一挙にご紹介!いろんなジャンルの…

サックスという楽器はいろんなジャンルで活躍していますね。

今回は、そんな中で主だったものをいくつかピックアップしてみたいと思います。

ジャンルの違いよりもプレイヤーの個性の方が強かったりするので、あんまりジャンルで分けるのもどうかと思いつつも…。

 

 

【スウィングジャズ】    ジョニー・ホッジス

デューク・エリントン楽団で活躍したアルト奏者です。サックスが歌ってますねーー。抑揚も気持ち良いです。

 

【ビバップ】   チャーリー・パーカー

神です。

 

【ボサノヴァ】   スタン・ゲッツ

これが純粋なボサノヴァと言えるかはちょっとわかりませんが、ボサノヴァにサックスと言われれば、やっぱりスタン・ゲッツが真っ先に思い立ちます。

 

【ラテン】   パキート・デ・リベラ

キューバ出身のバリテクプレイヤーです。ラテンバンド「イラケレ」の元メンバー。ラテンの人たち、ホント楽器のコントロール力が高いです。

 

【スカ】   ローランド・アルフォンソ

ジャマイカのオリジナルスカバンド「スカタライツ」のメンバー。がんばれば良いってもんじゃないですね。この力の抜け具合、素晴らしい。

 

【リズム&ブルース】   キング・カーティス

さすがキング、細かいことより演奏のテンション!フラジオ!フラジオ!(高音を出す奏法)

 

【ファンク】   メイシオ・パーカー

ファンクの帝王ジェイムス・ブラウンのバンドで活躍したプレイヤー。竹を割ったようなトーン!リズム!いつ聴いてもかっこいいです。バンドもいつも最高。

 

【ムード】   サム・テイラー

ザ・ムードテナー、サム・テイラーですね。いい音ですよね~~。クラクラしますね。最高!

 

【ロック】   ボビー・キーズ

6人目のローリングストーンズとも言われたサックスプレイヤーです。リズムが良く潔いトーンですね。

 

【パンク】 ジェームス・チャンス

この人の音楽はジャンルなんかにとらわれませんが、その姿勢がパンクだということで。今回ご紹介した中では、最もフリーフォームな演奏ですね。

 

【アフロ】 フェラ・クティ

サックスがどうのというより、このリズムの波が!ヤバイ!鼻血出そう。

 

【イージーリスニング】  ケニーG

今回ご紹介した中では、日本での知名度は一番高いかも?でも音を聴いたことがない方も多いのでは。キレーな音ですね~。ジッサイ。

 

【フュージョン】   マイケル・ブレッカー

う、上手ぇ~~~。笑。 お兄さんのランディとのバンド「ブレッカーブラザーズ」の名曲です。

 

 

知ってましたか?サックスの…

 

知ってましたか?

サックス、とひとくちに言っても、じつはいろいろあるんです。サイズが。

 

もっとも一般的なのは

アルトサックステナーサックスあたりですね。

アルトはやや小ぶりで、テナーはそれよりひとまわり大きくなります。

 

(ヤマハさんからお借りしました。)

 

そして、アルトよりも小さく、管体がカーブせずまっすぐなタイプが多いのが、ソプラノサックス

テナーよりも大きく、もはや持って演奏するのが大変そうなのがバリトンサックス

と、ここまでが一般的でして。

 

ソプラノよりもさらに小さなソプラニーノサックスや、バリトンよりさらに大きなバスサックスというのもあり

 

さらに、

ソプラニーノよりも小さなソプリロサックス(ピッコロサックス)、バスサックスよりも大きなコントラバスサックス、それよりさらに、とんでもなく大きなサブコントラバスサックスなんてのもあります。

 

サックスにかぎらず、アコースティックの楽器は通常、サイズが小さいほど音が高く、大きいほど低くなります。が、こんなにバリエーションがあり、顕著にサイズが違うのはサックスくらいじゃないでしょうか?

