iPhoneアプリ「KOALA」でトラックメイキングしてみた

少し前に友人がSNSで紹介していた

KOALA

というiPhoneのアプリをインストールしてみました。

 

 

音楽制作に使われるサンプラーという、音を録音して加工、編集する機材があるのですが、それのアプリ版。

いくつか取り込んだ音を組み合わせて曲になるように、いわゆる打ち込みをするためのシーケンサーという機能も付いていて、これ1つでちょっとした曲が作れちゃいます。

いわゆるテクノやヒップホップのような、短い単位の繰り返しを基本にした「トラック」と言われているようなものが作りやすいですね。

 

 

スマホで初めてこういうのを触ってみました。

PCでの本格的な楽曲制作(DAW)と比べれば、やっぱりざっくりしたことしかできません。

 

ホントざっくり。

 

でも、その「ざっくりさ」がかえって新鮮というか、懐かしいというか……。

 

最近のPCでの楽曲制作ソフトは本当に多機能で、細かいエディットも際限なくできます。

もちろん上手く使えば便利なのですが、ちまちまとした作業をしていると、「こういう曲にしよう」といったイメージがだんだんとぼんやりしてきてしまったりもします。

そういう意味では、機能に制限があっても感覚的にどんどん作業が進められる(というか進めるしかない)のは良い面もあります。

 

 

 

さっそく少し作ってみました。

 

う〜〜ん。けっこうヨレヨレですが、これもまた味。良しとします。ww

(クォンタイズというタイミングを補正する機能は付いていますが、私はそれをするのがあんまり好きじゃないので、なるべく使いません。今回はまったく使わず。)

この適当さをPCで出そうとしても、打算的になってなかなか上手くいかなかったりします。

ローファイヒップホップ(Lo-fi Hip Hop)ってこんな感じ?と、フワッとした解釈で……。

ドラムは口で言ってます。

SEは中央線に乗りながら録りました。

 

これにサックスでも乗っけて遊んでみようと思います。

 

 

この手のトラックメイキング(ビートメイキング)は、音楽の専門的な知識がなくても作れちゃうので、ご興味があったらぜひトライしてみてください。

ハマる人はハマるんじゃないかな?

このKOALAは有料ですが(それでもこの内容で490円はめっちゃコスパ高いです。)、無料の音楽制作アプリもいくつかあるみたいです。