セッションバーへ行ってきた

今日から10月ですね!

 

今年のうちに音楽を始めようと思っていた方、

早くしないとあっと言う間に年末ですよ~。

 

すでにスタートしているみなさんも、あと3ヶ月、

今年のうちに〇〇を、と目標を再設定してみるのも良いんじゃないでしょうか。

 

 

 

さて、昨晩は

お世話になっている神田のセッションバー「音STAGEさんへ

生徒さん5名と高野、丸山で連れ立って遊びに行ってまいりました。

 

こういうお店が初めての生徒さんもいましたが、みなさん楽しんでいらっしゃったように思います。

他のお客さんの演奏も聴いて、良い刺激にもなったと思います。

 

 

セッションをより楽しめるようにと考えたとき、

演奏技術の向上もさることながら、

こういう場に慣れていくこと、積極的であること、いろんな音楽を聴くこと

が大切だと、あらためて感じました。

 

次回も楽しみです。

 

 

 

STAGEは毎日のようにオープンマイクセッションをやっていて、ジャンルもオールジャンル。

店長のヤマちゃんこと山田さんが最高の笑顔で出迎えてくれる、アットホームなお店です。

神田のMUSIC BAR「音STAGE」

 

オータム・キャンペーン実施中!

芸術の秋ですね!

ただいま、オータム・キャンペーン実施中!

お得に始められます。この機会にぜひ!

 

 

今なら

入学金5,000円を 0円に!

 

さらに初月の受講料を

1レッスンにつき2,000円オフ!

 

たとえば

月に2回のレッスンなら、合せて9,000円お得!

 

キャンペーン期間中にご入学の方対象です。期間は2019918日~1018日の予定です。

 

まずは体験レッスンのお申し込みを

 

音楽×マンガ②「SHIORI EXPERIENCE」

音楽×マンガ

 

続きましては、

 

SHIORI EXPERIENCE ~ジミなわたしとヘンなおじさん~

 

です。

 

SHIORI EXPERIENCE~ジミなわたしとヘンなおじさん~(1) (ビッグガンガンコミックス)

 

スクエア・エニックス社のビッグガンガンで連載中。

タイトルでピンとくる方は来ると思いますが、

ロックギターの神、ジミ・ヘンドリックスを扱ったマンガです。

 

 

どう扱うかというと

 

幽霊です。w

 

ファンタジーですね。

ジミヘンが、地味めな女性教師に憑依するという。

そうするとムチャクチャカッコいいギタープレイをしちゃうという。

 

もうね、

 

この時点で面白いです。バカバカしくて。

 

でも、この手のやつって設定だけで、お話が進んでいくとぜんぜん面白くなかったりするんですが、

このマンガは面白いですね。

 

舞台が高校だということもあり、ざっくり言えば部活青春ものですね。

「ちはやふる」とか「あさひなぐ」とかみたいな。

個々の部員のいろんな事情とか葛藤を乗り越えていくという……

けっきょく熱いマンガです。これも。

 

まぁ、このマンガも、描きたいことに対して、どうしても音楽が題材じゃないといけないかと言われると、そんなこともないような気はしますが。

 

 

あと、ちょっと違う角度からのことを言えば、音楽のマンガでは、楽器や演奏のフォームなどの描写がメチャクチャなことが多々あります。

そのマンガが面白いかどうかには直接は関係ないのだけど、個人的にはけっこう気になってしまいます。

この漫画の作画の方はかなり絵が上手だと思いますが、それでも楽器の描写にはやや不満が。

サックスとかね、描くのめんどくさそうだし、いいんですけどね。べつに。

 

でも、このマンガは演奏シーンはカッコいいですね。

ロックを感じます。

 

やっぱり実際においても、演奏している姿っていうのはすごく大事なことだと思います。

 

 

さて、マンガの中でも出てくる27クラブ」と言われているものがあります。

これは、何人かの著名な(もっと言えば尖った才能を持った)ミュージシャンが、偶然にも27歳でその生涯を終えていることに起因するもので、

ジミ・ヘンドリックスをはじめ、

ジャニス・ジョプリン

ブライアン・ジョーンズ(ローリング・ストーンズ)

ジム・モリスン(ドアーズ)

などのロックスターや、

伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソン

そして

カート・コバーン(ニルヴァーナ)

比較的最近では、

エイミー・ワインハウス

などが27クラブのメンバーとされています。

いずれも、才能溢れるミュージシャンであった一方で、非常に繊細な人物でもあったようです。

 

ということで、マンガではこの27クラブのメンバーが幽霊として今後も登場してくるのでしょう。

続きが楽しみです。

【ヴォーカル】ノーマークの乱入者

夢の乱入者

 

というテレビ番組をご存知ですか?

