【ギター】ややハイグレードなアコギ

 

前回、初心者~中級者にオススメのアコギ、ということでいくつかピックアップしましたが、

けっきょくのところ、チューニングが安定していて弾き心地が悪くなければ「なんでもいい」というのが自論です。

 

でももちろん、質の高い楽器、鳴りの良い楽器はやっぱりいい。

 

ということで今回は、前回よりももう少し高い価格帯(グレード)の楽器をご紹介してみたいと思います。

 

 

C.F. Martin    000-15M

マーティンの中では安いモデル。ややコンパクトな000シリーズで、総マホガニーという珍しいモデル。

 

 

Guild    F-150

マーティンともギブソンとも違う個性を打ち出しているギルドというブランドです。

Fシリーズはボディが大きいタイプ。総単板で、ローズウッドを贅沢に使っています。

 

 

K. Yairi    YF-00018

ヤイリは高品質なギターを作る国産ブランド。 ※S. Yairiとは別のメーカーです。

国内外に愛用者がたくさんいます。これは000タイプですね。

 

 

Takamine    SA761

タカミネも素晴らしいギターを作っています。ヘッドがかっこいい。

 

 

 

価格帯としては10万円〜でピックアップしてみました。

このあたりの価格帯から総単板のモデルが出てきます。

 

合板の楽器と総単板の楽器を弾き比べると、これはあきらかに違いがあります。

総単板の楽器は、音量、響きともに(値段が)高いだけあるな、と思わされます。

 

ライブやレコーディングの際、マイキングして諸々の調整をしてしまえば、その差もあまり関係ないかもしれませんが

それでも生音が良いっていうのは、弾いていてすごく気持ちがいいですからね。

 

合板、単板の違いの他、素材の木や構造によって音のキャラクターが変わってきます。

このあたりは好みですね。

個人的には、スチール弦のアコギには、ある程度シャキッとした音を求めています。

 

ネックの太さや厚み、指板の幅、フレットの形状は弾き心地に関わってきます。まぁ、よっぽどでなければ、しばらく使っていけば慣れてくるので、さほど気にしなくてもいいかと思いますが。

 

 

 

もう少し予算をあげて考えると、当然、ギブソンも選択肢に入ってきますね。J-45あたりがスタンダードかな。ラウンドショルダーで、見た目も個人的には好き。

 

 

私がずっと愛用している、アストリアスのギターも良いです。アストリアスの楽器はすべて、福岡は久留米の工房で職人さんがハンドメイドしています。

 

 

でもまぁ、お金があるなら、マーティンにしておけば後悔はないんじゃないかな。

迷ったら王道。

 

 

ちなみに私は、一度もマーティンのギターは所有したことないです。

もし、どれでも好きなアコギを1本プレゼントするよ、と言われたら

うーん、ギルドですかね。w

 

 

あと、テイラーというブランドも有名ですが、純然たるアコギよりもどちらかというとエレアコのイメージなので、今回は外しました。

エレアコとはなんぞや?ということも含め次回、ご紹介していきます。

 

音楽×マンガ③「ニッチモ」

 

さて今回もオススメの音楽マンガ

いってみたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、おそらく超ニッチな作品です。

 

その名も「ニッチモ」www

 

ご存知の方、いらっしゃるかな。

私もつい先日までまったく知らなかったんですが、スマホにいくつも入れているマンガアプリの中で見つけました。

 

まんが王国「ニッチモ」

コミックシーモア「ニッチモ」

amazon Kindle「ニッチモ」

 

作者は永岩武洋さんという方。

90年前後の作品かなーと推察しますが、何しろ調べてもほとんど詳細がわかりませんでした。

 

音楽ネタでニッチモときたら、これもピンとくる人は多いと思いますが、「サッチモ」ことルイ・アームストロングが元ネタですね。

ルイ・アームストロングは、そのキャラクターとダミ声、そして素晴らしい音楽の才能をもって、「キング・オブ・ジャズ」と称されたシンガー&トランペッターです。

 

このマンガの主人公「ニッチモ」も、アフロアメリカン(黒人)のジャズトランペッターで、渋いブルースを歌います。

そしてルイ・アームストロングのユーモラスなキャラクターを反映してか、ニッチモの容姿はギャグマンガを連想させるような「ゆるキャラ」

 

