音楽×マンガ⑤「僕はビートルズ」

音楽×マンガ

 

今回は

「僕はビートルズ」

 

 

2010年から2012年に講談社の「モーニング」で連載していた作品で、

当時新人の藤井哲夫さんが原作、作画は「沈黙の艦隊」などのかわぐちかいじ先生。

 

 

あらすじはというと、

日本でビートルズのコピーバンドをやっていた青年4人が、ビートルズが世に出る前の1960年あたりにタイムスリップしてしまう

というもの。

 

タイムスリップはもう使い古されたネタですが、それによってビートルズを知る者と知らない者とがいる世界を作ることを発想の根幹としています。

 

「あれ?なんか最近、同じようなの聞いた気が

 

そうです。公開中の映画「イエスタデイ(YESTERDAY)がまさに同じ設定で、

「ある日目覚めたら、ビートルズの存在がなかったことに。自分以外の誰もビートルズを知らない世界で主人公はどうするのか」

って筋の作品です。

この映画の予告を見たとき、やはり「僕はビートルズ」を思い出しました。

 

 

で、マンガ「僕はビートルズ」に話を戻しますと、
この作品の連載が始まった当初は、個人的にはすっごく楽しませていただきました。

ありがちな話っちゃ、そーなんですが、もうこの単純な設定が個人的にはムチャクチャツボで、大好きでした。

 

で、ネタバレはしないようにしておきますが、後半の展開に関しては賛否両論のようです。

 

ただでさえビートルズですからね。

世界中にマニアックなファンがごまんといらっしゃいます。

ムチャクチャキャッチーなネタであると同時に、非常に注意深く扱わなければいけない案件でもあるわけです。

 

私はそこまでハードコアなビートルズファンではないので、ちょっとしたことは気にならなかったり、目をつむれたりしますが。

 

 

音楽×マンガという観点では、設定自体に面白みを持たせるのが難しいジャンルかと思うので、こういうのはおおいにアリじゃないかな。

結末はご自分の目で確認してください。

 

 

そして、やはりビートルズってのはすごいですね。

まだこのブログでは、ビートルズについてはほとんど書いていませんが。

そのうち恐る恐る触れてみます。

 

とりあえず映画「イエスタデイ」は観たいですね。

iPhoneアプリ「KOALA」でトラックメイキングしてみた

少し前に友人がSNSで紹介していた

KOALA

というiPhoneのアプリをインストールしてみました。

 

 

音楽制作に使われるサンプラーという、音を録音して加工、編集する機材があるのですが、それのアプリ版。

いくつか取り込んだ音を組み合わせて曲になるように、いわゆる打ち込みをするためのシーケンサーという機能も付いていて、これ1つでちょっとした曲が作れちゃいます。

いわゆるテクノやヒップホップのような、短い単位の繰り返しを基本にした「トラック」と言われているようなものが作りやすいですね。

 

 

スマホで初めてこういうのを触ってみました。

PCでの本格的な楽曲制作(DAW)と比べれば、やっぱりざっくりしたことしかできません。

 

ホントざっくり。

 

でも、その「ざっくりさ」がかえって新鮮というか、懐かしいというか……。

 

最近のPCでの楽曲制作ソフトは本当に多機能で、細かいエディットも際限なくできます。

もちろん上手く使えば便利なのですが、ちまちまとした作業をしていると、「こういう曲にしよう」といったイメージがだんだんとぼんやりしてきてしまったりもします。

そういう意味では、機能に制限があっても感覚的にどんどん作業が進められる(というか進めるしかない)のは良い面もあります。

 

 

 

さっそく少し作ってみました。

 

う〜〜ん。けっこうヨレヨレですが、これもまた味。良しとします。ww

(クォンタイズというタイミングを補正する機能は付いていますが、私はそれをするのがあんまり好きじゃないので、なるべく使いません。今回はまったく使わず。)

この適当さをPCで出そうとしても、打算的になってなかなか上手くいかなかったりします。

ローファイヒップホップ(Lo-fi Hip Hop)ってこんな感じ?と、フワッとした解釈で……。

ドラムは口で言ってます。

SEは中央線に乗りながら録りました。

 

これにサックスでも乗っけて遊んでみようと思います。

 

 

この手のトラックメイキング(ビートメイキング)は、音楽の専門的な知識がなくても作れちゃうので、ご興味があったらぜひトライしてみてください。

ハマる人はハマるんじゃないかな?

