【ギター】好きなギタリスト③

好きなギタリスト、1人、2人と挙げてきましたが、3人目、う~~ん……

 

誰かなーー。

 

やっぱ、アレですかね。

 

ジミヘン。

 

もっと、意外な人選ができればよいのですが。

……ほんと面白いこと言えずすみません。

 

でも、しょうがないですね。ジミヘンです。

 

エモかっこいいです。

ブルースがあります。

キース・リチャーズにもプリンスにもジミヘンにもブルースがありますね。

やっぱり、ロックだファンクだジャズだ、と言ってもエレキギターっていうのはそこにブルースがないとなー、と思います。

 

そしてブルースは歌とギターがセットですから、歌わないギタリストはちょっと

ジミヘンは歌はそんなに上手じゃないかもせれませんが、やっぱりあの歌とあのギターのセットがいいんですよね。

 

 

ところでこの好きなギタリストの記事ですが、意外にキツイです。笑

ちょっと好きなギタリスト、気になるギタリストはいっぱいいるんですが、この人のファンです!ってのは挙げづらい。

 

てことで次回は、さほど思い入れもないような人も含め、ちょっと好き、ちょっと気になる、くらいの人(失礼!)を羅列させていただきます。

 

 

とりあえず自分で歌った「Litte Wing」を貼っておきます。

初心者のための音楽理論 (10)

 

音楽理論講座の10回目です。

 

 

・キー (Key) とは

 

前回の演劇の例えをそのまま用いてみると、

音楽の「キー」とは、どんな演目なのか、喜劇なのか、悲劇なのか、主役は誰なのか、を一言で言い表したものです。

「エディー・マーフィー主演のコメディ」という感じで。

 

「喜劇なのか、悲劇なのか」が音楽では「メジャーキー(長調)かマイナーキー(短調)か」となります。

ざっくりと、メジャーキーの音楽は明るく、マイナーキーの音楽はもの悲しい。

でも、笑えて泣けるような劇もありますね。音楽でもメジャーキーかマイナーキーかがはっきりしないようなものもあります。

 

 

・トーナルセンター

 

で、この主役だけを指すものを音楽では「トーナルセンター」と言います。

「トーナルセンターはB♭ね」というのが、「主役はエディー・マーフィーね」と同義です。

でも、上記の「キー」という表現の中に主役が誰なのかも含まれているので、音楽をやっていると「トーナルセンターは何?(主役は誰?)」よりも「キーは何?(どんな演目?(主役がだれかも含む問い))」というやり取りの方が一般的ですね。

 

 

・音の数

 

さて、主役を決めて劇を始めていきたいわけですが、そもそもこの劇団、劇団員は何人いると思いますか?

 

……はい。12人です。

 

音域の広いピアノでも、「1オクターブごとのまとまり」が何度も繰り返されているだけでした。つまりそれぞれに音名がつけられた音は12個しかない。※異名同音(C♯D♭など)は、それで1つと数えます。

 

A, A#/B♭, B, C, C#/D♭, D, D#/E♭, E, F, F#/G♭, G, G#/A♭

この12個です。これが12人の劇団員。

 

ただし、1つの演目につき、12人全員が出演するようなことはまずありません。

登場人物が多すぎてわけわからなくなっちゃう。

劇や映画では、やたらと登場人物が多い群像劇もありますが、やっぱり主役、脇役、モブ、特別出演のちょい役とかに分けられますもんね。

12人みんなが主役!となると、音楽では、前回お話した無調音楽になってしまいます。

 

では何人くらいが適当かというと……

 

7人です。

(場合によってはもっと少ないこともありますが、基本は7人と思ってください。)

 

その7人は、誰が主役で、喜劇なのか悲劇なのか、によって12人の内から選抜されます。

つまり「キーによって、使われる7音が決まってくる」ということです。

 

「トミー・リー・ジョーンズ主演のアクションコメディだったら、相棒はウィル・スミスで決まりでしょ!んでヒロイン役が・・・」といった具合に決まってくる、と。

 

 

・ダイアトニックノート

 

ここで、悲しい劇、つまりマイナーキーについては、いったん脇に置いておいてお話を進めます。

喜劇、つまりメジャーキーの場合、主役であるトーナルセンターを基準のDoとし、インターバルがDo Re Mi Fa Sol La Tiとなる音を確認しましょう。

それが7人のキャストというわけです。

この7人のキャストをまとめて、「ダイアトニックノート」と言います。

 

では例題。

Aメジャーキーのダイアトニックノートは何でしょう」

 

答えは、A, B, C#, D, E, F#, G# の7音です。

 

もういっちょいきましょうか。

E♭メジャーキーのダイアトニックノートは何でしょう」

 

答えは、E♭, F, G, A♭, B♭, C, D の7音です。

大丈夫ですかね?

