを大事にしています。

 

その甲斐あって、多くの生徒さんの、リズムに対するリテラシーが高くなってきました。

嬉しい~~。感涙

 

 

そのうえでなお、もったいないな~と思うことがあります。

 

それは、練習するにあたって

「自分で設定するテンポが速い」

ということです。

 

そういう方、じつはけっこう多い気がします。

いかがですか?思い当たりませんか?

 

しかし、これはあんまり効率のいい練習とは思えません。

 

簡単に言えば、

ゆっくりでできないことは速くはできない

からです。

 

元々のテンポ(原曲のテンポ)がそこそこ速い曲を演奏したいと思ったとき、ゆっくりで練習することはなかなかにじれったいと思いますが、いったん元のテンポ感(速さ)から離れられるといいと思います。

 

今は再生スピードを遅くできるような機械やアプリもたくさんあります。

じつはYoutubeの再生スピードも変更することができます。

試しに75% 50%くらいまで遅くして聴いてみてください。

それを繰り返し聴いて、元の速いテンポのイメージをいったん払拭してみてください。

 

基本的な発音や音の高さを変えることができるようになった人にとって、あるフレーズ、ある曲を演奏するのが難かしいとすれば、それはけっきょくは処理速度が遅いということが原因のほとんどです。

逆に言えば、う~~~んとゆっくりであれば演奏できる場合が多いということです。

 

ただ、テンポとリズムの関係が整理できていないと、自力でテンポを半分(50%)にしたりすることは簡単ではないかもしれません。

やっぱり、テンポやリズムについての理解を深めていくことは大事ですね。

もちろん、前述の再生スピードを落として音源を聴くことも助けになります。

 

「急がば回れ」は当スクールの名前でもありますが、ここでもそれが言えます。

 

ゆっくりから徐々にテンポを上げていきますが、ゆっくりで確実に演奏できるようにしておけば、このテンポアップの段階は意外なほどトントン拍子に進むと思います。

 

また、ゆっくりで練習することで、つっかえずに(間違わずに)演奏できるかどうか、ということ以外のニュアンス(アーティキュレーション、ダイナミクス)など色々な要素に意識を向けることもできるようになります。

 

自主練習をされている生徒さんが、ゆっくりゆっくりフレーズを確認しているのを見ると、「この人はそのうちグググ〜〜っと上達するだろうな」と思ったりします。

 

 

ちなみに、無茶なテンポで繰り返し練習していると、何度も何度もつっかえます。その「失敗を繰り返すこと」自体があんまり良くない、という考察もあります。

いわゆる「失敗グセ」というやつですね。

これについてもまた書いてみようと思います。

 

 

 

 

大人のためのこだわりの音楽教室「festina-lente music school」では

ただいま、サックスキャンペーン&クリスマスキャンペーンを実施中!

ご興味がありましたらこの機会にぜひ!

 

ひさしぶりに録音&歌ってみた動画

 

ひさしぶりに動画を撮ってみました。

 

歌ってみた。

今回はイーグルスの名曲「デスペラード (Desperado)」です。

 

最初はピアノと歌だけで撮ったり、ギターの弾き語りで撮ったりしてみたんですが、上手くいかなくて断念。

多重録音することに。

どうせなのでちょっとアレンジしてレゲエ調にしてみました。

 

いい感じのギターが弾けた!と思ったら、アースが取れてなくてめちゃくちゃノイズが乗ってました。泣

でも録り直すのイヤだから、そのまま。

 

歌は、がんばったつもりですが……お耳汚しすみません。

 

よかったら聴いてみてください!

 

 

弘法筆を択ばず?いや、筆は択びましょう。でも……

 

楽器をやっている人には、楽器そのものや、周辺パーツなどに関心があるっていう方は多いと思います。

 

 

ギターを何本も持っていたり、アンプだったり、ピックアップを変えてみたり、弦を変えてみたり、あとは何と言ってもエフェクターってやつがいーっぱいあってそれを次々と買ったり。

サックスだと、マウスピース、リガチャー、リード、さらには親指を当てる部分や小さなネジにいたるまで。

キーボード類をたくさん持っている人もいますね。

 

比較的そういう要素が少ないのは、ピアノやフルートなどでしょうか。

ピアノ、簡単に買い換えられないですもんね。

フルートは頭部管を変えるくらいかな。

ヴァイオリンなんかも、弦の交換、弓の張り替えくらい?

 

なんとなく軽音楽系の楽器の方がそういう要素や商品が多い気がしますね。おのずとそういうことに関心が強い人も軽音楽系に多い気が。

 

 

で、今回なにが言いたいかといいますと

 

いろいろ引っ換え取っ替えやってても、べつに楽器が上手くはなりませんよ。ってことです。

 

当たり前ですけど。

 

そして、そういうのってきりがないですから、時間や労力、お金などをどんどん奪われてしまいます。

ちょっとでもいい音に、という気持ちはおおいにけっこうだと思いますが、どこかでいったん腰を据えて楽器そのものや小物類などの道具じゃなく、「楽器を演奏する」ということに向き合わないと上達は望めません。

 

 

ただこれは、楽器にこだわるな、と言っているわけではないので誤解なきよう。

たとえば楽器のコンディションってのはすごく大事ですね。

音が鳴らない、音が出しづらい、演奏しづらい、ノイズが出る、チューニングが合わない、など「そもそも」の部分はしっかり解消しておくことをお勧めします。

 

ようは、新しい楽器や小物といった道具を探したり試したりすることに躍起になるより、ちゃんと調整された楽器をちょこちょこと頻繁に触るようにした方が、また、そうすることに時間や体力や集中力やお金を使った方が、上達しますよ、と。

当たり前ですけど。

 

「弘法筆を択ばず」って言葉がありますけど、「俺は弘法大師の生まれ変わりだ!」という人以外は筆は選びましょう。でも、一生筆選びをしててもしょうがないですから、たくさん書いてちょっとずつ上達していきましょう。

 

ふと思ったけれど、私は以前から英会話をしっかりできるようになりたいと思っていて、過去に何冊も本を買いましたが、いまだにカタコトです。泣

その中の1冊でもしっかり読んで書いてある練習を継続的に実行していれば多少は違ったんだろうと思います。

みなさんにも思い当たることってありませんか?

 

 

 

しかしながら、

このことは上達するということを考えたときの話ですので、絶対ではないです。

というのも、そもそも楽しむために楽器をやっているとすれば、楽器のカタログを見たり、新製品を試したり、購入計画を立てたり、妄想したり、も、楽しみのうちだと言えるからです。

それに、楽器産業や音楽を取り巻く経済とかいろいろ考えたら、ある程度はそういったプロダクトや消費に賑わいがあった方がいいのかもしれません。このあたり、詳しいことはぜんぜん分かりませんが。

 

 

 

大人のためのこだわりの音楽教室「festina-lente music school」では

ただいま、サックスキャンペーン&クリスマスキャンペーンを実施中!

ご興味がありましたらこの機会にぜひ!