【ピアノ】天才、神童、音楽の化身

 

少し間が空いてしまいました。

鍵盤奏者のご紹介です。

 

誰にしようかな~と考えたんですが、

もしかして、この人物をまだご存知でない方がいらっしゃるのでは

と危惧して、

鍵盤奏者としての紹介では不十分だとは承知しつつも……

 

 

ジェイコブ・コリアー

 

です。

 

 

ご存知でなかった方はぜひチェックしておいてください。

 

何者かというとですね……

 

え~~

天才です。w

 

もうね、ヤバいです、才能が。

 

まだ25歳と若く、Youtubeから人気に火がついた新しい世代のミュージシャンです。

たくさんの楽器をこなすマルチプレイヤーで、1人で多重録音した動画が話題になりました。

 

もっとも、1人多重録音自体はもはや珍しくもなんともないし、マルチプレイヤーも世の中にはたくさんいます。

彼の凄さはそんなところではなくて、

音楽の奥の奥まで入り込んで、意のままにコントロールする力にあります。

 

簡単に言えばアレンジ力なんですが、表面的なアレンジではなくて音楽構造のコアを捉えた「それ」のような感じなんです。

ハーモニーとか、リズムとかのコア。

 

もちろん鍵盤もメチャクチャ上手いですよ。

 

ジャズやポップスや民族音楽などいろんな音楽の影響も非常にナチュラルにブレンドしてて、この辺は世代感のなせるワザかもしれないです。

 

 

は~~、とにかくスゲーわ。

嫉妬?するかな?いや、恐れ多いですね。羨望です。

まさに神童。

音楽の化身。

現代のモーツァルト。

 

 

こんなんやられたらホント、ヤバいっす。 また、楽しそうにやるんだよな〜。

 

アコースティックでこれはヤバい。泣いてしまう。

 

ソロパフォーマンスでこれはヤバい。おしっこチビっちゃう。