伝えることの難しさ

本当に時間が過ぎるのが早い!

 

気づくと数日経っていて、またもやブログが滞ってしまいました。

 

 

この間何をしていたかというと、Youtube用の動画を撮影しようと準備をしておりました。

 

なにしろこの騒ぎですからね

ガラ〜〜ンとしたスクールはなかなか寂しいものがありますが、Youtubeだけでなく、オンラインレッスンなど新しいサービスを検討したり、いろいろ考えるにはいい機会かもしれません。

 

 

さて動画は、サックスのレッスンというかワンポイントアドバイス的なものを撮っていこうと思っているのですが

 

やってみて、難しさを痛感しております。

 

やっぱりタレントさんとか、カメラに向かって話し慣れている人ってすごいなぁ、と。

 

自分がやってみると、要点がまとまらずダラダラしてしまったり、かといって台本を作りすぎてしまうと話し方が堅くなってしまったり

コンパクトにメリハリをつけて、要点をしっかり伝えるってのが理想なんでしょうけど。

 

 

これはもちろん普段のレッスンにも言えることで、あらためて「伝える」ということについて考えさせられました。

 

レッスンや講義って、分かっている人がそうでない人に向けて話すことが多いわけですけど、えてして一方的に話して「伝えたつもり」になってしまう。

本当に大切なのは、伝えることではなく、「伝わること」であり、さらに言えば「理解してもらうこと」および「考えてもらうこと」や「試して(実行して)もらうこと」です。

伝えたつもりになって1人で気持ちよくなってはいまいか。ジャマイカ。気をつけないといけませんね。

 

ましてやYoutubeだと相手の反応も見れないので、ね。

 

 

まぁ動画の方は、最初から力みすぎても、どのみちプロ(トークだけでなく撮影や編集も)の仕事みたいにはできないので、とりあえずやってみるくらいのノリでいいのかな。

 

動画をアップしたらまたお知らせさせていただきます!