「未来」は「今」の積み重ね

 

前回からのつづき

 

はっきり言って、この考え方をシフトしていかないと、所謂「挫折」する可能性は非常に高いと思います。

 

物事には往々にして段階があります。0100かではないのです。初心者のうちは自分が0で、出来ている人がみんな100に見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

もちろん、辛抱強くがんばっていると、ある日突然、0から100になるわけでもありません。

(そして、この0100だという数字を「上手さ=テクニック」だと考えていると、また周囲の人の目が気になってきたりとロクなことがありません。)

 

繰り返しになりますが、音楽は、初心者のうちからどの段階でも楽しめるものなのです。

勘違いしないでくださいね!上手な人だけが楽しむものではないのですよ!ですよますよ!いくよくるよ!

 

はい。で、話をもとに戻しますと、「達成感」を求めずに11歩の歩みを楽しみましょうということですね。

 

どうですか?

「そんなまどろっこしいことやってられるか!」とか思っちゃいましたか?

そんなあなたは、羽生結弦選手の4回転ジャンプを見て、真似して「エイッ」てやって骨折です。

いや、しませんよね、真似。

スケート靴履いてリンクに立つところからですよね。

それで、ちょっとスーーッと前に進めたら、それだけでも楽しいじゃないですか。

どうですか?

 

「未来」は「今」の積み重ねです。今を楽しめないのなら、この先だって楽しくはならないと、私は思います。

 

つづく