だって好きなんでしょう?

 

前回からのつづき

 

さて、このコラムをここまで読んでいただきありがとうございます。

 

書いてる本人は、良いことを言っている、為になることを言っていると自負していますが、おそらくは「話がフワッとしてるんだよなー」「何?精神論?」「で、どーすりゃイイのよ?実際」と、煮え切らない思いでいる方も少なくないでしょう。

しかしながら、今までお話しした根本の部分を、ある程度踏まえていただく必要があったのです。

それほどまでに、今の日本で音楽を始める際に、ほとんど全ての人に刷り込まれている認識というのは、厄介だと思っています。

 

楽譜通りにミス無く身体を動かすことが音楽ではありません。

 

楽譜が読めない?音痴?不器用?

関係ありませんよ!まったくもって!

だって好きなんでしょう?やってみたいんでしょう?

 

絵を描きたかったら、描くだけですよ。上手く描けるかどうかなんて二の次三の次です。

料理がしたかったら、するだけですよ。美味しいものが作れるかどうかなんて二の次三の次です。

ダンスがしたかったら、踊るだけですよ。カッコよく踊れるかどうかなんて二の次三の次です。

 

そして、くどいようですがもう一度言っておきます。

 

上手さだけを求めていたら、ともすれば挫折してしまいますよ。

楽しさを感じていかなければ。

音楽は上手い人だけが楽しむものではありません。

どの段階でも、その段階ごとに楽しみはあります。

目標が高いことは良いことですが、今を楽しむことをしなければ練習も苦行になってしまいます。

どうやって楽しむか。

それには音楽を楽しむための力が必要です。

楽しむための力は、音楽と仲良くなることで身につきます。

 

次回から、いよいよ具体的なお話です。

 

つづく