 

こんな感じで、いろいろなメジャーキーのダイアトニックノート、つまり主役が変わったときのキャスト7人は誰になるのかをチェックしてみてください。

プラスティック・ラブのコード進行で

 

また何か録音してみようということで、

竹内まりやさんの「プラスティック・ラブ」を、と思ったのですが、

歌メロ度外視でギターを凝りすぎてしまい、結果、インストに……。

 

しかし動画の編集ってのは大変ですね。

がんばったあげく、サブリミナル的に入るブラシドラムで爆笑されてしまいました。

 

 

思い出したように聴く

 

音楽が好きな人にとって、チャカといえばもちろんチャカ・カーンでしょうが、こちらのチャカさんも忘れてもらっては困ります。

 

PSY・SCHAKAさんですね。

 

懐かしい。

 

最近の映像を見ると、ジャズっぽい感じが多いのかな。もともとそういう畑の人ですもんね。

 

相変わらず素晴らしい歌声です!

 

地元の関西での活動が多いみたいですが……あ、でも、洗足音大の教師って書いてある!

 

 

 

そして、関西の女性シンガーでもう1人思い出したのが、坪倉唯子さんです。

 

誰?と思ったかもしれませんが、彼女の歌声は誰しもが1度は聴いているはず。

 

「おどるポンポコリン」で。

 

B.B.クイーンズ以外でもソロやコーラスで活躍していました。

 

この方も、本格派の歌い手として知られていますね。

 

CHAKAさんとは少し活動のフィールドが違うのかなロックとかブルースよりですね。でもほぼ同時期に表に出てきた印象です。

2人にあまり接点はないかと思いきや、坪倉さんも洗足音大で教えているんですね!

 

18歳!

初心者のための音楽理論⑨

はい、お待たせしました。音楽理論講座の9回目です。

 

前回までのお話が全部準備段階だったという衝撃の展開。ガクブル。。。

恐る恐る中身に入っていきますよ~。

 

ここであらためて確認しておきますと、この講座はポピュラーミュージックの音楽理論講座です

世の中にはじつにさまざまな音楽がありますが、ここでの理論は、そのすべてに当てはまるものではなく、まあ言ってしまえばポップスとか、ロックとか、ジャズとか、ソウルとか、そういう音楽でのものです。

ポピュラーミュージックはつまり、「アメリカを中心にヨーロッパ、中南米、そして日本において広がりを見せる近代的な商業音楽」というやつですね。

 

どういうものかというと……

まずざっくりと、音楽は「調性音楽(キーがある音楽)」と「無調音楽(キーがない音楽)」とに分けられます。

無調音楽というのはこういうのです。

 

あとはこんなのも無調音楽と言えますかね。

 

どうでしょう?おそらくみなさんがやりたい音楽というのとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

この講座ではこの手のやつはちょっと脇に置いておきましょう。

 

逆に、こういう把みどころのない、もしくは非常にエキセントリックなもの以外は全部が調性音楽です。

つまりポピュラーミュージックはおよそ調性音楽です。

この理論講座は調性音楽の中の話ってことですね。

 

 

さて、アメリカでは19世紀以降、西洋のクラシック音楽アフリカ大陸の太鼓の音楽がいろんな形で何度も交配されました。その結果、ブルースやジャズ、その後に続くいろいろな音楽がが生まれます。

 

一方で、調性音楽を演劇に例えるならば「起承転結の場面転換がはっきりした劇」「場面がずっと変わらなかったりするような、ちょっとシュールとも言えるような劇」とに分けられます。

 

日本においてポピュラーミュージックとして以前から親しまれているのは、前者の「場面転換がはっきりしていて、ストーリーがオチに向かって展開していく劇タイプ」の音楽でした。

このタイプの祖先は、様式美を重んじる西洋のクラシック音楽です。

 

昨今は、後者の「分かりやすいストーリーなどなく、ほとんど場面も変わらずに、じわじわと何かを感じさせる劇タイプ」の音楽が、特にアメリカで流行っており、その影響で日本でもそういう音楽が増えてきました。

このタイプの祖先は、アフリカ大陸の民族・民俗音楽です。例えば一晩中大勢で太鼓を叩き続けるようなやつです。

 

いま現在、日本でポピュラーミュージックといったら、この前者のタイプと後者のタイプがごちゃっと入り混じっている状態です。もちろんどちらが良い悪いということはなく好みの問題ですし、両タイプが絶妙にブレンドされているものもたくさんあります。

 