 

サックスの種類は、小さい(高い)方から順に

 

・ソプリロ(ピッコロ)

・ソプラニーノ

・ソプラノ

・アルト

・テナー

・バリトン

・バス

・コントラバス

・サブコントラバス

 

となります。

 

(洗足学園さんからお借りしました。)

 

ソプリロサックスとサブコントラバスサックスでは、もはや同じ種の楽器であることを疑いますね。

 

でも、これらは基本的にはすべて同じ吹き方、同じ指使いなのです。

吹奏感はだいぶ違うと思いますが。

 

やはり一般的なイメージのほとんどは、アルトかテナーでしょう。

おそらく多くの人にとって吹きやすいのもこの辺りで、小さすぎても大きすぎても大変なんだと思います。

 

私も実際に所有しライブ等でも吹くのは、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンだけで、ソプリロ、コントラバス、サブコントラバスにいたっては実物を見たことすらありません。

 

サブコントラバスとかなんかのモニュメントですかね。

一度は吹いてみたいですけどね。世界に数本(数台?)しかないらしいです。

 

この方はサブコントラバスとソプリロを両方吹いてますね。極端で好きです、こーゆーの。

 

あ、ソプラノよりも小さいサイズのものは、基本的にはストレート管です。

サックスというと管体がカーブしているイメージだと思いますので、知らないと金のクラリネットか何かと間違うかもしれません。

ここで覚えて

「あ~あれは、ソプラノサックスって言ってね

と知ったかぶりしてみてください。

 

サックスの良いとこ良くないとこ

 

ようやく春めいてきましたね。

ということはヘイフィーヴァーの季節でもあります。

今日はかなり辛いですね。

 

 

先月はリズムについて書いてみました。今日からまた何かテーマを決めて書いてみようと思います。

何にしようか考えましたが、そういえばこのブログでサックスについてほとんど触れていなかったので、サックスについて書いてみようと思います。

 

さて、サックスについて、何書こう……

 

じゃあ、おもむろにサックスの良いところBEST5

行ってみましょう!

 

1 とにかくかっこいい

2 とにかくかっこいい

3 とにかくかっこいい

4 とにかくかっこいい

5 意外ととっつきやすい

 

ということで、まぁ、とにかくかっこいいわけです。

そして意外ととっつきやすい、と。

指使いなんて縦笛と一緒ですからね。

10分くらいあれば、どなたでも音を出せるようになります。

 

これで十分じゃないですか?

だって、とにかくかっこいいんですよ?

 

具体的には、楽器のフォルムが、吹いている姿が、音色がとありますが、とにかくかっこいいわけです。

ファンキーな、ムーディーな、テクニカルなどれもかっこいいですね。

みなさんもサックスに注目していろいろな曲を聴いてみてください。

 

 

じゃあ、ついでに良くないところ!WORST5

つつみ隠さず行ってみましょう!

 

1 高価

2 重い

3 備品や調整にお金がかかる

4 移調が大変

5 カッコ良く吹くのはなかなか大変

 

はい、これらは1つずつ見ていきましょう。

 

まず「高価」だと。そうですね。決して安くはないです。

でも、以前に比べ、安価で質の良い楽器も増えました。

10万円を切るような値段のものでも、しっかり調整してあれば十分使えます。

もし購入を検討されるなら、中古楽器も悪くないと私は思います。

 

そして「重い」と。

初めてサックスを手にすると、「意外と重いんですね」っておっしゃる方は少なくないです。

すみません……

こればっかりはどうしようもないです。月にでも移住するしかないです。

プラスチック製の軽いサックス、なんてのもあることはありますが。

けっきょくは慣れですかね。今は私は重さを苦には感じないですね。

 

「備品や調整にお金がかかる」

はい。これもしょうがないです。月1回、飲みに行くのをがまんしましょう。

プラスチック製の消耗しないリード、なんてのもあることはありますが。

 

「移調が大変」

出ました!これは既にサックスを吹いている方にしかピンとこないかもしれませんが、管楽器によくある「キーがずれている」というやつです。ピアノの人とかと同じ譜面を見て演奏すると、面白いいや、大変なことになります。

これについては、私のレッスンをご受講ください!そういったストレスから解放されましょう!

