【ベース】初心者のベース選び④その他のメーカー編

 

初心者にオススメのエレキベース。

前回、フェンダーを3本ご紹介しましたので、今回は他のメーカーからいくつかご紹介します。

 

 

 

RAY34 / Sterling

フェンダー系以外でよく見かけるベースに、MUSIC MANというメーカーのスティングレイというモデルがあります。

ジャズベース、プレシジョンベースよりも後年に作られたスティングレイの特徴は、アクティブ回路です。楽器本体にプリアンプを内蔵し、音色を高音、中音、低音に分けてコントロールできる、3バンドイコライザーを搭載しています。(乾電池が必要)

ピックアップはシングルコイルを2つ並べた構造でパワフルかつノイズが少ない、ハムバッカータイプを1つマウントしています。

とてもプレイアビリティが高いスティングレイですが、その廉価版がこのRAY34です。SterlingMUSIC MAN直系のブランドです。

ボディ材はアッシュという木で、やや重めです。

ネックはやや細め。

スティングレイと同じタイプのハムバッカーピックアップ。

コントロールノブはボリュームと、3バンドイコライザーの高音、中音、低音。

 

 

 

WB RB CORVETTE BASIC4 / Warwick

スティングレイよりもさらに後年になって、ベースという楽器のシェアで地位を築いたワーウィックというメーカーがあります。エレキギターは作っていないんじゃないかな?ベース専門のようなイメージです。

多数の有名ベーシストも使っていますし、ベースという楽器に踏み込んでみたい方にはオススメです。

ロックベースシリーズはワーウィックではもっとも安い部類のモデルですが、コストパフォーマンスの高い楽器です。

ボディ材はアルダーで軽め。

スケールはやや短いミディアムスケール。ボディも小ぶりで取り回しが容易です。

この手のベースではアクティブ回路が当たり前のようになっていますね。

ピックアップはジャズペースと同じく、シングルコイルをフロントとリアに1つづつ。

コントロールノブはボリュームと、イコライザーの高音、低音。さらにフロントとリアのピックアップをブレンドするバランスコントロールが付いています。

 

 

 

BB434M / YAMAHA

楽器ならなんでも作っているんじゃないかという、日本が世界に誇る総合楽器メーカー、ヤマハ。どの楽器でも高水準の質をキープするあたり、さすがです。

エレキベースでも、このBBシリーズは以前から高い評価と根強い人気を保っています。個人的にはヤマハは、エレキギターよりはエレキベースの方が良いものが多い気がします。

ちなみに、私が一番最初に買ったベースは90年頃のBBでした。

選んだのは現行のBBシリーズで5万円を少しオーバーするモデル。

ボディ材はアルダーで、やや大ぶり。

スケールはロングスケール。

このベースにはアクティブ回路は使われていません。そういうのをパッシブと言います。

ピックアップは、フロントにプレシジョンベースの、リアにジャズベースのピックアップをマウントした、PJタイプ。

コントロールノブはフロントピックアップのボリューム、リアピックアップのボリューム、音のカラーを変えるトーンコントロールの計3つ。

 

 

 

ということで、初心者にオススメのベースはこんなところで。

また思いついたら追加します。

次回はエレキベース本体以外について、最初に買い揃えるべきものをお話ししていきます。

【ベース】初心者のベース選び③フェンダー編

 

今回は初心者にオススメのベースをピックアップしてみようと思います。

 

 

 

 

Player Jazz Bass / Fender

 

個人的にはベースを1本選べと言われれば、迷わずこのフェンダーのジャズベースです。

やや細めでプレイアビリティの高いネック、2つのシングルコイルタイプのピックアップを搭載したことによる音作りの幅広さ、左右非対称のカッコいいルックス……

後述するプレシジョンベースと比べると、低音だけでなく、中音域にもハリがある印象です。

由緒正しいフェンダーブランド。その中ではもっとも安い部類のモデルですが、基本を押さえたフェンダーの名に恥じないモデルです。

スケールはロングスケール。

ボディ材はアルダーという木で、これもフェンダー系では王道。比較的軽めです。

音を拾うピックアップはシングルコイルを、フロントとリアで計2つ。

コントロールノブはフロントピックアップのボリューム、リアピックアップのボリューム、音のカラーを変えるトーンコントロールが1つで計3つ。

ここでは指板がローズウッドという木のモデルを選びましたが、メイプル指板のモデルもあります。若干弾き心地が違いますが、見た目で選んでもいいと思います。

 

