TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか
TRIAL LESSON レッスンを体験しませんか

【映画】正月に「音楽」を鑑賞しました

 

年明けにひさしぶりに映画を観ました。

と言ってもNetflixの自宅鑑賞ですが。

 

3本ほど観た中で印象的だったのが

「音楽」

という作品。

 

2年ほど前に一部で話題になっており、映画館で観たいと思っていたものの機を逃していた作品です。

詳しくは知らなかったのですが、大橋裕之さんのマンガが原作で、それをアニメーション作家の岩井澤健治さんという方が7年という歳月をかけて1人でアニメに描きあげたのだそうです。

 

昨年公開され話題になったクレイアニメ映画「ジャンクヘッド」もやはり7年の歳月をかけ1人で完成させたもので、その執念とも言うべきバイタリティーに驚きました。

 

 

さて「音楽」ですが、ド直球のタイトルにいやがおうにも期待が膨らみます。

 

 

ちょっとレビューというか感想を書いてみますね。

なるべくネタバレにならないようにしますが、できればまず作品を観てみてください。

 

舞台はとある高校。

携帯電話がまだなさそうなので1990年代初頭かな。だとすると、まさに私がエレキギターを始めた頃です。

楽器に触ったこともない不良学生の3人がおもむろにバンドを結成します。

このバンドの最初の音合わせが最高です。ここからこの映画、ずっと楽しい。

 

声優には元ゆらゆら帝国のギター&ボーカル、坂本慎太郎さんをはじめ個性的なキャストが。岡村ちゃんこと岡村靖幸さんも参加しているとのことですが、誰の声なのかは秘密だそうで観ていても気づきませんでした…。

 

すごくドラマチックなストーリー、というわけではないのですがキャラクラーの魅力かな。

けっこう惹き込まれます。

間が独特でシュールな世界観も個人的には嫌いじゃなかったです。

 

そして肝心の演奏シーンは…

ヤバいです。

 

ありきたりなアニメの演奏シーンとは次元が違います。

情念がこもった素晴らしい描写に感動。

 

劇伴も生々しいロックでかっこいい。

 

その他、いたるところにロック作品へのオマージュがあります。

 

そしてフォークソング部の森田くんの自宅がレコード店のよう。

高校生でこれはすごい。

 

 

私が観た音楽を取り扱ったアニメ作品の中でも、かなり好きな部類でした。

 

未鑑賞の方はぜひ。

 

 

公式サイト

https://on-gaku.info/

 

 

新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

 

旧年中、お世話になった方々へ感謝申し上げます。

 

この1年もみなさま健康で音楽を楽しめますように、

そして今年こそはコロナが終息しますように。

心から願っております。

 

2022年もfestina-lente music schoolを

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

festina-lente music school 代表 高野はるき

憧れのあの人と同じ楽器を持つ

 

SNSかどこかで、山木秀夫さんが私が持っているのと同じ練習パッドを使っている写真を見ました。

 

山木さんと言えば押しも押されぬ日本のトップドラマーで、個人的にもとくに好きなドラマーの1人です。

有名プレイヤーの「シグネイチャーモデル」などにはまったくと言っていいほど無関心な私ですが、そんなちょっとしたことが意外と嬉しかった、と。

 

もちろんシグネイチャーモデル自体にはなんにも否定的な意見はありません。

むしろそういったものが、楽器や音楽を始めるきっかけになったり、練習をがんばるモチベーションになったりすることもあると思いますし。

 

そういえば私も昔はキース・リチャーズの愛機「ミカウバー」に憧れたもんです。(遠い目)

 

 

最近は楽器が欲しいといった欲もあまりないのですが、しいて言えばオーダーメイドのエレキギターが欲しいな〜。

1ピックアップでセミホロウボディの…。

 

はっ…!

今日はクリスマス・イブじゃないですか!

 

サンタさん!!

 

ブログ再開・再起します!宣言

 

しばらくブログの更新が滞ってしまいました。

 

これはイカン…。

 

3年続けてきて、もはや習慣づいたかに思えたのですが

「やめてしまうことの簡単さ」には本当に驚愕します。

 

もちろんこのままやめてしまうわけにはいかないので、がんばって再起・再開してまいります!

 

ネタがあれば書くのは苦じゃないんだけどな〜…。

どなたか心優しい方、ネタをご提供ください。

 

 

楽器や音楽もいったん離れてしまうと、やりたい気持ちはあってもなかなか再開しづらいかもしれません。

ということで、これを読んでくださっている方の中に、楽器や音楽から離れてブランクのある方がいらっしゃったら、私と一緒に再起・再開してみませんか!?

