音名はCDE、階名はドレミ

前回からのつづき

 

「音名はCDEのアルファベット」「階名はドレミ」で音名と階名を使い分けると、前回のこの図Aの音符は

音名はC、階名はソということになります。

 

音名は、五線譜で言えばどの場所の音符がアルファベットの何になるか、で、順に並べると図Bのようになります。

そしてこの名前は、キーが変わっても、いかなるときも変化しません。

ですので図Aの音符は、常にCです。

 

階名は、そのキーのトニック(主音、中心に感じられる音)を「ド」とし、ドを基準として、そこからのインターバル(音程)ごとに、ドレミファソラティドと順に名前が割り当てられます。

これを俗に「移動ド」と言ったりしています。

つまり、ある一音(例えば「C」)で見ると、キーが変わると、階名が変化することになります。

 

図Aでは調号というキーを表す「♭」が1つ付いていますので、この場合のキーはFメジャーということになります。

とすると、 音名「F」が階名「ド」となり、そこから順に「Gがレ、Aがミ、B♭がファ」と、階名が割り当てられ、「Cがソ」となるわけです。

 

なんとなく分かってきましたか?

 

おそらくは階名やキーについての説明は、現段階では不十分だと思いますが、とりあえずは

 

・音の名前には、音名と階名がある

・1つの音に対して音名は固定で、階名はキーによって変わる

・音名はCDEのアルファベットで、階名はドレミで、と徹底する

 

この3点を押さえておいてください。

 

以前お話しした、絶対音感と相対音感のお話を思い出してください。名前のとおり、絶対音感は絶対的な、相対音感は相対的な音感でしたね。

これ、音名と階名にもちょっと似ているところがあると思いませんか?

 

音楽を楽しむにあたってみなさんに身につけていただきたいのは、相対音感です。

そして、相対音感を強くするため(聴いたりイメージしたりしたメロディやハーモニーを、演奏に落とし込んだり、正確に歌ったりするため)には、階名を意識していきます。

 

ソルフェージュは、音名でなく、階名で歌ったり聴いたりする練習をしていきましょう。

 

つづく