AWANE氏のニューアルバム

昨日、元バンドメンバーのコロスケことAWANE氏のニューアルバムがリリースされました!

のでレビューいたします。

 

AWANE and his foundfootage orchestra

「sweet azul suite」

 

 

さっそく都内某所へ行き本人から直接お買い上げしてきました。

 

じつはリリース前にデータで聴かせてもらっていたんですが、やっぱり「ブツ」はイイですね〜。

6面デジパック、伊藤桂司さんによるアートワークもステキです。

 

 

帰って自宅オーディオで聴くと…

おお〜、音いい!

前に聴いたときより気持ちいい〜。

 

 

AWANE

 

DJとして、HOUSE〜TECHNO〜HIP HOP〜R&B〜SOUL〜FUNK〜JAZZと幅広い音楽性を持つ彼ですが、この作品はそんな彼の叙情的な面がフィーチャーされています。

そこには、いわゆるクラブミュージック然とした強いビートはなく、静けさを土台にときにジャジーな、ときにクラシカルな音が紡がれます。

それでいてミニマルで、かつリズムの中に遊び心があります。

こういうのはポストクラシカルとも言えるのかな?

メランコリックな映画のサウンドトラックのようです。

また、ダフト・パンクのカバー「something about us」と、オリジナル「music is always by your side」のヴォーカル曲が良いアクセントになっています。

 

 

この世界観を、SWING-Oさん、sauce81さん、JABBERLOOPの面々、そしてAFNICAのケイちゃんといった信頼のおけるミュージシャンがサポート。

さらにここでは書けませんが、他の演奏者クレジットを見るとストリングスから管から、めちゃめちゃ豪華な名前がズラリ…。これは配信やサブスクでは知れないので、ぜひCDを手にとっていただきたい。

ミックス・マスタリングは彼の音を熟知している野口和昭氏。

 

 

知ってるようで知らなかった彼の「やりたいこと」ですが、「こうきたか〜〜!」と私の予想を良い意味で大きく裏切ってくれました。

 

 

友人の作品ということを抜きにオススメです!

ぜひ!

 

下記リンクからどうぞ。

Tower Records

HMV

disk union

Spotify

Apple Music