しかし、作中のニッチモはこの容姿に反して、ムチャクチャ渋い男です。ニヒルな野郎です。

 

マンガとしては、ニューヨークを舞台にした一話完結型のヒューマンドラマです。

華々しいエンターテイメントの世界ではなく、どちらかというとアンダーグラウンドな世界観。

 

 

アプリ内の作品紹介はこんな感じ。

「街角には娼婦が立ちんぼ、浮浪者はゴミ溜めで眠り、犬コロどもは餌にありつけやしない。ここは摩天楼のごくありふれた夜の風景。橋の上の女は何を想い涙を落すのか。 道に迷う者も、何かを無くした者も、人は皆あの男の音色を聴くだろう。あいつのトランペットが街色を染める。神や政治の出る幕じゃないだろう。 だからニッチモよ、今宵もトランペットを吹いておくれ。お前のジャズを聴かせておくれ。」

 

 

ニッチモと古い友人や若者などとのふれ合いが描かれています。

これがまた、ほっこりしたり、ジーンときたり、熱くなれたりと、なかなか良い話が多いんですよ。

個人的にはけっこう好きでした。

 

 

まぁ、作風ははっきり言って地味ですけどね。

とにかくこのジャケット(表紙)はいただけないでしょう……。

 

 

この紹介で誰か読む人いるかな~~。1人くらいは読んでほしいな。w

 

 

 

 

明日はお休みになります

 

非常に強い台風19号が関東に接近していますね。

 

生徒さんたちにお会いして一緒に音楽できることを楽しみにしておりましたが、

やはり安全第一ということで、明日のレッスンは休講とさせていただくことになりました。

レッスンだけでなく、お電話でのご対応等の店舗業務もお休みさせていただきますので、

どうぞご了承くださいませ。

 

お休み 1012日(土)

 

みなさまのお住まい等に被害が出ないことを祈っております。

できるだけ外出を避け、万が一にも備えておきましょう。

【ギター】オススメのアコギとは……?

 

では、アコギのメーカーやモデルをピックアップしていきましょう。

 

ここでは、初心者~中級者にオススメ、という体でご紹介していきますが、

他の楽器のカテゴリーでも言っているように、

本当の意味で初心者向けの楽器というのは、じつはありません

 

あるのは価格(グレード)の違いだけです。

 

そして、楽器と言ってもいろいろですが、そのほとんどにおいては、うんと安い価格帯のものはオススメしません。

やはりある程度の質が担保されている楽器をお買い求めになるのがいいと思っています。安かろう悪かろう、が実際あったりするので。

 

 

ですが、ことアコギに関しては、ぶっちゃけ「弾ければ何でもいい」くらいに思っています。

 

誤解なきように言っておくと、こういうことが言えるってことは、じつはすごく良いことなんです。

 

楽器を楽しんでいくうえで、もしくは上達しようと考えたとき、重要なことというのはいくつかあるかもしれませんが、個人的には

「近くにあって、いつでも触れる」

ということがとても大事なポイントだと思っています。

 

しかしながら、諸々の事情によりなかなかそうもいかないというのが実際のところだと思います。

例えばドラム。自宅でいつでも気軽に叩ける、という人はけっして多くないでしょう。

例えばサックス。やはり自宅で吹くのは難しい

例えばヴァイオリン。大切な楽器は弾き終えたらケースにしまわないと心配です。

例えばピアノ。居場所(部屋)を移動する際に一緒に移動させるのは大変です。

 

いつでも手の届くところに、むき出しで(ケースに入れずに)置いておけて、すぐ演奏できる楽器。

 

パッと思いつくのはアコギかウクレレくらいです。

 

もちろんアコギやウクレレだって、いちいちケースにしまった方が安全だし、いいんですよ。

でも、やっぱりしまっちゃダメなんです。絶対、楽器に触れる時間に差が出ちゃう。

 

安い楽器だから乱暴に扱っていいということにはならないと百も承知で、それでもやっぱり、リラックスしてラフに接しやすい方がいい。

 