このKOALAは有料ですが(それでもこの内容で490円はめっちゃコスパ高いです。)、無料の音楽制作アプリもいくつかあるみたいです。

 

【ギター】アコギの弦について

今回はアコースティックギターの弦について。

 

ズバリ、初心者向けということで、エクストラライトゲージという細い弦をお勧めしておきます。

 

弦を細くしていくと、楽器の鳴りも細く頼りなくなっていきますが、その分、張りのテンションは緩くなるので押弦するのが楽になります。

 

ギターを始めてしばらく自宅練習しているうちは、鳴りが多少損なわれても、押弦のしやすさを優先してもいいかと思います。

そのうち、他の人と一緒に音出ししたり合奏したりするようになると、周囲との鳴りの差が気になるかもしれません。そうしたら、力ずくで(強くピッキングして)音量を出そうとする前に、弦をほんの少し太いものに替えてみるといいかもしれません。

 

 

ではいくつかご紹介します。

 

 

弦のメーカーで代表的なのがダダリオです。

全く初めての方は、ダダリオのエクストラライトゲージを張ってみてはいかがでしょうか。

おそらくギター購入時に最初から張ってある弦よりも押弦しやすくなるはずです。

DAddario Extra Light .010.047 EJ15

 

 

あとはアコギのトップブランド、マーティンの弦。

ギター本体は高価だけど、弦は安い。そして安心の品質。

昔は、せめて弦だけでも!と、これを使ってました。

Martin Extra Light .010.047 M-170

 

 

そして、ここでもヤマハ

もちろん安心の品質。

フォークギターってのはヤマハの命名なんですかね?

YAMAHA Super Light .010.047 FS550

 

 

 

弦の種類はたくさんありますが、主に太さ(ゲージ)と、素材の組み合わせになります。

 

太さ(ゲージ)は、数字が小さいほど細く、数字が大きいほど太くなります。今回はかなり細いものをピックアップしています。

 

素材はブロンズ(銅)が基本ですが、そこにわずかに混ぜ物がしてあったりして、いくつか種類があります。

パッケージに、PHOSPHOR BRONZE とか 80/20 BRONZE などと表記されているのがそれです。

最初のうちはあんまり気にしなくてもいいかと思います。

 

そんな中でひとつ、コンパウンドゲージ(シルク&スチール)というのがあります。これについては少しだけお話ししておきましょう。

この弦は、36弦、つまり巻弦というやつが、ブロンズ製のものとは異なりかなり柔らかい質感になっています。

スチール弦のアコギではなく、いわゆるクラシックギターを触ったことがある方は、あれをイメージしていただければと。

音のキャラクターはおとなしいものになってしまいますが、柔らかく押弦しやすいので、練習していて指が痛いと感じる方は検討してみても良いかもしれません。

DAddario Light Silk&Sliver .011.047 EJ40

 

 

 

さて、ギターの弦というのは消耗品です。

 

弾いていると切れてしまうこともあり、切れたらもちろん交換するしかありませんが、切れずとも長い間使っていると徐々に錆びて柔軟さがなくなり、音がショボくなってきます。

「使い古した弦が好き」という人もいることはいますが、基本的には真新しい弦がもっともコンディションが良いと考えます。(厳密には新しい弦を張って、馴染んできたタイミング)

 

見た目で錆が目立つようならもう替えどきですし、コンディションにこだわるなら1ヶ月に1回くらいで6本全てを交換するのが良いかもしれません。(ちなみに私は、弦が切れなければ半年くらいは余裕で使います。w)

 

とはいえ弦もタダではないですし、なによりも交換がめんどくさい。

そこでこの弦です。

 

エリクサー。

 

