達者な若者3人組

今日はひさしぶりにオススメを。

 

スウェーデン出身の3人組バンドDirty Loopsです。

デビューしたのはもう45年前ですかね、けっこう経ちますけど、その時はかなり話題になりましたね。

日本のワイドショーとかにも出てましたし、ご存知の方も多いかと思います。

 

3人は音楽学校で出会いバンドを結成したようです。

アイドル?のヒット曲をカバーしてYoutubeに動画をアップして世にアピールしていったところ、かのデヴィッド・フォスターの目にとまり、デビューとなったようです。

 

ヴォーカル&キーボード

ベース

ドラム

3人組。名前はわからないです。すみません。

3人ともまだ20代かな?若いです。

 

バンドの特徴は、と言われるとですね……

 

とにかく上手いです。

 

ムチャクチャ上手い。

歌も鍵盤もベースもドラムも。

6連譜のキメとかバシバシ入れてきます。

パートの数はけっして多くないのに、モリモリの音数。

 

ディスコ、ニューウェーヴ匂わすようなシンセ使いも特徴的です。

でも、シンプルなグルーヴで練り上げる演奏じゃなくて、怒涛のフレーズのシャワーです。

リズムは超タイトです。

 

まぁでも世の中には「上手い人」ってのはいっぱいいるでしょうから、彼らはそれだけじゃなく独創性とかキャラ立ちとかがあるんでしょうね。

 

私が買ったCDは、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生がジャケットの絵を描いたやつでした。

 

このところぜんぜん名前聞かなくなっちゃったなー、と思っていたら、今日いきなりYoutubeのオススメに彼らの新しい動画が出てきました。

それで思い出したようにこの記事を書いたわけですけど。