 

「カッコ良く吹くのはなかなか大変」

吹奏楽部だった方に多い悩みのようです。譜面どおりには吹けるけどってやつですね。

サックスは譜面に書ききれないようなニュアンスこそがかっこいい楽器です。

音程、音色、強弱、リズムをコントロールして、表情豊かな演奏をするには私のレッスンをご受講ください!

あ、ブログや動画でもお話ししていきますので、またよろしくお願いいたします。

 

 

で、けっきょくのところ、そんなデメリットを補って余りあるくらいかっこいいわけなので、

何か楽器でもやってみようかなー、という方にはぜひオススメしたいわけです。

そんなわけで、次回ももうちょっとサックスについて書いてみようかと思っているわけです。

ムリやりまとめます

2月もあっという間に終わりですね。

早っ!

 

今月はリズムについて書いてきましたが、月末ということで、いったん締めたいと思います。

 

リズムのことを文章だけで伝えるのは、メチャメチャ大変ですね。やっぱり。

そのうち動画なんかも撮っていきたいと思いますので、そうしたらもう少し伝えられるかな。

 

はい、じゃあまとめ。

 

・理解する(4分音符は8分音符が2つ分の長さだとか)

・リズムは常にテンポとセットで(時間を止めて考えない)

・グリッドに沿って頭の中で正確に歌う(イメージする)→とくに長い音や休符

・体の自然な動きを利用してフィーリングをつかむ

 

こんなところで良しとしてください。

 

リズムやノリ、グルーヴについては、また折を見て書いてみたいと思います。

 

 

あ~~、早く雨やまないかなぁ。

 

玄関マットが活躍してます。

ありがとうございます!

先日、22日にグランドオープンしてから、たくさんの方々が訪れてくださっています。

お越しいただいた方々、ありがとうございました!

 

みなさま、駅から近いことや、スクールの雰囲気を良いと言ってくださり、内装を自分たちで頑張ったことも褒めてくださりました。

お世話になっている方々や、旧知の仲の友人たちにそうやって言っていただけて本当に嬉しいかぎりです。

 

もちろん、レッスンの質が肝心ですが、そこは自信を持っております!

 

ということで、引き続き、みなさまのお立ち寄りを心待ちにしております。

代々木のお近くにいらした際、思い出していただけると幸いです。

 

みなさまからいただいた木や花がこんなに!

スクールには植物をたくさん置きたかったので嬉しいです。ありがとうございます!

ちょっとフォレスト化してきました。

 

 

より自然な円運動

スクールのグランドオープンがあり、リズムのブログの続きがだいぶ遅くなりました。

 

裏拍の感覚をつかむ、の回で出てきたこの図

以前の図

リズムを理解するには分かりやすいけど、実際の演奏ではあまり役に立たない、ってやつでした。

今回は、これをもっと実戦的なものに変えていけないか、ということで考えてみたいと思います。

 

いきなり私の回答を出しますね。

こんな感じです。

図を見ただけではちょっとナゾかもしれません。

これは、何度も言っている「自身の周期的な運動」と以前の図の考え方を合わせて、ペン先のように手で描いていけるようにしたものです。

 

裏拍のない(意識しない)シンプルな1拍を1つの円のようにイメージするのは、以前の図と大差ないですね。

裏拍を意識した、つまり8分音符2つからなるようなリズムも、以前の図ではやはり1つの円で考えていました。しかし今回の図1ではここは違いますね。クルッと小さくもう1周しています。

これをご自分の利き手で、宙に描いてみてください。何周も何周も繰り返しです。あまり小さな動きにならず、肘から動かして。

さらに図2にあるように円弧の長い部分で少し勢いをつけたりしてみてください。

良くないのは均等なスピードで描くことです。それだと以前の図となんら変わりがなく、理解感覚をつかむ運動する(演奏)と繋げていくことが難しいままです。

何周も何周も繰り返し描いていると、おのずと描くスピードに緩急がついてくるんじゃないかと思います。

自然な動きであることが大事です。

 

どうですか?