という理由から、むしろ高級な楽器じゃない方がいいとさえ思っています。

だいたい、じっくり聴き比べないと音の違いなんてなかなか分からないものです。

違いが分かったところで、どちらが良いかなんて個人の好みですし。

 

ちゃんとチューニングができて、ネックや指板の触り心地(ネックに沿って軽くポジション移動してみて、バリのような引っかかりがないかをチェックしましょう)が悪くなければOKだと思います。

 

あと、手軽さや取り回しの良さを考えたとき、ドレッドノート系のボディが大きな楽器よりも、少し小ぶりな方がいいんじゃないかとは思います。

 

ということで

まぁ何でもいいです。www

 

でも一応、最初にご紹介すると書いたので、しますね。

 

 

YAMAHA FS800

楽器何でも屋さん(褒めてます)のヤマハ。アコースティックギターの分野でも一流です。

ヤマハではもっとも安い部類ですが、なんとトップ板がスプルース単板!

いや~~コスパ最高ですね。スゴイっす。

 

 

Headway HF25 NA

ヘッドウェイは、マーティンの研究から始まり、オリジナルの素晴らしい楽器を作った日本は長野県のブランドです。

近年は比較的安い価格帯のモデルも作っており、そこでも技術の高さが発揮されています。

この楽器もコスパがいいです。

 

 

Morris F-280 N

私がギターを弾き始めたころ、(手に届く)アコギといえばヤマハかモーリスでした。

そして初めて買ったアコギは、やはりモーリス。

フォークはモーリス!

間違い無いです。

 

 

Epiphone Hummingbird PRO

エピフォンはギブソンのセカンドブランドです。同じモデルがだいぶお安く買えます。

作りはそれなりか。かと言って本家ギブソンが超高品質かと言われれば、必ずしもそんなことはw

でもいいんです。それがギブソンらしさ!つまりエピフォンはギブソンらしさをちゃんと保有しているのです。

ここでは思い切ってハミングバードを。いっとこ!

 

 

Tokai CE25T N

東海楽器は元々マーティンの輸入代理店だったそうです。

それがどう関係あるかは分からないですが、トーカイの楽器は質が高いです。エレキもいい。

ブランド力は高くありませんが、トーカイの楽器使っている人を見ると、「おっ」と思います。w

 

 

Fender Malibu Player

エレキギターのシェアではムチャクチャ強い、トップブランドのフェンダーですが、アコギへの参入は比較的最近です。

つまり、ギターの「電化」より前にはフェンダーはなかったんですね。

私としましては、もはやアコギとしてのパフォーマンス云々ではなく、このヘッドだけでもうご飯3杯はいけますからね。

フェンダー最高〜!

 

 

 

しいてご紹介してみたら、お値段としてはそこそこのものになっちゃいました。

1万円以下のものでもいいと思います。ホント。

 

とにかくお持ちでなければ、今日にでも買いましょう。

帰りに楽器屋さんに寄れないようなら、思い切ってネットでポチっ!

SMAPの曲って

 

今日は、おもむろにSMAPについて書いてみます。

 

 

てか、SMAPって解散しましたよね。

我が家にはテレビもないし、そもそも関心が薄いので、なんか例の事務所とメンバー間でゴタゴタしてたなーという印象くらいしかありませんで。

そんなわけで、彼らが今どこで何をしているのかまったく知りません。

 

 

ただ!

 

SMAPの楽曲については、良い曲が多かったと認識しています。

 

 

それまでのジャーズの曲といえば、「スシ食いねェ!」などに顕著な、ある種のダサさ(けなしてないです。むしろ良いところでもあるので。)がありました。

SMAPにもそういった曲はあるにはあるのですが、そうでない曲、つまりイケてる曲で男性アイドルグループがヒットを出したというのはかなりエポックでした。

ジャーズ以外でも、たとえばチェッカーズなどもチェックの衣装で揃えていた初期には、アイドル然とした、ややダサい曲を歌って(歌わされて?)いましたので。

 

 

ここで言う「イケてる」というのは、もちろん私の主観です。

メロディーとか、歌詞とか、コード進行とか、アレンジとか、そういうのを加味して、なんとな~~くイケてるかな……というくらいのやつなんであんまり突っ込まないでください。w

 