ここでの音楽理論は基本的に西洋の音楽を土台としています。捉え方、考え方、用語など。

これはもちろん、西洋の音楽を考えていく上ではすんなりいくわけですが、世界中にあるさまざまな音楽(いわゆる民族・民俗音楽)には当てはまらないことが多々あります。

で、アフリカ大陸の太鼓の音楽は、非西洋音楽であり、いわゆる民族・民俗音楽ですので、西洋音楽をベースにした理論が当てはまらない。

その子孫である、ブルースやジャズ、ファンク、ヒップホップなども然りです。

でも今ある音楽理論は、それらをもなかば強引に説明をつけようとしているため、ところどころに歪みが出てきたりします。

つまり、万能ではない、と。

 

以前にも言ったのでくり返しになりますが、そんなこんなで、音楽理論はルールではありません。上記のように、対象によっては歯切れが悪くなってしまうものでもあります。自由な発想は常に持ちながら、理論を活用していきましょう。

 

 

とにかく今回は、「場面転換がはっきりしていて、ストーリーがオチに向かって展開していく劇タイプ」の音楽と、「分かりやすいストーリーなどなく、ほとんど場面も変わらずに、じわじわと何かを感じさせる劇タイプ」の音楽があるんだ、ということを踏まえておいてください。

 

つづきますーー。

 

伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンさん

5月の夜に思うこと

今日はエリザベス・コットンの映像をどうぞ。

 

 

私もあまり詳しくないですが、伝説とも言われる黒人の女性フォーク・ブルースシンガーです。

 

これはいつ頃撮影されたものでしょうね。

彼女の歳のころで80歳前後でしょうか。

ウィキ先生によると、1895年生まれで1987年に亡くなったとあります。

 

この曲「Freight Train」は、彼女が11歳で作ったそうです。

デビューは遅く、63歳。

それから92歳でお亡くなりになる直前まで演奏活動をしていたということですが、11歳で作った曲を晩年まで演奏していたと思うと、なんだかじんわりきます。

 

この曲はPP&Mやボブ・ディランもカバーしています。

 

右利き用の楽器をそのまま左で構えて弾くという独特なスタイルから紡がれるギターの音色と、人生の年輪を感じさせる歌声。

途中、小鳥のさえずり効果もあって、全てが素朴であたたかいです。

 

歌詞の内容は、けっして明るい未来を歌ったものではないように思いますが、彼女のブルースには優しさとその奥にたくましさが感じられます。

 

 

虚勢を張らず、あるがままの自分を表現できるように、そんな音が奏でられるようになっていきたいな、と思った5月の夜でした。

 

プロモーション動画公開!

あったかくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、この度……

festina-lente music school

プロモーション用動画を作ってもらいました!

 

 

これでだいぶ雰囲気が伝わるんじゃないでしょうか。

素敵な動画を制作していただき、喜んでおります。

 

 

スクールはほぼほぼ設備も整い、新しい講師もスタンバイOK!

各コース生徒さんを募集しております。

 

Youtubeのチャンネル登録などもしていただけると嬉しいです。

 

 

 

【ギター】好きなギタリスト②

好きなギタリスト2人目は…

 

プリンス

 

です。

プリンスのギターがめちゃめちゃカッコイイ、というのはファンやよく知る人にとっては言わずもがなですが、世間的にはギタリストとしてはあんまり知られてないんじゃないかと思います。

 

まぁ、奇抜な見てくれと、踊りながら歌うステージのイメージが先行してるかもですね。

加えてプリンスは、ギターのみならずあらゆる楽器を演奏して1人でアルバム作っちゃうマルチプレイヤーでもありますし。

 

そんなこんなで、ローリングストーン誌の選ぶ「歴史上で最も過小評価されているギタリスト」ランキングの第1位という、輝かしいのかなんなのかわからない称号ももらっています。

 

私自身、彼を純粋にギタリストとしては見ていないですね。

ファンですね。単に。

バットマンのサントラくらいからがリアルタイムです。

亡くなったというニュースを聞いたときはショックでしたねー。泣きました。

 

まぁ、キース・リチャーズもそうですが、プリンスのようなビッグネーム、なおかつカルトなスターには、ものすごい詳しいマニアがたくさんいるので、私なんかがあんまり語ることもないのですが。

 

 

プリンスのギタープレイ

 

リードギターはジミヘンとかサンタナの系譜ですかね。めっちゃエモーショナル。

そして、ファンキーなカッティングはキレッキレの切れ味。テンションノートの使い方も洒落てます。

 

彼はとにかくギターを体の一部のように扱います。そういう意味ではキースの弾き様とも共通するところはありますが、プリンスの場合はカッチリ弾いています。あんなに動いてよくこんな上手く弾けるなーとホント感心します。

コントロール力が高くて、ミスタッチとかしないです。余分な音がなくて、スクラッチノイズとかゴーストノートも良いところに入れてくる。

 

エフェクティブなギターサウンドもプリンス印で、かなり特徴的です。BOSSのエフェクターばかりを直列でつなぐという、高校生みたいなシンプルなセッティングからあの音が出てるとはにわかには信じがたい。

 

 

もちろんギタープレイ以外にも素晴らしいところがいっぱいあるプリンスですので、なんとなく見た目で敬遠していたような方もぜひ聴いてみてください!