 

 

よく使われるコード(ダイアトニックコード)

 

ポピュラーミュージックの場合、コードという概念やそれを使ったコード演奏といったものが非常に汎用性があります。

ただ、コードと言ってもたくさんあって、覚えるのも演奏するのも一朝一夕にはいきませんよね。

 

でもじつは、1曲に使われるコードの種類ってそんなに多くありません。(もちろんたくさんのコードが使われている曲もありますが。)

しかも、1曲によく使われるコードっていうのは、わりと決まりきっているんです。

 

それをダイアトニックコードって言います。

 

ダイアトニックコードは曲のキーに準じて7つあります。

これがその曲の「主要キャスト」であり、チームスポーツで言うところの「スタメン」だと思ってください。

キーやダイアトニックコードの詳しい説明はここではすっ飛ばしますね。

コードの種類はあまたありますが、1つの曲には7つの主要コードがあると。

 

さらに言えば、その中でもとくに3つのコードが中心となっており、これを俗に3コードと言ったりします。

さらにさらに言えば、その3コードの中でも「真の主役」と言うべきコードが1つあります。これをトニックコードと言います。

ま、用語はあんまり気にしなくていいと思います。

 

 

ということで

数多のコード>7つのダイアトニックコード>3コード>主役のトニックコード

という具合に絞られるわけです。

 

これが分かっていると1曲の中で出てくるコードの検討がつくし、慣れてくるとコード進行(次にどんなコードが来るか)も予測できるようになります。

 

わお!すごい!

 

 

そんな便利なダイアトニックコードを学んだり練習したりするのにぴったりな曲をいくつかあげておきますね。

コード進行を調べて弾いてみてください。

同じキーの曲では同じようなコードが使われているはずです。

 

Let it be / The Beatles  Cメジャーキー

 

空も飛べるはず / スピッツ  Cメジャーキー

 

チェリー / スピッツ  Cメジャーキー

 

桜坂 / 福山雅治  Gメジャーキー

 

Stand by me / Ben E. King  Aメジャーキー

 

マリーゴールド / あいみょん  Dメジャーキー

 

恋するフォーチュンクッキー / AKB48  Dメジャーキー

 

Please Mr. Postman / The Marvelettes  Dメジャーキー

 

おどるポンポコリン / B.B. クイーンズ  Eメジャーキー

festina-lenteレーベル第一弾

 

festina-lente レーベル第一弾!

「Sunset Glow Beach (feat. chie)」高野はるき

12月20日(月)配信リリースです!

 

昨年、chieのスキャット、自分で演奏したピアノ、サックス、ベースなどをiPhoneアプリの「Koala Sampler」でサンプリング&カットアップしたハウストラックをブラッシュアップしました。

BPM116は人にとって心地よいらしいです。

 

ぜひに!

 

各種配信サイトにて

ストリーミング&ダウンロード

よろしくお願いします~!

 

以下リンクより、各種配信サービスへ!

https://linkco.re/2qtApCYd

 

 

ショートバージョンのMVです。

 

合奏は上達のチャンス!ミスを恐れずに

 

誰かと一緒に演奏するとき、思うことって人それぞれですよね。

 

「失敗したらどうしよう…」

とか

「自分があんまり上手くないから迷惑をかけてしまうんじゃないか…」

と思う人もいれば

 

「チャンスだ!」

「上手くできるか分からないけどとにかくチャレンジしよう!」

と思う人もいるでしょう。

 

さらに

「誰かと一緒ならちょっとくらいミスしてもバレないかな」

とか

「上手くいかなくても人のせいにできるから気が楽だ」

なんて考える人もいるかもしれません。

 

 

こういうことって性格なので、「こう思うようにしよう」としてもなかなかできるものではないかもしれません。

私も以前は、上手な人たちとの合奏となると尻込みすることもあったので、消極的なことを思ってしまう人のこともよく分かります。

 

でも、バンドやセッションなど合奏を楽しみたいのなら、なるべく積極的にそういう場に参加した方がいいのは確かだと思います。

 

 

ところで先日Twitterを見ていたら、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスのこんな言葉をシェアしている方がいらっしゃいました。

「素晴らしさはミスから生まれる。新しさもそこから見つかるんだ。ミスを犯すには、今ある所から一歩足を踏み出し、リスクを犯さないと。安全な道だけを選んでいたら、上達はない。」

 

う〜〜む、含蓄のあるお言葉!

さすが真のイノベーター。

 

 

こりゃ、ひさしぶりにマイルスの映像でも観るしかない、とYoutubeを検索すると…

なんと!マイルスの1964年のライブ映像が、カラー化(当時は白黒)してるじゃないですか!

