上手いと思う歌手を無理やり押し付ける企画②松崎しげる

 

ひさしぶりに

「この人は歌が上手い!」と思う人を挙げ、無理やりにその良さを押し付けるという、けったいな企画!

をやってみます。

 

今回は……

 

松崎しげるさん!

 

 

なんともう70歳を超えていらっしゃるんですね。

昨今の松崎さんといえば、真っ黒に焼けた肌と、バラエティー番組で見せる陽気でコミカルなキャラクターが思い出されるでしょうが、

本職はもちろん歌手

 

しかも昭和の時代から、日本を代表する「高い歌唱力を持った歌手」と言われていました。

 

 

まず、その声色がステキです。ハスキーでありながら、とてもしっかりした芯の太さがある。

高音域でもファルセットで「抜く」ことはまったくせず、突き刺すようなヘッドヴォイスを聴かせます。

 

伸びやかなハイトーンボイスをはじめ、優しいウィスパーヴォイスから非常に力強い声までダイナミクスの幅が広く、音域の広さと合わせて松崎さんの歌唱力の土台となっています。

 

加えて、滑らかに音程を下げるフォールや、次の音へ繋ぐ巧みなフェイクも効いています。

 

この世代の歌手に多い「リズムのタメ」は、やはり今の耳で聴くとやや古臭くは感じてしまいますが…

とにかく素晴らしいわけですよ!

 

 

松崎さんのWikiページを見ると、学生時代には後のガロになるトミーとマークと共にバンドをやっていたんですね。

デビューのきっかけは宇崎竜童さんからのスカウトだそうで、この方も日本の歌謡界の超キーパーソンですよね。

デビュー後はたくさんのCM曲で歌っており、その中のひとつが代表曲の「愛のメモリー」でした。

ちなみに左利きですが、右利き用のギターを左で構えて弾くことでも知られています。

 

 

こうやってご紹介している私も、じつは代表曲以外はあまり存じ上げないので、これを機に勉強させていただきます!

 

素晴らしい。

 

名曲!

 

今年の映像ですね。70歳にしてこの力強さ!

 

CM曲をいっぱい歌われていました。

 

グリコアーモンドチョコ。

 

トミーとマツ。