 

そうしたら、「1 and 2 and 3 adn 4 and…」とカウントしてみてください。

小さな円を含む大きな1周につき、数字とand、つまり表拍と裏拍をどちらも入れていきます。

指先がどこにある時に表で、どこにある時が裏だ、とかゴチャゴチャ考えなくて構いません。どこだって、いつだって良いです。

例えばこんな感じ。図3

どのタイミングで表を、また裏を取るかによって所謂ノリが変わってきます。

が、最初は気にしなくて良いと思います。

 

とにかく停滞した、もしくはゆっくりの、もしくは硬い、そういった動きには周期は感じにくいはずです。直線的なカクカクした動きとかでも難しい。もっと、ほどよく抑揚があるナチュラルな動きに周期を感じ、そこに難しく考えずに表裏をカウント、というか歌ってみてください。

オープンのお知らせ

 

ご挨拶

 

 

平素より大変お世話になっております。

 

株式会社Hi-Fieldsの運営による、大人のためのミュージックスクール『festina-lente music school』が、このたび校舎をオープンいたします。

 

一昨年から探していた開校場所が昨年の秋にようやく決まり、以降、内装など諸々の準備を進めてまいりました。

当初の予定よりも遅くなってはしまいましたが、222日をオープン日として、晴れて開校できることとなりました。

 

これもひとえに日頃からお世話になっているみなさまのおかげでございます。

感謝の気持ちを忘れずに、楽しいスクール作りに励んでまいりますので、引き続きのご指導ご支援をいただけますと幸いです。

 

代々木の駅前と、アクセスの良い場所に構えられたと思います。

お近くにいらっしゃった際には、スクールを覗いていただけたら嬉しいです。

 

音楽を好きな人が常に出入りしているようなスペースになったら、と願っております。

みなさまのお立ち寄り、お待ちしております。

 

 

株式会社Hi-Fields 代表 高野はるき

 

 

151-0053

東京都渋谷区代々木1-36-5 理容文化社ビル3

03-6276-2512

festina-lente-music.com

 

営業時間

火〜金 13:00〜21:00

土・日 11:00〜20:00

月曜定休

クォンタイズ

 

はい、今日もリズム!

 

前回は最後、脱線して終わってしまいましたが、話を元に戻して

「コンピューターに打ち込んだ正確無比なリズムが必ずしも気持ちがいいわけではない」という話のつづきです。

 

今や打ち込みだけでなく、歌ったり演奏したりしたものを録音して、その1音ごとのタイミング(リズム)をパソコン上で動かすことすらできます。

そうして数値上で正確な位置にタイミングを補正することをクォンタイズと言います。このクォンタイズを完全に行うと、人が歌ったリズム、人が叩いたドラムのリズム、弾いたギターのリズム、なんでも機械のように正確なタイミングになります。

ところがこれが、私は全然気持ち良く思えません。クォンタイズする前が多少ヨレたリズムであっても、そっちの方が気持ち良かったりします。

 

そうした比較ができなかった時代は、たとえばビートルズの演奏とかムチャクチャ正確なリズムだと思われていたんじゃないかと思います。でもコンピューターに取り込んで見ると、すごくヨレている。そうやって確かめない限り、正確だと思えたし気持ち良かったのに。一度そうやって目で見て確認しちゃったりすると、ヨレているところが妙に気になりだしちゃったりして

 

