コードネームの整理

コードネームってややこしいですよね。

 

かねてから、生徒さんにコードネームとコードのつくりを説明するとき、

一般的に使われているコードネームがなんとも分かりにくく苦労しています。

もうすっかり分かっている人からすると、そんなにややこしくは感じないかもしれませんが、

とくにメジャーセブンス、セブンスあたりが分かりにくいようです。

 

なんでこんな分かりにくい名前が付けられたのか

そう嘆いても、もはやこれがスタンダードと化していますから、慣れていくしかしょうがないですね。

 

そこで、こんな表を作ってみましたよ。

 

表のPDFはこちらコードネーム表

 

この表の「意味」という欄に注目してみてください。

 

じつは、CMaj7(シーメジャーセブン)の「メジャー」はCに掛かっているのではなく、7に掛かっているのです。

メジャーコードの「メジャー」ではなく、長7度を英語で言うところのメジャーセブンスの「メジャー」なのです。

 

そういう意味では、CMaj7(シーメジャーセブン)は、シーメジャー・メジャーセブンスと解釈するといいと思うわけです。

であるならば、C7(シーセブン)は、シーメジャー・マイナーセブンスと考えることができます。

C-7(シーマイナーセブン)は、シーマイナー・マイナーセブンスですね。

 

ただそれだと、いちいち長すぎてまどろっこしくなってしまうんですね。きっと。

だから分かっている者同士でのコミュニケーションでは、もっと短い言い方になっていったのでしょう。きっと。

 

「ちょっとゴチャゴチャしてたんだよな」という方は、いったんこの表の「意味」のところを見て整理していただくと分かりやすいかと思います。ぜひ。