【ドラム】好きなドラマー4(足クラーベ?)

 

私の好きなドラマー

 

4人目は

オラシオ “エル・ネグロ” エルナンデス

(Horacio “El Negro” Hernandez)

です。

 

 

3人目までは比較的手数の少ないスタイルのドラマーでしたので、ここらでちょっと趣向を変えてみました。

 

 

エル・ネグロはキューバ出身で、アフロ・キューバン・ジャズおよびラテン・ジャズのシーンでは筆頭の超絶ドラマーです。

過去にサンタナ、ミシェル・カミロ、キップ・ハンラハン、ジャック・ブルースなどのバンドで叩いていて、日本では渡辺香津美さんや綾戸智恵さんと共演しています。

 

 

そんなエル・ネグロのドラムは、まぁ、ひとことで言って

エグいです。w

 

元来は個別に演奏するラテンパーカッション(ティンバレス、コンガ、ボンゴ、ウッドブロック、カウベルなど)をドラムセットを用いて1人で行ってしまうのが彼のスタイル。

クラーベを左足で踏みながら、変幻自在のリズムを叩き出します。

いわゆる完全な四肢独立

 

今でこそ同じようなことができるドラマーは他にもいますが、彼のドラムを初めて聴いたときは腰抜かしました。

いや、聴いたときじゃないな、見たときですね。

「え!1人でやってんの?コレ!?」って。

 

 

 

さらにはインタープレイ(演奏者同士で触発・反応し合い即興演奏を行うこと)も素晴らしい。

バカテクピアニスト、ミシェル・カミロのバンドなどでは素晴らしいインタープレイの応酬が聴けます。

このテンポ感でこの涼しい顔。どーゆーこと!?

 

 

しかもエル・ネグロの打ち出すリズムは非常に柔軟で、ラテン特有のリズム訛りもあります。

このあたり、並のテクニシャン系ドラマーだとスクエアなリズムになって「技術がすごい!」という面ばかりが見えてしまいますが、エル・ネグロのドラムは本当に気持ちよく、ずっと聴いてられます。(私は)

やっぱりリズムが気持ちいいこと、俗に言う「歌っている」ことはすごく重要なんだろうなあ。

そういう意味では手数も多いしスタイルは全然違うけど、私の中で先に挙げたグルーヴ系のドラマーと共通する何かがあるんだと思います。