 

 

 

Player Precision Bass / Fender

 

元祖エレキベース、プレシジョンベースの現代版。

どっしりとしたルックス、太めのネック、スプリットシングルコイル(段違いになったシングルコイル)による太いサウンド。

ジャズベースと比べると、力強く、より無骨な、ベースらしいベースと言えるかもしれません。

上記のジャズベースと同じラインで、フェンダーではもっとも安い部類のモデルですが、基本を押さえたフェンダーの名に恥じないモデルです。

スケールはロングスケール。

ボディ材はアルダー。比較的軽めです。

音を拾うピックアップはスプリットシングルコイルを1つ搭載。

コントロールノブはボリュームと、音のカラーを変えるトーンコントロールが1つずつ。

ここでは指板がメイプルという木のモデルを選びましたが、ローズウッド指板のモデルもあります。若干弾き心地が違いますが、見た目で選んでもいいと思います。

 

 

 

 

Mustang Bass PJ / Fender

 

フェンダーのエレキギター、ムスタングのベース版。

ムスタング同様、コンパクトなボディとショートスケールが特徴です。

このモデルはオリジナルのムスタングベースと違い、ピックアップがPJタイプ(フロントにプレシジョンベースの、リアにジャズペースのピックアップを搭載する)ですので、音作りの幅が広くなっています。

手の小さな方、小柄な方にはオススメのベースです。音はやや軽めですが、前回お話ししたように、アンプや音創りを工夫していけば大丈夫です。

ショートスケールは音程に関しては若干不安定になりがちですが、使い物にならないというわけではないのでご安心を。まずはしっかりチューニングすることが大事です。

ボディー材はアルダー。コンパクトで軽い楽器です。

コントロールノブはボリュームと、音のカラーを変えるトーンコントロールが1つずつ。

使うピックアップを選ぶ、3段階のピックアップセレクタースイッチが付いています。

 

 

 

 

それぞれボディーカラーは何色かバリエーションがあります。

もちろんお好みでどうぞ。

もしお悩みでしたら、ジャズベース、プレシジョンベースなら、サンバーストという木目を活かしたカラー(カラーというか塗装)がいいんじゃないでしょうか。

 

 

今回はフェンダーの3本でした。

エレキベースでもエレキギター同様たくさんのメーカーがたくさんのモデルを出しています。

その中でもフェンダー社とそのモデルの担うシェアおよび歴史的重要度は、群を抜いて高いと思います。

王道を行きたければ、フェンダーのベースを選んで後悔はないと思います。

 

 

ちなみに、フェンダーのライセンスを使って日本で作られ売られていた、フェンダージャパンというブランドは今現在はなくなっています。

アメリカ製のフェンダーの廉価版という位置付けではありましたが、さすがメイドインジャパン、かなり質の高い楽器でした。

まだ市場には残っていたり、中古はたくさん出回っています。

中古楽器については、またあらためて書いてみたいと思います。

 

【ベース】初心者のベース選び②

 

前回は初心者がエレキベースを買うときのオススメを、見ため優先ということと、価格帯の観点からお話ししました。

 

ということで、5万円以上の自分が気に入った見ための楽器がオススメです。

 

が、これじゃあんまりにもざっくりなので、いろいろある楽器にはどんな種類があって、それによってどう違いがあるのかをお話ししてみます。

 

見ため以外で大きな違いというと、サイズ重さ音色などが主だったところでしょうか。

 

 

・サイズ(スケール)

ここで言うサイズとは、弦が張られている端から端までの長さを指しています。この長さをスケールと言います。

ざっくりと、これが長いものと短いものがあります。

本来のベースらしい音を得ようとするならば、また、より音程を安定させようとするならば、スケールは長い方がいいのですが、その分、弦の張り(テンション)が強くなって押弦が大変になります。

また、スケールが長いと、指板に打たれているフレットの間隔が広くなるので、よほど手が大きな方でなければ、ショートスケールの方が運指しやすいと思います。

 

・重さ

これは上級者でも人によっては気にするポイントだったりします。

重さは主に使われている木の種類(材質)によって変わってきます。

重い楽器というのは演奏時のみならず、移動のときにもとっても大変です。こなきじじいです。

でもこれまた、重い楽器の方がずっしりした低音が出ると言われています。

実際に比べるとそうかもしれないが、うーーむ。

 