まぁ、作詞、作曲、アレンジ、演奏と、錚々たる方々が携わってますからね。

いずれの作家さんもプレイヤーも素晴らしい仕事をしています。さすがです。

ちなみに、SMAPのメンバーの歌唱が上手いとか下手だとかには、あんまり関心がありません。

 

 

ということで、SMAPのイケてるナンバーをピックアップしてみたいのですが、某事務所は権利にシビアでYoutubeにはほとんど上がっておりません。

見つかったものだけ貼っておきますが、すぐ消されるのかも知れません。

この際、ケチケチせずちゃんとダウンロードして、「MY SMAP BEST」とかいうプレイリストでも作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

雪が降ってきた

 

 

どんないいこと

 

 

朝日を見に行こうよ

う〜〜ん、ない!

 

 

Fly

他の人もいますね 1

 

 

らいおんハート

なかった…

 

 

オレンジ

なかった…

 

 

freebird

他の人もいますね 2

 

 

Triangle

うおおお、位相が……!

 

 

詰め合わせセット

【ギター】ギターの種類③アコギ(マーティン、ギブソン)

 

今回はアコギについてもうちょっと掘り下げてみます。

 

 

ボディの正面(上面?)の板を見てみましょう。

 

フラットトップと呼ばれる平らなものが一般的ですが、アーチトップと言ってヴァイオリンやチェロのように曲面になっているタイプもあります。

通常、フラットトップのギターには真ん中に丸く大きなサウンドホールが、アーチトップのギターにはやはりヴァイオリンやチェロのようなfホール」が空いています。

 

フラットトップ

 

アーチトップ

 

 

ギターの製作には、なるべく豊かな響き、大きな音量が求められました。

後にエレクトリックギターが生まれるのと同じ理由です。他の楽器に負けない音量が求められたんですね。

 

C.F.マーティン社(以下マーティン)の作ったフラットトップのギターは、それまでのギターよりもメチャクチャデカい音が鳴るものでした。

以来、アコースティックギターと言えばフラットトップの楽器が一般的になりました。

 

今でも数は少ないですが、アーチトップのアコギはあります。「ピックギター」と呼ばれたりしています。また、アーチトップは、ギブソン社に代表されるエレクトリックギターにその見た目や技術が引き継がれています。

 

 

 

他に変わったところだと、リゾネーターという大きな反響板を付けた「リゾネーターギター」というものもあり、ドブロ社のギターなどがその代表です。

ブルースやハワイアン、ブルーグラスなどの演奏者が、リゾネーターの独特な響きを好んでこの楽器を使います。奏法としてはスライド奏法で演奏されることが多いですね。

 

 

 

では、こんにちもっともポピュラーなフラットトップのアコギについて、さらに見ていきましょう。

 

前述のマーティンはムチャクチャ歴史も古く、誰がなんと言おうと、アコースティックギターのトップブランドです。

今あるアコギのほとんどは、マーティンのギターをモデルにしています。

 

小さなボディで取り回しのいい0(シングルオー)シリーズ、やや小ぶりでボディのくびれが大きい000(トリプルオー)シリーズ、ボディが大きくその分音量も大きいD(ドレッドノート)シリーズなど、求められる音量によってボディの大きさにいくつか種類があります。

 

D-28

 

材料の木は、

 

トップ板:スプルース

サイドとバック板:マホガニーやローズウッド

ネック:ローズウッド

指板:エボニー

 

といったあたりが一般的ですが、本家マーティンですべてがこの仕様だと、お値段もそれなりに

 

他社の楽器も含め、もう少し安い価格帯のものだと、合板が使われていたりします。

もちろん響きの違いに関わってきますが、最初はあまり気にしなくてもいいと思います。

 

色で言うと、圧倒的にスプルースの木目を活かしたナチュラル仕上げが多いですね。

 

 

 

さて、マーティンの対抗馬としては、やはりギブソン社が筆頭でしょう。

 

エレキギターでは高い人気を誇るギブソンですが、ギターが「電化」する前からすでにギターメーカーとして地位を築いています。

現在に至るまで、多くのメーカーがマーティンのコピーモデルを作る中、ギブソンはそのオリジナリティを貫いています。(ボディトップはマーティンの影響でフラットになりましたが。)

 