エリクサーの弦は特殊なコーティングが施されており、弦の寿命をかなり伸ばしてくれます

どのくらいかってーと……ざっと35倍!ということで、お値段は一般的な弦の倍ほどはしますが、結果的には経済的であると。

Elixir Extra Light .01.047 NANOWEB

 

 

まぁコーティングされていない普通の弦でも、弾いた後に弦についた汗や脂をちゃんと拭いてあげることで、ある程度は長持ちします。逆にほったらかしているとソッコーで錆びます。

あとはこんなのを軽く吹き付けてあげると錆も落ちるし良いかもしれません。

TONE FINGER-EASE

 

 

 

既出の弦はいずれもいわゆるアコギ用の弦です。

最後にクラシックギター(ガットギター)用の弦も載せておきます。

とはいえ私はオーガスチン(AUGUSTINE)というメーカーの赤(ミディアムゲージ)以外、ほとんど使ったことがありませんで…。

AUGUSTINE Classic Gauge RED

 

 

 

という感じでいろいろな弦があるわけですが、今回は「押弦のしやすさ」という1点のみの基準でピックアップしてみました。

 

ただ!

 

「押弦が大変だ」「指が痛い」と言っている方の多くは、おそらく押弦の仕方そのものに問題があったりします。

そのことについてはまたあらためて書きますね。

とりあえず「あんまり力はいらない」です。

若さなんか羨ましくない。

 

今日はちょっとマジメなお話。

 

 

まだ20代だった頃、同じ師匠の元で習っていた、だいぶ歳の離れた兄弟子のAさんとお話をしていると

 

「君は若くていいよな、なんでも吸収して、どんどん上達して。僕なんか、もう、物覚えも悪いし、指も言うこと聞かないしね。」

 

というようなことを言われました。

 

そのときは

「そ、そんなことないですよ

みたいな返しをしたと思いますが。

 

 

 

それから月日が経ち、私はそのときのAさんの年齢を超しました。

 

 

さすがにまったく運動などしていない身ですので、フィジカル的には20代の頃とは違うということを日々知らされます。

 

 

が、

それでも、今から何を始めても遅くないと思っています。

 

そして、たとえいくつかの能力に衰えがあったとしても、私はそれを簡単には認めたくはありません。

「自分は歳だから」と自分で自分に、ある意味での免罪符のようなものを貼りたくありません。

そうしてしまうと、自らの成長にリミッターをかけてしまうような気がするんです。

可能性を閉じてしまう。

 

 

 

今から始める「何か」を、もし20代の時に始めていたら

いやいや、20代の時だったらもっと上手くやれた、もっと早くできるようになった、なんて確証は持てないですよね。

いわゆる「たられば」は、そんなことを考えているだけ時間のムダです。

 

 

 

今の自分よりもさらにひと回りもふた回りも歳が上でも、新しいことにどんどんトライし、もっと知識を深めよう、技術を高めようとしている、そしてそれを楽しんでいる人を、私は何人も知っています。

 

そして、歳を重ねてから取り組む「何か」は、若い時とはまた違った景色を見せてくれるはずです。

 

 

以前の私は、小さい頃にピアノを習っていなかったことをコンプレックスに思っていましたが、今はこれで良かったと思っています。

負け惜しみとかじゃなくてホントに。ピアノやってなくて良かった〜〜って。自分の場合は、ですけどね。

そう思えるのは歳を重ねたからじゃないかと思うわけで。

 

 

 

今やりたいからやる。

進捗なんて気にしなくていいと思います。

人と比べることも、人にとやかく言われる筋合いもないですから。

 

 

 

 

渡辺貞夫さん

86歳になられますが、ライブを拝聴させていただくと、最後に「今度はもっといい演奏ができるように練習しますから、また聴きにきてください。」っておっしゃるんですよ。

「ああ〜〜〜」と。「そうか」と。「そういうことか」と。

 

音楽×マンガ④「3 THREE」

音楽×マンガ

 

今回は、

3 THREE

というタイトルの作品を。

 

 

惣領冬実先生が描いた、インディーバンドシーンおよび芸能界を舞台にしたマンガです。

これはちょっと古くて、1988年連載開始だそうです。

 

 

けっこう暗いトーンの作品で、嫉妬とかそういう感情が渦巻く人間模様を描いています。

なんか昼のドラマみたいな?よくわかんないけど。w

で、けっきょく少女漫画なので、主人公の少年少女がすったもんだの交際をするやつです。

 

やっぱライブとかじゃなくGIGだよね!