 

1990年代初頭に関西の方で放送されていた音楽番組で、

ギタリストの渡辺香津美さんをはじめとする凄腕ミュージシャンたちのバンドをホストに、毎回多彩なゲストを招いてリラックスしたセッションを展開するというもの。

 

その録画映像を今、Youtubeで見ることができます。

夢の乱入者・総集編なるものを見ていました。

 

いろいろな方が出てきてセッションするのを楽しく見ていると、

なんとデヴィッド・T・ウォーカーが登場!

う~~~!リズムもタッチも最高です。「間」が唄ってます。

 

さすがだなーと思っていると、次に登場したのはなんと……

 

 

藤田朋子さん

 

そう、渡る世間の、鬼ばかりの、女優の藤田朋子さんです。

 

彼女が歌ったのは「HOME」。

アフロアメリカンによる「オズの魔法使い」のミュージカル版「The Wiz」で、

最後に主人公のドロシーが歌うナンバー。

 

てか、

 

上手い……

 

気持ちが乗った素晴らしい歌唱です。

英語の発音もきれいだなー。

いや~、まったくのノーマークでした。

 

調べてみると、本職にはしていないものの、かなりの音楽好きみたいですね。

旦那さんがアコーディオン奏者だそうで、よく一緒にライブなどしているようです。

 

Youtubeで他の動画を探してみると、数は多くありませんがいくつか出てきました。

AORっぽい感じで、いずれも英詞で歌っているので、なんていうか……洋楽みたい。笑

音楽×マンガ①「BLUE GIANT」

私はマンガが好きです。

 

時間さえ許せば、1ヵ月くらいマンガ喫茶に寝泊りしてずっとマンガを読んでいたい。

 

そんな私にとって、

音楽×マンガ

の組み合わせは最強と言っていい

 

……はずなんですが、

残念なことに、「音楽×マンガ」の作品で

個人的に「これは!」というものは多くありません。

 

 

そもそも、音の鳴らないマンガというメディアで音楽というテーマを扱うこと自体が難しいのかもしれなく、分母がけっして大きくないんですよね。

 

でも、音楽マンガの映像化(アニメ化、ドラマ化)作品を鑑みるに、必ずしも作中で描かれる各シーンで音楽がついていることが良いとも思えません。

実際には鳴っていない音を、読者が想像を膨らませて自分の中だけで聴く。その音楽の方が素晴らしい場合もあると思います。

 

そういう意味では、音楽マンガの映像化において、重要な演奏シーンなどを「あえて無音にする」というのも有りなんじゃないでしょうか。

マンガが原作のものじゃなくても、音楽がテーマの映画などでも同じですね。

このアイデアどうでしょうか。すでにやっている作品もあるのかな?

 

 

話がちょっと逸れてきましたね。

まぁ、そんな音楽マンガですが、最近では若きジャズプレイヤーの成長の軌跡を描いた

BLUE GIANT

というマンガが話題となりました。

現在は続編の「BLUE GIANT SUPREME」が小学館のビッグコミックで連載中。

すでに多方面で紹介されているので、あらためて書くこともあんまりないんですが、私も続きを楽しみにしている作品です。

 

BLUE GIANT (1) (ビッグコミックススペシャル) 

 

BLUE GIANT」というタイトルからは、テナーサックス奏者ジョン・コルトレーンのアルバム「ブルートレイン」「ジャイアント・ステップス」が連想されます。

演奏シーンでの音符の数を見ると、まさにシーツ・オブ・サウンドと言われたコルトレーンのようですが、理屈じゃなく気持ちを音に押せるようなその演奏は、同じテナー奏者でもどちらかというとソニー・ロリンズがモデルかな?

 

「バンド単位」での活動が当たり前のロックなどとは違い、ジャズでは「プレイヤー個人単位」でいろいろな現場に出入りすることがほとんどです。

ローリングストーンズのようなパーマネントなジャズバンドはあまり多くありません。

あっても〇〇オーケストラという具合に、バンド名はキープしながらも常にメンバーが入れ替わっていくようなバンドがほとんどじゃないかな。

 

その点、「BLUE GIANT」では、主人公が固定メンバーでの「バンド活動」にこだわります

すると、漫画としては個々のキャラクターが引き立つし、それぞれの葛藤やすれ違い、信頼関係などが深く描けることになります。

バンドメンバーは主人公の頑固なまでの夢を追う姿勢に感化され、徐々に徐々に結束力を強くしていきます。

 

ということで、ひとことで言うと「熱いマンガ」です。

ですが、正直、この内容は必ずしも題材が音楽(ジャズ)じゃなくても描けるような気もしてしまいます。

十分に楽しませていただいてますが、今後「音楽ならでは」の展開やシーンがもっと見れたらと、期待を込めて。

 

 

動画はソニー・ロリンズ、50歳のときの演奏。

いや〜スケールがデカいっす。素晴らしい。

【ヴォーカル】スーパースター

 

スーパースター

 

と言われて誰をイメージしますか?