ここ20年くらいは、機械のように正確な音楽が増えているという、時代の流れも無視はできませんが。

リズムだけでなく音程も機械のように正確な録音物が溢れています。

そういう音にしか耳馴染みがない世代の方には、人間味のあるリズムは気持ち悪いのでしょうか

 

私は、打ち込みで音楽を作るときも、できるだけリアルタイム入力(メトロノームを聴きながら実際の演奏のように鍵盤を弾いていく入力方法)するようにしています。そしてなるべくクォンタイズをかけません。当然、画面上で見るとタイミングが早かったり遅かったりしますが、聴いて気持ちの良いリズムならそのままにします。

 

そういった非機械的で気持ちの良いリズムを「グルーヴィー」だと表現したりします。

グルーヴ(Groove)という言葉はすごくいろいろな使われ方をしていて、その定義も曖昧ですが、少なくとも無機的でつまらないものではなく、有機的で思わず体が動いてしまうようなワクワクするものだと思っています。

 

ちなみにリアルタイム入力でなく、マウスでポチポチと入力したものをグルーヴさせようとするならば、11音のタイミングは、あえて前後にずらします。

もちろんタイミングだけでなく、音の長さ、強弱、音色などもグルーヴには大事な要素ですが。

 

なんだかまた脱線してきそうですが、結局のところ、良いリズムで歌ったり演奏したりしようとしたとき、機械のような正確さは初めから最後まで目指す必要がない、というのが私の考えです。

 

でも、練習にメトロノームは使いますよ!

要は考え方です。メトロノームを使って練習するとき、自分も機械に近づこう近づこうとするのではなく、メトロノームまでもグルーヴさせるような気持ちの良いリズムを目指す、ということです。

ナチュラルで、聴く人がウットリしたり踊りだしたりしたくなるようなリズムを目指しましょう!

 

ということで、次回はまた拍の感じ方のお話です。

リズム、大事なのでしつこいです。笑

良いリズムって?

はい、今日もリズムのお話です。

 

今回は、良いリズムとはどういうものか、ちょっと考えてみたいと思います。

これはもちろん、人によっていろいろな考え方がありますので、あくまで私の考えということにはなりますが。

結論から言えば、「聴く人の多くが気持ちよく感じるリズム」が良いリズムだと私は思います。

 

趣味で歌ったり演奏したりする以上は、本人が楽しむことこそが重要です。人にとやかく言われる筋合いはありません。ですが、その本人もおそらく良いリズムで演奏したいはずです。しかし演奏している最中は、往々にして客観的に自分の演奏が聴けません。そこで、第三者の聴く人のしかも大多数が、という視点が良いんじゃないかと思うわけです。

 

で、その大多数が「気持ちよく感じる」のが良いリズムだと。

当然、気持ち悪いのは嫌ですよね。気持ちいい方が良い。

では、何をもってして気持ちいいとするのか、これはじつに難しい問題です。

ただ、今のところ私が思うのは、「機械のように正確なリズムが、必ずしも気持ちがいいわけではない」ということです。

 

打ち込みやDTMと言われるコンピューターを使って音楽を作る行為も、もはや完全に市民権を得てなんら珍しくなくなりました。自分では触れたことがない方も多いでしょうが、ちょっと想像してみてください。

こうしたコンピューターで音楽を作るとき、そのリズムを正確無比にすることはいとも容易いことです。DTMのソフトを立ち上げると方眼のマス目が表示され、そのマス目にポチポチと音を置いていくだけで、あとはコンピューターが正確に鳴らしてくれるわけです。

 

さて、こうやって打ち込まれた正確な(機械的な)リズムは、はたして気持ちがいいのでしょうか。これは個人の主観によるものなので一概には言えませんが、少なくとも私は気持ちがいいとは思いません。

 