 

セッション練習会レポ

 

もうだいぶ時間が経ってしまいましたが、先日、スクール企画で「セッション練習会」を開催しました。

 

「練習会」って意外とない機会ですよね。

 

バンド単位での練習はよくありますが、バンドという括りがなかったとすると、やっぱり練習は個人でってことがほとんどだと思います。

個人練習自体はもちろん大切ですけど、セッションみたいな合奏の練習ってそれこそセッションの現場でしかなかなかできなかったりします。

 

でも、セッションっていきなり飛び込んでいくのはちょっと度胸が入りますよね。

 

ということで、曲は個々にざっとさらっておいていただいて、

みんなで合奏する練習をしましょう、というのが今回の趣旨。

 

実際には9曲もやったので、1曲づつに練習する時間はあまり多くはありませんでしたが…。

合奏ですからやっぱり適度に緊張感は持ちつつも、今回は「足を引っ張ったら申し訳ない」という気持ちはなるべく持たないように、まずは合奏の楽しさ・難しさを感じていきましょう、と最初にお話をしました。

参加者のみなさま、楽しんでくださったようでホッとしました。

 

 

コロナ禍がありましたので、こういった機会もおよそ2年ぶり??

企画者としては課題も残りましたが、まずはまたこうしてみんなで集まれたことを喜びたいと思います。

 

 

しかしながら演奏した9曲のうち、最も新しいのが小林明子さんの「恋におちて」(1985年)で、他は60年代・70年代の曲ばかりという…。

個人的には古い曲大好きなのでかまいませんが、次はもう少し最近の曲もやりましょう。せめて90年代。w

 

ひさしぶり、ホールで音楽鑑賞

先日、ひさしぶりにホールでの演奏を聴きに行きました。

私のお師匠とchie講師のお師匠が共に出演する公演、東京ザヴィヌルバッハ・リユニオンのライブです。

 

小さなクラブやライブハウスでの演奏が好きですが、たまにはかしこまった場所もいいですね。

ましてやコロナ禍でしたので、ライブを本当に生で鑑賞するのもずいぶんひさしぶり。

 

内容はとても刺激的で、かなり感化されました。

こういう感覚もひさしぶり。

 

やっぱり素晴らしい音楽を生で感じとることは、なによりのインプットですね。

たくさん刺激をもらったので、アウトプットもしていかないと。

がんばることも大事だけど、自分には楽しみながらが性に合ってると思います。

 

ジュディス・ヒル

 

ひさしぶりにレコメンド記事です。

 

今回ご紹介するのは

 

ジュディス・ヒル (Judith Hill)

 

です。

 

ジュディス・ヒルは現在37歳。アメリカ出身のシンガーソングライター。

 

ジュディスの名前を最初に聞いたのは、マイケル・ジャクソンの幻となった最後のツアーのリハーサル・舞台裏を収めた映画「THIS IS IT」の中です。

そこでマイケルのデュエット相手に抜擢されたのが彼女でした。

 

その後は、人気オーディション番組「The Voice」に出演。

 

そして、プリンスの最後の愛弟子として彼と行動を共にします。

プリンスの最期にも彼の側にいたそうです。

 

 

「マイケル・ジャクソンとプリンスという2大スターから太鼓判を押された」

ということがとてもキャッチーなコピーとなっているのは事実ですが、そのパフォーマンスを拝聴すると、そのコピーに勝るとも劣らないすばらしい才能であることが分かります。

 

テクニック的な表現力が高いのはもちろん、圧倒的にエモーショナルなヴォーカル。

ハスキーな声もステキです。

そして自身でプレイする鍵盤やギターのセンスのよさ。

さらに曲全体やショーを掌握・コントロールする力は、まさにマイケルやプリンス譲りのものがあります。

 

 

彼女はアフリカン・アメリカンのベーシストである父と、日本人のピアニストである母の間に生まれます。

彼女のライブパフォーマンスには両親もバンドメンバーとして参加しており、とても息の合った演奏を聴かせてくれます。

一緒に演奏するのは「ファミリーだから」という理由だけかと思いきや、

お父さんもお母さんもバキバキの凄腕セッションプレイヤーで腰抜かしました。

サラブレッドってやつですね。

 

 

プリンス亡き今、数いる彼の意思を継ぐアーティストの活躍に期待しておりますが、中でもジュディス・ヒルは注目株です。

 

 

直球ファンク!

お父さんもお母さんも素晴らしい。

 

なんかMISIAがチラつきますけど。w

やっぱりブルースやゴスペルがどっしり根っこにあるんだよな〜。

ベースはプリンス繋がりでモノネオン!

 

こんなん泣いてまうやろ〜〜。

 

テレビ番組「The Voice」より。

これでも勝ち残れんのか〜〜…。