【映画】正月に「音楽」を鑑賞しました

 

年明けにひさしぶりに映画を観ました。

と言ってもNetflixの自宅鑑賞ですが。

 

3本ほど観た中で印象的だったのが

「音楽」

という作品。

 

2年ほど前に一部で話題になっており、映画館で観たいと思っていたものの機を逃していた作品です。

詳しくは知らなかったのですが、大橋裕之さんのマンガが原作で、それをアニメーション作家の岩井澤健治さんという方が7年という歳月をかけて1人でアニメに描きあげたのだそうです。

 

昨年公開され話題になったクレイアニメ映画「ジャンクヘッド」もやはり7年の歳月をかけ1人で完成させたもので、その執念とも言うべきバイタリティーに驚きました。

 

 

さて「音楽」ですが、ド直球のタイトルにいやがおうにも期待が膨らみます。

 

 

ちょっとレビューというか感想を書いてみますね。

なるべくネタバレにならないようにしますが、できればまず作品を観てみてください。

 

舞台はとある高校。

携帯電話がまだなさそうなので1990年代初頭かな。だとすると、まさに私がエレキギターを始めた頃です。

楽器に触ったこともない不良学生の3人がおもむろにバンドを結成します。

このバンドの最初の音合わせが最高です。ここからこの映画、ずっと楽しい。

 

声優には元ゆらゆら帝国のギター&ボーカル、坂本慎太郎さんをはじめ個性的なキャストが。岡村ちゃんこと岡村靖幸さんも参加しているとのことですが、誰の声なのかは秘密だそうで観ていても気づきませんでした…。

 

すごくドラマチックなストーリー、というわけではないのですがキャラクラーの魅力かな。

けっこう惹き込まれます。

間が独特でシュールな世界観も個人的には嫌いじゃなかったです。

 

そして肝心の演奏シーンは…

ヤバいです。

 

ありきたりなアニメの演奏シーンとは次元が違います。

情念がこもった素晴らしい描写に感動。

 

劇伴も生々しいロックでかっこいい。

 

その他、いたるところにロック作品へのオマージュがあります。

 

そしてフォークソング部の森田くんの自宅がレコード店のよう。

高校生でこれはすごい。

 

 

私が観た音楽を取り扱ったアニメ作品の中でも、かなり好きな部類でした。

 

未鑑賞の方はぜひ。

 

 

公式サイト