 

 

なにこいつ。www (主人公少年の父です。)

 

 

当時は情報も少なく、こんな(といったら失礼ですが)マンガからも、

「へ~~、芸能界ってこんななんだ~」とか「やっぱバンドマンってのはこうなのか」とか

思って読んでいたもんです。

 

BOOWYレベッカバービーボーイズブルーハーツ……バンドブーム真っ只中でした。

 

 

そんなマンガですが、作中に登場するジャズシンガーの朱梨さんというおねーさんが、ややアホな主人公にレコードを聴かせるシーンがあります。

その曲っていうのが、ミニー・リパートンLovin Youでした。

私はまだミニー・リパートンの存在を知りませんでしたが、なんだかとても印象に残っています。

 

10年前くらいに懐かしくなって、ブッオフでまとめ買いして読んでみると

やや引いた視点から読む自分に、「大人になるって」と感じたとか感じないとか。

 

Twitter 始めました

スクールではブログ以外にもSNSなるものをやっておりますが…

登録だけして使い方が分からず放置していたTwitterをようやく少しやり始めました。

ブログやインスタグラムのシェアだけでなく、ちょこちょこと呟いてまいりますのでフォローなどしていただけますと、スタッフ一同大喜びします。

どうぞよろしくお願いいたします!

festina-lente music school ツイッタープロフィール

 

 

 

あわせて Facebook、Instagram、Youtube の方も、フォローや「イイね」など、どうぞよろしくお願いいたします!

Facebook

Instagram

Youtube

 

 

 

……て書いただけじゃ誰もフォローしないと思いますけど。

でもして!www

 

本当に喜びますので。

それを励みに明日を生きれますので。

 

 

1音を大切に 〜素晴らしきシンプルの世界〜

 

会話において何かを伝えようと思ったとき、その思いが強いほど、つい早口になったり、いろんな言い回しでくどくどしつこく伝えようとしたりしてしまうけれど、

相手の目を見てゆっくり丁寧に1回だけ言った方が伝わるってこと、ありますよね。

 

 

音楽でも、速い演奏や音数が多い演奏っていうのは、どうしても1音づつに込める情報量は少なくならざるをえません。それは聴く側にとってもしかりで、1音ごとに受け取れる情報量は少なくなってしまいます。

その分、たくさんの音で表現しよう、伝えよう、とするわけだけど。

 

テンポの速い曲、音数が多い曲の魅力も確かにありますが、

シンプルな曲をゆっくり丁寧に歌ったり演奏したりすることは、音楽を楽しむためのとても良い練習になると思います。

 

自分の発する1音1音にじっくり向き合ってみてください。

 

 

 

さて、シンプルで素敵な曲ってじつはたくさんあります。

今回は、喜劇王チャップリンが作った名曲SMILEをどうぞ。

 

オリジナルのナット・キング・コールの歌唱です。いや〜、名曲だわ〜。

 

マイケル・ジャクソンのバージョン。ウルっときちゃうな、これは。

 

ジミー・デュランテの古い歌唱が、ちょうど公開中の映画「JOKER」のテーマ曲になってるみたいです。

これはトレーラー用にたくさん音が足されていますね。物々しい。

 

 

ウィキペディアで「SMILE」を調べると……

メチャクチャいっぱいカバーされてる!www

 

さすがチャップリン!