・音色

これに一番影響を及ぼすのは演奏そのものです。そう思いたい。

それを抜きに考えると、アンプとそのセッティングが大事になってきます。アンプにはいろいろなツマミがついていて、それをいじくることで音の感じがかなり変化します。

あ、エフェクターという、思いっきり音を加工したり変化させたりする道具もありますね。

でも、これらはエレキベースの本体の外の話。

エレキベースの本体で言えば、ピックアップという音を拾うパーツによって違いが出てきます。

しかしその違いは、演奏、アンプやそのセッティング、エフェクターの使用などによる違い(変化)にくらべれば小さなものかもしれません。

 

 

サイズや重さのところでも言いましたが、ようは「ベースらしい音、ずっしりとした低音」「弾きやすさ、扱いやすさ」とで天秤に掛けるということなのですが、アコースティックならいざ知らず、エレキベースの場合は音に関して本体だけに依存するわけではありません。

ですので、初心者の方は「弾きやすさ、扱いやすさ」の方を重要視しても良いように思います。

とくに女性や小柄な方は、軽く、小ぶりで、押弦や運指がしやすい楽器を選ぶのも一考です。

 

スケールが長いことや、ある程度の重さがあることが気にならないようであれば、後々のことを考えると、オーソドックスなタイプにしておくと良いかと思います。

 

次回は具体的に、メーカーやモデルをピックアップしてみます。

【ベース】初心者のベース選び①

 

ベースが、ベーシストが、いかにカッコいいかをお話ししてきました。

いきおい「ベースをやってみようかな」と思ったそこのあなた!すばらしい!

 

そんなあなたに、ベースを始めようとしたときに揃えるもの、あると便利なものをご紹介していきます。

今回はエレキベース(ベースギター)に絞ってお話しします。コントラバスはあらためて。

 

まずは楽器ですね。これがないと始まりません。

 

手前味噌ですが、当スクールではレッスン時に楽器の無料レンタルをしています。

試しに少しやってみたい、という方は楽器がなくても始められます。ぜひ。

 

と宣伝をはさみつつの、楽器です。

初心者の方は何を買ったらいいか分からないですよね。

でも、はっきり言ってですね……

「見ため」で選べば良いと思います。

 

好きなベーシストがいるなら、その人の楽器と同じような見てくれの楽器とか。

その人の楽器と同じメーカーの楽器とか。

 

楽器はピンキリなので、当然、質の良し悪し、サウンドキャラクターの違いなどありますが、まったく弾けないうちは、そういうことより「見ため」の方が大事な気がします。

抱えているだけで嬉しくなるような見ための楽器は、実際に弾いて練習していく気持ちを後押ししてくれると思います。

 

 

ここで1つ。

よく「初心者用」という言葉を聞きますが、はっきり言って、ベースに限らず楽器には「初心者用」というものは基本的にないと思っています。

(初心者向けのセッティングというのはありますが。)

本来であれば、初心者だろうが上級者だろうが、質の高い(丁寧に作られた精度の高い)楽器を使うに越したことはありません。

 

ただ、質の高い楽器はおのずとある程度高い値段になってしまいます。

やったことのない人にとっては、その買い物はなかなか気合いが必要です。

そういう意味で「安価な楽器」の価値もあるわけで、ようは「初心者用」はニアイコールで「安価な楽器」ということになります。

 

そういう楽器が作られ売られていること自体は、楽器を楽しむ人を増やしていくためにも良いことですよね。

ただ、メーカー側が激安を追求すると、どうしても質という点で妥協していかなくてはならなくなります。

すると、いわゆる安かろう悪かろうの楽器も出てくるわけです。

 

ようは程度の問題ですが、ここの見極めが初心者の方には難しいですよね。

 

どうすればいいか……

 

ズバリ、定価で5万円以上するものをお求めになるのが良いと思います。

5万円という値段はエレキベースとしてはけっして高くはないです。そもそも、楽器は安いものじゃないです。

これからがんばろう!というモチベーションの表れとして、5万円の楽器を買うことは悪くないと思いますし、5万円する楽器であれば、極端に質が悪いということはなく、当分は、いや、丁寧に弾いていけばずっと使える物だと思います。