 

 

 

 

初心者のための音楽理論⑧

音楽理論講座の8回目です。

 

実際、いろいろな楽器の音域(一番低い音から一番高い音までの幅)は、

88鍵のピアノで7オクターブちょっと、ギターは4オクターブ弱、ベースは3オクターブ、サックスは2オクターブ半くらい、フルートは3オクターブ……といった感じです。

7オクターブというのは、一番低い音を基準音にしたとき、Do Re Mi Fa Sol La Tiと上がっていって、1オクターブでまたDoになりますね。そこからまた、Do Re Mi Fa Sol La Tiと上がっていって、2オクターブ上のDoに、さらにDo Re Mi Fa Sol La Tiと上がって3オクターブ上のDo……7回くり返していくわけです。

ピアノは、いろいろある楽器の中でももっとも音域が広い楽器です。

 

で、ベースとフルートを比べると、音域の幅はそれぞれ3オクターブほどですが、その高さ(帯域)はかなり違います。ベースのうんと高いところと、フルートのうんと低いところが、ギリギリ少し被るくらいです。

フルートには、アルトフルートやバスフルートなど音域が低いものもあります。

 

前回、「理論のお話をする上では、下向きのインターバルを使って表現することは、基本的にはなく、例えばLaといえば、メジャー6thのことになります。」とお話しました。

ということはどういうことかというと、「ベースとフルートは音域の高さが全然違うけど、その高さの違いを考慮してインターバル(ようはディグリー)を言い換えることはしない」ということです。

 

伝わりますかね

 

ベースでもフルートでも、ある音、例えば「C」を基準音としたとき、その「C」はまったく同じ高さじゃなくてもいいんですね。3オクターブとか4オクターブとか離れていても、「C」は「C」だとして、それを基準音としたインターバルを考えていく上で違いはないとしていきます。

 

補足:音域の広いピアノでは、例えば「C」の音はいくつもありますね。音楽理論を考えていくとき、いったんそのそれぞれを区別しなくていいということですが、高さが違う音であることは事実です。それを区別していこうとしたとき、低い方の「C」から順に、C1, C2, C3, C4, C5,C6, C7, C8としていきます。

 

意外とこの辺りの丁寧な説明を見聞きしたことがないです。分かっている人からすると「わざわざ言わなくても」ということかもしれませんが、こういうところをうやむやにしないで踏まえていくことが大事なような気がします。

 

ということでいろいろお話してきましたが、じつは今回まではすべて下準備です。

でも、準備がしっかりできていれば、始まってからはスムーズに進むのは、音楽理論に限ったことじゃないですよね。

ここまでをしっかり整理していただいて、いよいよ次回から中身に入っていきます。

よろしくお願いします~。

達者な若者3人組

今日はひさしぶりにオススメを。

 

スウェーデン出身の3人組バンドDirty Loopsです。

デビューしたのはもう45年前ですかね、けっこう経ちますけど、その時はかなり話題になりましたね。

日本のワイドショーとかにも出てましたし、ご存知の方も多いかと思います。

 

3人は音楽学校で出会いバンドを結成したようです。

アイドル?のヒット曲をカバーしてYoutubeに動画をアップして世にアピールしていったところ、かのデヴィッド・フォスターの目にとまり、デビューとなったようです。

 

ヴォーカル&キーボード

ベース

ドラム

3人組。名前はわからないです。すみません。

3人ともまだ20代かな?若いです。

 

バンドの特徴は、と言われるとですね……

 

とにかく上手いです。

 

ムチャクチャ上手い。

歌も鍵盤もベースもドラムも。

6連譜のキメとかバシバシ入れてきます。

パートの数はけっして多くないのに、モリモリの音数。

 

ディスコ、ニューウェーヴ匂わすようなシンセ使いも特徴的です。

でも、シンプルなグルーヴで練り上げる演奏じゃなくて、怒涛のフレーズのシャワーです。

リズムは超タイトです。

 

まぁでも世の中には「上手い人」ってのはいっぱいいるでしょうから、彼らはそれだけじゃなく独創性とかキャラ立ちとかがあるんでしょうね。

 

私が買ったCDは、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生がジャケットの絵を描いたやつでした。

 

このところぜんぜん名前聞かなくなっちゃったなー、と思っていたら、今日いきなりYoutubeのオススメに彼らの新しい動画が出てきました。

それで思い出したようにこの記事を書いたわけですけど。