【ギター】アコギの弦高

 

今回はアコースティックギターのセッティングについて。

 

初心者の方がアコースティックギターを弾いていくにあたって、

できるだけストレスなく、スムーズに楽しんでいけるようなセッティングを考えてみたいと思います。

 

 

 

まずは弦高です。

 

 

これはギターを真横から見たとき、フレットと弦の間がどれだけ空いているかということです。

弦高が高い、つまりフレットと弦の間がたくさん空いていると、それだけ弦を指で押し込んでいく必要があります。押弦が大変。

ですので、弦高はやや低めにセッティングすることをお勧めします

 

 

 

弦高は12フレット上で弦との距離を測っていきます。

通常は、6弦と12フレットの間が2.5mmくらいが標準とされています。

(スチール弦のアコギの場合です。ガット弦のギターの弦高は3mm以上と高いですが、弦が柔らかいので押弦は大変じゃありません。)

 

 

ですが、物によっては新品出荷時のセッティングで3mmくらいあったりします。

これはちょっとキツイ。

そんなに弦高が高い楽器でギターを始めたら、うまく押弦できずに泣いちゃいます。

 

プレイスタイルにもよりますが、「初心者が0からギターを楽しんでいく」ということだけ考えたら、

2.2mmくらいの、アコギとしてはかなり低めのセッティングでも良いように思います。

 

 

 

もちろん、低くすれば押弦は楽になりますが、デメリットもあります。

 

まず、鳴りが損なわれます。響き感や音量が落ちる。

これはしょうがないです。でもおウチで練習していく分には、やたらに鳴り重視でなくても良いのかな、と。

 

そして、ともすると弦がビビる可能性があります。弦がビビるとは、弾かれた弦が震える際にフレットに当たってしまう現象です。「ビビビビ~~」ってノイズが鳴ってしまいます。

押弦の楽さだけを重視するなら、ギリギリビビらないくらいを狙いたい。

これは後述しますが、弦の太さにも関係あります。

 

 

 

弦高のセッティングをするには、弦を張っている両端である「ナット」「サドル」の高さ、およびネックの反り具合を調節していきます。

 

サドルを削ったり、ネック内部に入っているトラスロッドというのを回したりするんですが……。

初心者はあんまりこれらをいじくらないほうが賢明かと思います。

たぶん大変なことになります。

ギターのリペア(修理)などを請け負っている楽器屋さんや、ギター工房に相談して調整してもらいましょう。

これから楽器を購入される場合は、購入時に楽器屋さんにお願いするといいですね。

 

ちなみに、一度削ってしまったサドルは元に戻せませんが、取り替えのきくパーツなので、再度弦高を高くしたいときは交換すれば大丈夫です。

 

つづく

【ギター】ギターの種類④エレアコ(エレガット)

 

いわゆる生のアコギをライブステージで演奏しようと思ったら、

その規模にもよりますが、音量を補うために

マイクでギターの音を拾うか、ピックアップで音を拾ってジャックアウトする(シールドでアンプにつなげる)などします。

 

 

そういうことを想定した

エレアコ

というタイプのギターがあります。

 

正式には「エレクトリックアコースティックギター」ですね。どっちやねん、て名前。

製品として、はじめからピックアップが組み込まれたアコギです。

 

もし、音量の大きな他の楽器と合奏したり、ステージで演奏したりといった用途が可能性としてあれば、エレアコを選ぶのもいいと思います。

 

 

作りとしてはピックアップがついていること以外はアコギですので、アンプラグド(アンプにつなげない状態)でもある程度の音量で弾くことができます。

見た目もアコギと大差ないものがほとんどです。

ただ、生の鳴りは、生のアコギに比べると若干劣ります。

 

 

エレアコで有名なメーカーはテイラーオベーションなどです。

以前、生のアコギでもご紹介したヤマハタカミネエピフォンなど多くのメーカーもエレアコモデルを作っています。

 

エレアコを選ぶ基準としては、単板か合板か、木の種類は何か、構造はどうなっているかなど、つまるところ生のアコギと同じで「鳴り」の良さが挙げられますが、それ以外に「ピックアップの性能」というのが大きなポイントになってきます。

厳密には、音を拾うピックアップと、音のキャラクターを整えるプリアンプの、それぞれの性能です。

 

エレアコのピックアップおよびプリアンプといえばフィッシュマン(Fishman)が有名。

 

当然、高級モデルには質の高いピックアップおよびプリアンプが装備されている傾向にあります。

 

 

 

またいくつかピックアップしてみます。

 