 

 

逆に楽器には、装飾的な要素によって、もしくは付加価値によって、メチャクチャ高い値段がつけられているものもあります。

極端なのだと何千万円とか何億円とか。

そこまでじゃないにしても、5万円と言わずもっと高いのも買えるよ、というお金持ちな方もいらっしゃるかもしれないですね。

羨ましい限りです。

でも知識がないのに、歴史的価値の高い楽器とか持っててもしょうがないですからね。

そうですね~、エレキベースだったら、20万円前後でかなり質のいい(プロや上級者も使うような)楽器が買えるんじゃないでしょうか。

 

 

あと、5万円と聞いて、「え!こないだ25千円のベース買っちゃったよ~」という、5万円より安い楽器をすでにお持ちだという方も当然いらっしゃるでしょう。

それは、もう、まったく問題ありませんので。安心してください。

しっかりメンテナンスして、ご自分に合ったセッティングにしていただければ、よほどでない限り使えない楽器はありませんから。

けっきょくは値段ではありませんので、ご自分の楽器を大切に、そして思い切りよくどんどん弾いてください。

 

【ギター】ギタリストをピックアップ⑤ブラジル編

 

好きなギタリスト、ということで書き始めたこの記事ですが、もはやただの紹介コーナーになってしまいました。

今回は天才、鬼才、奇才の宝庫、ブラジル編です。

いってみましょう。※順不同

 

 

ローリンド・アルメイダ

ブラジル音楽としてより、ジャズの文脈で知りました。若い時にジャンゴ・ラインハルトに影響を受けたそうです。

 

 

バーデン・パウエル

ジョビンやジョアン・ジルベルトと同じく、ボサノヴァが生まれる前から活躍した人で、ヴィニシウス・ヂ・モライスと素晴らしい作品を残しました。演奏のタッチ、シンコペーションが最高です。

 

 

ハファエル・ハベーロ

ボサノヴァやジャズよりも歴史が古いショーロというスタイルで主に演奏をしました。いや〜、まさに天才的な技巧です。ですが1995年に、とっても悲しい形で亡くなってしまいました。

 

 

ギンガ

この方、知らなかったんですが、ヤバいっすね。エリントン卿もビックリのハーモニーワーク!美しいです。

 

 

エグベルト・ジスモンチ

ギタリストの項だけで語って良いものなのか、ブラジルが生んだ鬼才。ピアノと多弦ギターで宇宙に連れて行ってくれます。

 

 

エルメート・パスコアール

極めつけ!ギタリストの項で語って良いものなのか、ブラジルが生んだ奇才。あらゆる楽器、この世の様々な音をすべて音楽にしてしまいます。

 

 

ヤマンドゥ・コスタ

はっきり言って最強です。最強のギタリストです。もう信じられないくらい最強です。

動画も2つ貼っちゃいいます。てか、YouTubeをやってるんですね。

 

 

いや〜〜〜、ヤバいっす。ブラジル。

ボサノヴァの神

 

ジョアン・ジルベルトが亡くなってしまいました。

悲しいです。

 

Wikiには………

作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンや作詞家のヴィニシウス・ヂ・モライスらとともに、ボサノヴァを創成したとされている。特にジョアンのことを「ボサノヴァの神」、「ボサノヴァの法王」などと呼ぶこともある。

とあります。

ボサノヴァのオリジネーターですからね。偉大すぎます。

 

ボサノヴァやジャズサンバは聴くのもやるのも好きですが、ブラジル音楽はディープすぎて、なかなか奥に踏み込めずにおります……。

 

そんな私は、ジョアン・ジルベルトというと、どうしてもこのアルバムです。

「GETZ/GILBERTO」Stan Getz & Joao Gilberto

いろいろ曰くもあり、純粋なボサノヴァのアルバムとは言えないんじゃないかという声もありますが、私はこの折衷感はとても好きです。

 

すばらしい音楽をたくさん残してくださり、ありがとうございました。

やすらかに……。

 

 

 

追悼のつもりで「イパネマの娘」を録音してみました。

ここはポルトガル語で歌うべきところでしょうが、わからなすぎて英語バージョンです。すみません!!