 

世代観もあるでしょうけど、

 

私だったら、スポーツ選手なら

 

タイガー・ウッズ

マイケル・ジョーダン

マイク・タイソン

アイルトン・セナ

ディエゴ・マラドーナ

カール・ルイス……

 

 

そして音楽では

 

マイケル・ジャクソン

プリンス

マドンナ

シンディ・ローパー

 

に決まっています。

 

マイケル、プリンス、マドンナの3人は、なんと同い歳。

やや遅咲きだったシンディは他の3人よりちょっとお姉さんです。

 

人によっては、ここにシンディが入ってくることに「?」と思うかも知れませんが、

80年代半ばには、「マイケルとプリンス」が、そして「マドンナとシンディ」がよく比較されていたように記憶しています。

 

実際のところは、4人が4人、超がいくつもつくくらいの個性的で才能溢れる人たちなので、比較なんてめっそうもないんですが、たぶん当時のマスコミがそのように取り上げてたんでしょうね。

ハナタレ小僧の私には、それがけっこう印象深かったんだと思います。

「ライバルなんだぁ〜」って。

彼ら同士の仲も、あまり良くないと思っていた人が少なくないんじゃないかな。

そんなことないみたいですけどね。

 

 

時が経って、このうち2人はすでに他界してしまいましたね……

寂しいです。

 

 

意外と言ったら失礼かも知れませんが、もっとも安定して長い間活躍しているのはマドンナでしたね。

今もって恐ろしいほど元気で、レコード(CD?配信?)もバンバン売って、コンサート動員もハンパないですから。

正直、当時は音楽的なアビリティやポテンシャルでは、他の3人にやや及ばないと思っていましたが。

その分、音楽バカにならずに大局(トレンド、世論やマスコミ、セールスなど?)を見ることができたのかも知れません。

そう言う意味では、マドンナは頭が良いんでしょうね。

 

 

あえて比較するならば、シンディ90年代、2000年代とレコードセールス的には落ちていきます。

もはや「過去のスーパースター」と言われてしまうかも知れませんね。

でも、ヒットこそないものの、じつに良質なアルバムをマイペースでリリースしています。

マドンナが常に最先端のダンスミュージックを意識しているのとは対照的に、シンディはとてもトラディショナルな音楽を大切にしているように思います。

古いブルース、カントリー、ジャズ、ラテンなどですね。

往年のヒット曲をいろんなトラディショナルなスタイルで歌い続けています。

ライブではバンドやその場を上手くコントロールしますし、「七色の声」と称された魅力的な声と歌唱力も健在で、やっぱりこの人はミュージシャンの気質が強いんだなーと感じます。

 

 

とまぁ、いずれのスターも簡単には語りつくせないので、またあらためて。

 

今回は、シンディの動画を貼っておきます。

大ヒットナンバーをいろんなアレンジで歌い続けています。

 

これは名曲ですね。

近年のシンディは、よくこのアパラチアン・ダルシマーという楽器を使って弾き語りをしています。

 

ソロデビュー前のバンド、Blue Angel時代の貴重映像。この曲は後にソロでも歌っています。

この歌唱パフォーマンスをもってしても、ずっとデビューできなかったんですね…。すでにハンパないのに。

さすがビッグアップル。シンディのような実力者がしのぎを削ってるんですね。

 

【フルート】フルート奏者がいるロック・ポップスのバンド

 

今回は、ロックやポップスでフルートが印象的な曲をと思ったのですが、考えてみると無数にあるような気がしてきました。

意外かもしれませんが、実際はかなり使われているんですよね。

 

ですので、

メンバーにフルート奏者がいるバンドをご紹介してみたいと思います。

ジャズやフュージョン、もしくはラテンっぽいバンドではたくさんあるでしょうから、ロックやいわゆるポップスのバンド。

で、メンバーにフルート奏者となると、これはグッと絞られます。

 

 

まず、ロックでフルートと言われて真っ先に思い立つのが

ジェスロ・タル(Jethro Tull)

です。

最高です。

フロントマンのイアン・アンダーソンというムサ苦しい方が、変なポーズをとりながらフルートをブロウします。サックスではよく使う「ブロウ」という表現ですが、フルートで使うとしたらまさにこういうときでしょう。

楽器をブンブン振り回しちゃって、頭部管がすっ飛んでっちゃったらどーすんだろ、って感じです。

でもどうせだったら、このくらいやってくれた方が見てて気持ちが……いい、かも…。

 

 

同じイギリスには同時期に、フルートをフィーチャーしたバンドがいくつかあります。

ジェネシス(Genesis)キング・クリムゾン(King Crimson)など、いずれもプログレッシヴ・ロックと言われた類のバンドです。

 

 

