合奏は上達のチャンス!ミスを恐れずに

 

誰かと一緒に演奏するとき、思うことって人それぞれですよね。

 

「失敗したらどうしよう…」

とか

「自分があんまり上手くないから迷惑をかけてしまうんじゃないか…」

と思う人もいれば

 

「チャンスだ!」

「上手くできるか分からないけどとにかくチャレンジしよう!」

と思う人もいるでしょう。

 

さらに

「誰かと一緒ならちょっとくらいミスしてもバレないかな」

とか

「上手くいかなくても人のせいにできるから気が楽だ」

なんて考える人もいるかもしれません。

 

 

こういうことって性格なので、「こう思うようにしよう」としてもなかなかできるものではないかもしれません。

私も以前は、上手な人たちとの合奏となると尻込みすることもあったので、消極的なことを思ってしまう人のこともよく分かります。

 

でも、バンドやセッションなど合奏を楽しみたいのなら、なるべく積極的にそういう場に参加した方がいいのは確かだと思います。

 

 

ところで先日Twitterを見ていたら、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスのこんな言葉をシェアしている方がいらっしゃいました。

「素晴らしさはミスから生まれる。新しさもそこから見つかるんだ。ミスを犯すには、今ある所から一歩足を踏み出し、リスクを犯さないと。安全な道だけを選んでいたら、上達はない。」

 

う〜〜む、含蓄のあるお言葉!

さすが真のイノベーター。

 

 

こりゃ、ひさしぶりにマイルスの映像でも観るしかない、とYoutubeを検索すると…

なんと!マイルスの1964年のライブ映像が、カラー化(当時は白黒)してるじゃないですか!