Taylor 114e

近年では、マーティン、ギブソンに肉迫する人気を得ているテイラー。

テイラーのエレアコは生の鳴りが素晴らしいです。

また複数箇所から音を拾うピックアップシステムを採用していて、アンプ出しした音も素晴らしい。

 

 

Ovation CE48

元祖エレアコと言えばオベーション。

ひと目でオベーションとわかる特徴的な見た目が、以前は好きじゃなかったけど今は好き。

樹脂を使った丸っこいバック(背面)は、オベーションならではのサウンドに大きく働いています。

 

 

Takamine PTU141C

国内メーカーでエレアコに強いのはタカミネ。

生アコギ同様、質の高い楽器をリリースしています。

 

 

Epiphone EJ200

エピフォンにもエレアコモデルがたくさんあります。

 

 

 

いくつかピックアップしてみましたが、これらのギターを見て気づくことはありませんか?

 

そうです。ボディ上部の片側がなにやら「えぐられた」ようになっていますね。

これは「カッタウェイ」といって、ハイポジション(ハイフレット、ネックの付け根の方)での演奏がしやすいように加工されているんです。

 

生のアコギでは、カッタウェイになっているモデルもありますが、そうなっていないものが基本です。

ところがエレキギターではカッタウェイは当たり前。

エレアコでもカッタウェイモデルが多いような気がします。

 

個人的にはアコギでもエレアコでも、そんなにハイポジションで弾こうとは思わないので、なくてかまわない加工ですが

 

 

さて、これらエレアコは、あくまでアコギにピックアップが内蔵されたもの。

つまりスチール弦を張る前提のギターです。

一方で、ガット弦を張ったアコースティックギターにピックアップを内蔵したタイプの楽器もあります。

これを「エレガット」と言ったりします。

クラシックギターのようなタイプから、けっこう個性的な見た目のものまでいろいろあります。

 

アイバニーズ(Ibanez)のエレガット。

 

 

ちなみに、ちょっとややこしいのですが、エレガットというとガット弦を張ったエレキギターを指す場合もあり、ボディに空洞を持たない「ソリッドボディ」の楽器も含まれます。

カナダのブランド、ゴダン(Godin)のエレガット。

 

私は自宅ではフェンダーのエレガットばっかり弾いています。そんなに高い楽器じゃないですが、弾きやすくて超気に入っています。

【ピアノ】天才、神童、音楽の化身

 

少し間が空いてしまいました。

鍵盤奏者のご紹介です。

 

誰にしようかな~と考えたんですが、

もしかして、この人物をまだご存知でない方がいらっしゃるのでは

と危惧して、

鍵盤奏者としての紹介では不十分だとは承知しつつも……

 

 

ジェイコブ・コリアー

 

です。

 

 

ご存知でなかった方はぜひチェックしておいてください。

 

何者かというとですね……

 

え~~

天才です。w

 

もうね、ヤバいです、才能が。

 

まだ25歳と若く、Youtubeから人気に火がついた新しい世代のミュージシャンです。

たくさんの楽器をこなすマルチプレイヤーで、1人で多重録音した動画が話題になりました。

 

もっとも、1人多重録音自体はもはや珍しくもなんともないし、マルチプレイヤーも世の中にはたくさんいます。

彼の凄さはそんなところではなくて、

音楽の奥の奥まで入り込んで、意のままにコントロールする力にあります。

 

簡単に言えばアレンジ力なんですが、表面的なアレンジではなくて音楽構造のコアを捉えた「それ」のような感じなんです。

ハーモニーとか、リズムとかのコア。

 

もちろん鍵盤もメチャクチャ上手いですよ。

 

ジャズやポップスや民族音楽などいろんな音楽の影響も非常にナチュラルにブレンドしてて、この辺は世代感のなせるワザかもしれないです。

 

 

は~~、とにかくスゲーわ。

嫉妬?するかな?いや、恐れ多いですね。羨望です。

まさに神童。

音楽の化身。

現代のモーツァルト。

 

 

こんなんやられたらホント、ヤバいっす。 また、楽しそうにやるんだよな〜。

 

アコースティックでこれはヤバい。泣いてしまう。

 

ソロパフォーマンスでこれはヤバい。おしっこチビっちゃう。