そんな中でもキャメル(Camel)というバンドはSnow Gooseというロックフルートの名盤も残しています。

 

 

オランダのフォーカス(Focus)というバンドも鍵盤奏者がフルートを兼任しています。

 

 

どれもほぼ同時代、ヨーロッパのプログレシーンからですね。

 

他にはないかな

うーん、アメリカにもあるんでしょうけどね、パッと思い浮かばないな

 

オーストラリアのバンドで、「ノックは夜中に(Who Can It Be Now?)」って曲がヒットしたメン・アット・ワーク(Men At Work)にはサックス/フルート奏者がいます。

 

 

日本では、ブルーコメッツ井上大輔さんがフルートを吹いていますね。

 

他には、クレイジーケンバンド中西圭一さんがサックスと兼任でフルートを吹いていますね。

あとはチェッカーズでも、割合は少ないですが曲によっては藤井尚之さんがフルートを吹いています。

 

意外なところでは忌野清志郎さんも吹いていました。バンド単位と言えるかわかりませんが。

 

 

ネットで調べてみると、若手のセロ(ceroというバンドにはフルートを吹くメンバーがいるようです。

 

 

他にもあるんでしょうけど、今回はこのへんで。

もしフルートが入ったかっこいいバンドをご存知でしたら教えてください。

【ウクレレ】嬉しくてThree Little Birds

どうも高野です。

このたび

マイウクレレ

なるものを入手いたしまして。

 

ただ

嬉しい!

というだけの投稿です。

 

ガチな人からは邪道だと言われてしまうかもしれませんが、

フェンダーのウクレレです。

 

テナーサイズのLow-Gで、ギターと同じチューニング。

だけど、やっぱりギターとはだいぶ違いますね。

意外に各弦の間隔が広いんですね。

まだウクレレらしい弾き方ができませんが……でも楽しい!

 

嬉しさあまって弾き語りしてみました。

大好きなボブ・マーリーの「Three Little Birds」です。

 

スクールにはウクレレコースもあり、滝口講師が担当します。

【ウクレレ】第1回ウクレレ同好会

 

昨日はスクールの企画による、

ウクレレ同好会

の第1回目でした。

 

参加者は、みなさんほぼウクレレ未経験でしたが、中にはこの同好会に向けて楽器を購入された方もいらっしゃいました。

 

最初はコードの押さえ方、ストラミング(ストローク)のやり方などを簡単にレクチャー。

ある程度慣れてきたら、どんどん合奏に入りました。

 

コードチェンジがスムーズにできなかったり、キレイに音が鳴りきらなかったりはあっても、最初から完璧なんて目指さずにリズムをキープしてどんどん進みます。

 

 

その結果、

3時間ほどの会の中で、事前に準備しておいた9曲を全部弾きました!

すごーい!

 

最後には、「いきなりこんなにいろいろな曲が弾けるとは思わなかった」と言う方や、「楽しかった~、2回目はいつですか?」と言う方、さっそくウクレレのカタログを見始める方もいらっしゃり、みなさんに楽しんでいただけたようです。

 

この手軽さは、他の楽器にはなかなか出せない魅力ですね。

 

レッスンでもワークショップでもない「同好会」ですので、飲んだり、食べたり、雑談したりしながら、弾いて歌ってワイワイやりました。

 

2回目が今から楽しみです。

 

 

この同好会はスペースの都合で、スクールのレッスン生のみなさんにのみご案内していますが、ご興味がありましたらお問合せください。

ひさしぶりのライブでした

ちょっと遅くなってしまいましたが、

先日の9日(月)は、Jami Jami Descargaのファーストライブ@新宿OPEN でした。

Jami Jami Descargaは当スクールの講師、高野はるきとchieによる音楽ユニットです。)

 

平日の夜にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただき、とっても嬉しかったです。

お越しくださったみなさま、ありがとうございました!!

 

 

サポートではなく、自分でMCもやるようなライブをしたのはいつぶりだろうか…。

 

ジャズと、レゲエをはじめとするカリビアンミュージックを掛け合わせて、なおかつ自分たち流の音楽をやれないか、と始めたわけですが、なんでも最初は大変ですね。

 

今回サポートしてくれたベースの進藤大祐くん、ドラムの篠木春輝くんにも苦労をかけつつ、なんとか形にはなりました。

 

もちろん反省点は多々ありますが、方向性というか、やりたかったことはある程度はお客さんに伝わったようで、それを良いという感想をいくつもいただけたので、素直に嬉しかったです。

 

 

あらためまして、足を運んでくださったみなさま、DJのChiiさん、ジェレミーさん、新宿OPENの晴康さん、ありがとうございました!!

 

 

ということで、マイペースにやっていきますが、Jami Jami Descargaを今後もよろしくお願いいたします!

ライブ情報など、またこちらでもお知らせさせていただきます。

 

 

すべていただきものの写真です。