小ぶりなLシリーズ、スタンダードなサイズで丸みのあるフォルムのJシリーズ、かなり大きめのボディにして音量も大きいSJシリーズのほか、ハミングバードやダヴなどがそのラインナップです。

 

ハミングバード

 

高級なモデルになると、マーティンのギターに比べ、装飾が若干華美になっています。

 

ギブソン社のギターでは、中心から外側にかけて色が濃くなっていくサンバーストという仕上げが多い気がします。

 

 

 

 

どちらかと言うと、マーティンのギターは繊細、綺麗で優等生なイメージ、ギブソンのギターは無骨でパワフルなイメージを個人的には持っています。

もちろん、弾き方による違いがもっとも大きいですけれど。

 

つづく

【ギター】ギターの種類②アコースティックギター

ではアコースティックギターから。

 

ここでは、まず「ガット弦のギター」「スチール弦のギター」に分けてみたいと思います。

 

 

 

・ガット弦のギター(ガットギター)

 

ガット弦は本来は羊の腸を使った弦のことですが、こんにちではガット弦の響きを模したナイロン製の弦が一般的であり、これをガット弦と呼ぶこともしばしばあります。

つまりガット弦とナイロン弦は別物ですが、同じ括りとして扱われているんですね。

 

ガットギターは、日本では「クラシックギター」と呼ばれることが多いです。

 

実際にクラシック音楽の演奏に用いられるのはこのタイプ。

他に、フラメンコなどのスパニッシュスタイル、ボサノヴァやショーロなどのブラジル音楽、アルゼンチンのタンゴ、フォルクローレなど、いわゆるラテンミュージックにも広く使われています。

 

ナイロン弦の優しく温かみのある音色が特徴で、いずれのスタイル(ジャンル)でもピックを使わず指で弾いて演奏するのが一般的です。

 

ネックはがっしりと太め。指板の幅も広い、ので各弦の間隔もやや広めです。

ペグ(糸巻き)が後ろに付いている、スロッテッドヘッドになっています。

 

ちなみに私は、スクールでも家でももっぱらガットギターばかり弾いています。

 

 

 

・スチール弦のギター(アコギ)

 

ガットギターがヨーロッパで生まれたのに対し、スチール弦のギターはそれよりも後にアメリカで生まれます。もちろんガットギターが元になっています。

当初は、主に北アメリカで、ブルース、フォーク、カントリー、ブルーグラスなどの演奏に使われていました。

 

一般的に「アコギ」と呼ばれているのがこのタイプですね。

日本では、同じタイプの楽器が「フォークギター」という呼び名でも通っています。私は、フォークギターって言ったことはほとんどないですが。

 

ピックを用いてコードをジャカジャカ掻き鳴らすのがポピュラーな奏法です。

音色は、やや硬くて高音がキラキラと響きます

ネックは細め。指板の幅や各弦の間隔も、クラシックギターに比べると狭めです。

ボディの大きさや形も少しづつ違い、種類がいくつかあります。

 

よく「弾き語り」に使われるのも、スチール弦の「アコギ」ですね。

 

ちなみに近年エレキよりも売り上げが多いアコースティックギターとは、このタイプのやつですね。クラシックギターじゃないです。

 

 

 

音楽の種類によって、必ずしもどちらかを限定的に使わなければいけないわけではないですが、ガット弦のギターとスチール弦のギターは、わりとはっきり棲み分けがなされています

 

前回同様、漠然とギターを、という方にオススメするなら、とりあえずスチール弦のいわゆる「アコギ」ですかね。

でも、ボサノヴァとかお好きでしたらガットギターもありだと思いますよ。

【ギター】ギターの種類①

 

今回はギターの種類について

ギターとひと口に言っても、実際にはいろいろな種類のギターがあります。

 

まず、大きく「アコースティック」「エレクトリック」かで分けてみたいと思います。

 

アコースティックとは「音響的」という意味ですが、ここでは電気を使わないで演奏するギターのことだと思ってください。

一方、エレクトリック「電気式」ということで、電気を使うギターのことですね。

 

 

歴史的には、当然、まずアコースティックのギターがあり、それを「電化」したエレクトリックギターが後になって作られます。

 