 

 

雨の歌⑤

 

今日はがっつり雨ですね。

雨の日用の靴を履いて来たとはいえ、やっぱり嫌です。

……では雨の歌、いきます。

本日は洋楽のスタンダードです。

さすがに名曲ばかり。

 

 

Singing In The Rain / Gene Kelly

雨の歌といえば、これでしょう。有名な映画のワンシーン。あらためて見ると、けっこうなどしゃ降り……。

 

Come Rain Or Come Sunshine / Ray Charles

大スタンダードですが、オリジナルが誰だかわからず調べたら、やっぱり誰だかわかりませんでした。いろんな人に歌われていますが、今回はレイ・チャールズを。

 

Raindrops Keep Fallin On My Head / B.J. Thomas

敬愛するバート・バカラックの作品。子供の頃に使っていた目覚まし時計のアラーム音がこれでした。

 

Rainy Days And Mondays / The Carpenters

メロディーがキレイな曲ですね。

 

Les Parapluies De Cherbourg / Michel Legrand

あぁ…亡くなってしまいましたね。ミッシェル・ルグランの代表曲。すばらしい。

 

Crying In The Rain / The Everly Brothers

スタンダードかという点では他の曲に1歩譲りますが、エヴァリーブラザーズ、良いですよね〜。

 

ジャニーさん

 

偉大なるジョアン・ジルベルトの訃報を受けて、イパネマの娘などを録音してみたりしていたのですが、

たたみ掛けるように入ってきた訃報が、「ジャニー喜多川逝去」です。

 

ジャニーズのファンではありませんが、やっぱり寂しいですね。

男性のアイドルというカテゴリーを作り、ほぼ独占してきたというように認識しています。

やり方がどうのは全くわかりませんが、そのやってきたことというのはめちゃめちゃ偉業と言えると思います。

 

私も、シブがき隊、歌ってましたので……。

きっと少なからず影響を受けているのでしょう。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

ジョアン・ジルベルトへはあらためて動画で追悼いたします。

 

 

【ベース】ギターが弾けるならベースも弾けるでしょ?

「ギターが弾けるならベースも弾けるでしょ?」

※ここでのベースとはエレキベース、ベースギターのこと

 

はい。よく言われることですね。

これについてはいろいろな意見があると思います。

 

ギターもベースもよく知らないという人にとっては、「ヘ~~、そうなの?同じなの?」という感じでしょうが、ちょっとバンドとかやったことがある人は「ギターが弾けるならベースも弾けるでしょ?」と思ってしまいがちかもしれません。

なにしろエレキギターとエレキベースは、楽器の形や仕組みがかなり似通っているのは事実ですから。

 

調弦の仕方も同じなので、ギターを弾いている人が初めてベースに触ったとしても、まぁなんとなくは弾けちゃったりもします。

 

でも、それをもって「ベースが弾けた」とは言えません。

いや、正確には「ベーシストになれた」とは言えません。

ギターとベースでは役割が違うからです。

散々お話ししているようにベースは土台です。ギターの役目がなんなのかは、ちょっとまた話が膨らんでしまうので今は割愛しますが、ベースもドラムもいるようなアンサンブルにおいて、ギターが土台になることはあまりありません。

 

ギターの扱いが達者な人は、いきおいベースも弾けてしまいますが、楽器そのものは扱えても、アンサンブルとなるとベーシストの役割をこなせない(徹せない)場合も多いようです。

 

実際、世界中にたくさんいるギターの名人が、同時にベースの名人でもある、ということは少ないんじゃないかと思います。

 

ということで、「ギタリストはベースをなんとなく弾くことはできても、ベーシストにはなかなか成り代われない」というのがおよその答えなんじゃないでしょうか。

 

 

さて、そうなってくると、今度はその人の性格というのも関係してくるようにも思います。

ある人はギタリストになるべくしてギターを手に取り、またある人はベーシストになるべくしてベースを手に取っているのではないか、という気になってくるのです。

 

「これから音楽を始めよう」という方で、ギターはちょっとくらい触ったことがあっても、ベースを触ったことはないという方は少なくないんじゃないでしょうか。

でももしかすると、ベースという楽器やベーシストというポジションがすごく自分に合っている、ということもあるかもしれません。

 

もちろん、やりたい楽器をやるのが一番ですけど。

 

個人的には「色々な楽器を触ってみる」ということを、ものすごい推奨していますので、機会があったらベースに触れてみてくださいね。