実践!インターバルをモノにする③

 

インターバル(音程)のつづきです。

 

ギターの指板上でのインターバルを、ポジションの関係で把握していきましょう。

 

ギター以外の楽器の方も、歌の方も、ご自分の場合に置き換えて、同じようにインターバルを確認してみてください。

 

 

ここまで、メジャー3rd(長三度)、パーフェクト5th(完全五度)と見てきました。

前回も少し言いましたが、メジャー3rd、パーフェクト5thという順で確認してきたのは、

基準となる音をルートとし、メジャー3rdとパーフェクト5thの音を重ね(合わせ)ることでメジャートライアドというもっともシンプルな明るい響きを持ったコードになるからです。

ということで、今回は基準となる音をトニックではなくルートと呼んでいきます。

 

 

さて、ギターを弾いたことがある方の多くは、比較的早い段階で「Cのコード」というのを押さえて弾いてみたことがあるんじゃないでしょうか。

そのときに押さえていたのはおそらくコレですよね。

 

それからもう少し踏み込んで弾いていくと、今度は以下の2つの押さえ方でも「Cのコード」になることを知っていくかもしれません。

 

しかし、ここでは上記3つのコードフォームのように、「こうやって押さえると、◯◯というコードになりますよ」という考え方、アプローチはしません。

 

あくまで、

「インターバルを使ってコードを組み立てる」という発想

をしていきます。

 

 

では、ルートとメジャー3rdおよびパーフェクト5th(以下、略して5th)のポジションを見ていきましょう。

 

今回も基準となる音(ルート)はCとしていますが、もちろんこれは一例にすぎません。指板上でのポジション関係はルートがなんの音であっても変わりません。

 

ルートを◉、メジャー3rdは③、5thは⑤で表記しています。

やや情報量が多くなってきますが、前々回、前回とやってきたように、「ルートからメジャー3rd」「ルートから5th」それぞれのポジション関係をまず個別に整理してください。

 

 

Cのコード、正式には「Cメジャーのコード」がCメジャーのコードたり得るための条件は、

・Cをルートとし、メジャー3rdと5thが合せて鳴らされること

です。

この3音の組み合わせを見ていく、と。

 

 

【基本形(ルートポジション)

低い方から、ルート、メジャー3rd、5thという順番に重ねられた状態を「基本形(ルートポジション)」と言います。

 

この「基本形(ルートポジション)」をギターの指板上で見ていくと、このようにいくつもの場所で作ることが可能です。

 

 

繰り返しになりますが、Cメジャーのコードたり得るための条件は、「Cをルートとし、メジャー3rdと5thが合せて鳴らされること」ですので、

表にある赤線で囲った3音ごとの集まりは、すべてCメジャーのコードだということになります。

 

このように3音だけで成り立っているコードをトライアドと言います。

これらはすべて、Cメジャーのトライアドです。

 

 

ギターという楽器は弦が6本張ってあって、コード演奏というと、その6本をまとめてジャカジャカ掻き鳴らすイメージがあるかもしれません。

ですが、このように、3本の弦(3つの音)だけでコードを演奏することもできるのです。

 

 

逆にいうと、先に挙げた3つのコードフォーム(ギターを始めたら覚えるような、って話のアレです)は6本ないし5本をまとめて弾くことが考えられるわけですが……。

じつはこれらのコードフォームでは、オクターブ違いで同じ音名の音が重なっているだけであって、インターバルで言えば、けっきょくはルート、メジャー3rd、5thの3つしか要素がないのです。

つまりはこれらもトライアドなのです。

 

 

もう言わずもがなですが、頭で理解するだけじゃなく、必ず音を鳴らしてその響きをご自分の耳で確認してくださいね。

 

 

つづく