電化した主な理由は「音量」です。

近代になり、ドラムセットやブラス(ホーン)セクションのような大音量で鳴る楽器が増えてくると、合奏の際にアコーステイックギターでは音量的に役不足になってきたんですね。

 

 

エレクトリックのギターが一般的になると、アコースティックのギターは取って代わられて廃れてしまったかというと、そんなことはなく、それぞれの良さ、特徴が違い、まったく別の魅力を持ったおかげで上手く棲み分けがなされ、今日ではどちらもが一般的なギターになりました。

 

と、書いていて、ふと「これって、けっこう珍しいことじゃね?」と思いました。

「電化」が進むと、だいたいはそれまでの「未電化(人力だったり)」のものは電化品に取って代わられて消えていってしまう。もしくは「電化に失敗」して電化品が普及しないか、じゃないですかね?

楽器でも、ギター以外にはベースもそうかな、と思うくらいで他は当てはまらないような気がします。

 

とにかく、楽器屋さんに行ってみると、アコースティックギター(アコギ)とエレクトリックギター(エレキ)がどちらもたくさん陳列されています。

ここ数年で言えば、アコースティックギターの売り上げの方がエレクトリックギターよりも多いらしいです。

 

 

ギターをやってみようと思った場合にどちらを手に取るべきかは、好きな音楽や、今後やりたいことによって決めればいいと思いますが、それすらも漠然としているようでしたら、個人的にはアコースティックギターを推しておきます。

理由は、どこでもパッと弾けるからです。それだけ。

 

つづく

【ギター】世界中でもっとも演奏されている楽器

 

多種多様な楽器に優劣をつけることは難しいし、そんなことすべきでもありません。

 

が、あえて言うのなら、やっぱりピアノという楽器はかなり完成度の高い楽器だと言えると思います。

同時に鳴らせる音の数が多いこと、ピアノ~フォルテまで自在にダイナミクスが付けられること、メロディとハーモニーを同時に奏でることの容易さ、ペダルを使った音価(音の長さ)のコントロールができること、圧倒的な音域の広さ、音程関係を(いい意味で)視覚的に捉えやすいこと……

楽器の王様と称されるのも納得できます。

 

しかしらがら、世界中でもっとも多くの人に演奏されている楽器はピアノではありません。

 

 

なんだと思いますか?

 

 

そう、

ギターなんですね。

 

なぜか?

 

おそらく

・手軽さ

・取り回しの良さ

・楽器の値段(比較的安価なものがある)

・憧れ(誰それのように弾いてみたい)

といったあたりが理由じゃないかな、と私は思います。

 

よく言われることですが、34つコードを覚えればなんとなく形になっちゃう。

手の届くところに置いておいていつでもポロロ~~ンと鳴らすことができ、ベッドルームにリビングに、野外へだって持ち出せます。

ライブでは、ケーブルの長さが許す限り、ステージ上を動き回ることもできます。

楽器の値段も10,000円前後からあり、ピアノなどに比べれば圧倒的にお求めやすくなっています。

そして広いジャンル、広い世代にそれぞれのギターヒーローがいて、憧れから楽器を手に取る人も多いでしょう。

 

 

そんな、世界中で広く親しまれているギターですが、と同時に、

「もっともやめてしまった人が多い楽器」

でもあります。まぁ、絶対数が多いわけですからしょうがないんですが。

 

これは非常にもったいない。

 

ということで、これからギターを始めていこうと思っていらっしゃる方はもちろん、過去にトライしたことはあるけどモノになる前にやめてしまった、という方にとっても、またギターを弾いてみたくなるような楽しく有益なお話をいろいろしていけたらと思います。

 

つづく

【ギター】ギタリストをピックアップ(まとめ)

 

以前、コラムのカテゴリーで書いた記事をギターのカテゴリーにも入れておきます。

まだまだ、素晴らしいギタリストはたくさんいますね。

随時追加していきますので、よかったら読んでみてください。

 

 

【ギター】ギタリストをピックアップ①コンテンポラリー編

 

【ギター】ギタリストをピックアップ②日本人編

 

【ギター】ギタリストをピックアップ③カッティング編

 

【ギター】ギタリストをピックアップ④アコギ編

 

【ギター】ギタリストをピックアップ⑤ブラジル編