ちょっと話がそれますが、あまりにも整った規則的なものというのは、ある種の気持ち悪さがあります。

オーケストラの演奏や、シンクロナイズドスイミング、マーチングの行進……。これらはいずれも数人~大勢が一糸乱れぬ演奏や動きをするところに感動があります。しかしながら、やはりそこは11人違う人間が集まってやること。どうしたってごくごくわずかなズレは生じます。あれらはある意味、完全な一致は不可能だという前提のもと、極限まで完全な一致に迫る行為であって、正確にはそこに感動が生まれるのだと思います。

で、本当の意味で整った規則的なもの、その連続ともなれば、有機的な要素が入り込む余地など一切なく、気持ちがいいというのとはむしろ逆ベクトルである可能性があります。

 

話を元に戻しましょう……

て、わわわわ。なんか長くなってきてしまいました。

つづきます。すみません。

裏拍の感覚をつかむ

リズムのお話のつづきです。

 

前回は、頭で理解することと歌ったり演奏したりできることは=(イコール)ではない、というお話と、テンポという音楽的な周期に対して自身の周期的な運動を同期させていく、というお話でした。

 

今回はそれを補う形でもう少しお話ししてみます。

頭でリズムを理解しようとしたとき、次のような図が分かりやすいのではないかと思います。

時計のような円の1周を1拍と考えたときに、1周を1/21/4などに区切ってそれを8分音符や16分音符の発音のタイミングや音の長さだと捉えます。

 

しかし、この図を実際の演奏に活かそうとすると、せいぜいテンポはBPM301分間に30の拍が入る速さ)くらいがいいところで、つまりとっても遅いテンポじゃないとこの図を時計回りに目や指で追いながらリズムを認識していくことなんてムリじゃないですか?

やっぱりこの図は、前回のお話になぞらえると、「理解する」というところどまりにしか活用できません。

 

そこで、「自身の周期的な運動」の出番です。

今回は「歩く」という運動を利用してみましょう。

スペースのあるところで実際に歩く方がより自然で良いのですが、その場足踏みでも構いません。

メトロノームを聴きながら拍に合わせて足踏みします。腕も自然に振って。

テンポはBPM90くらいが良いですかね。遅すぎても速すぎても足踏みしにくいですから、自然なスピードに調節してください。

しばらく続けているうちに、モグラ叩き的でなく、さほどメトロノームの音を意識しなくても自然に足踏みと合っているような状態が作れると良いですね。

 

どうですか?

メトロノームの音が鳴るときに踵が地面に着くとか、いやいや、足の裏がベッタリ着いたタイミングだとか、そんなふうにゴチャゴチャ考えないです。

ご自分の中で自然であればそれで良いです。

 

それが自然になってきたら、今度はメトロノームのテンポを倍にしてみましょう。さっきまでBPM90だったとしたらBPM180ですね。

そしてさっきまでと同じように(同じ歩調で)歩きます。

すると当然、さっきまでと比べ1歩を歩く間に1つ多くメトロノームが鳴りますね。

今度はこれが自然になるまで歩きましょう。

 

自然になったら、再度メトロノームのテンポを元(BPM90)に戻し、最初と同じように歩きます。

そうしたときに、メトロノームを倍で鳴らしていたときの刻みをご自分の中でイメージできたら、この試みは成功です。

 

この、メトロノームを倍で鳴らしたときに、1歩と1歩の間で刻まれる(音が鳴る)タイミングを、俗に「裏拍」と言います

 

今回の試みは、自身の周期的な運動の中に表拍、裏拍それぞれのタイミングをイメージできるようにするためのものです。

頭では「裏拍は、ちょうど円を半周描いたタイミングだ」と分かっていても、そのタイミングを周期的な運動の中に落とし込まなければ、実際に歌ったり演奏したりすることができません。

とくに裏拍は、中級者でも自分の中にしっかりしたタイミングを持っていない人も意外といらっしゃいます。

こんなの簡単じゃん、と侮らずやってみてください。

 

さらに次回へ続きます。すいませーん。