ジュディス・ヒル

 

ひさしぶりにレコメンド記事です。

 

今回ご紹介するのは

 

ジュディス・ヒル (Judith Hill)

 

です。

 

ジュディス・ヒルは現在37歳。アメリカ出身のシンガーソングライター。

 

ジュディスの名前を最初に聞いたのは、マイケル・ジャクソンの幻となった最後のツアーのリハーサル・舞台裏を収めた映画「THIS IS IT」の中です。

そこでマイケルのデュエット相手に抜擢されたのが彼女でした。

 

その後は、人気オーディション番組「The Voice」に出演。

 

そして、プリンスの最後の愛弟子として彼と行動を共にします。

プリンスの最期にも彼の側にいたそうです。

 

 

「マイケル・ジャクソンとプリンスという2大スターから太鼓判を押された」

ということがとてもキャッチーなコピーとなっているのは事実ですが、そのパフォーマンスを拝聴すると、そのコピーに勝るとも劣らないすばらしい才能であることが分かります。

 

テクニック的な表現力が高いのはもちろん、圧倒的にエモーショナルなヴォーカル。

ハスキーな声もステキです。

そして自身でプレイする鍵盤やギターのセンスのよさ。

さらに曲全体やショーを掌握・コントロールする力は、まさにマイケルやプリンス譲りのものがあります。

 

 

彼女はアフリカン・アメリカンのベーシストである父と、日本人のピアニストである母の間に生まれます。

彼女のライブパフォーマンスには両親もバンドメンバーとして参加しており、とても息の合った演奏を聴かせてくれます。

一緒に演奏するのは「ファミリーだから」という理由だけかと思いきや、

お父さんもお母さんもバキバキの凄腕セッションプレイヤーで腰抜かしました。

サラブレッドってやつですね。

 

 

プリンス亡き今、数いる彼の意思を継ぐアーティストの活躍に期待しておりますが、中でもジュディス・ヒルは注目株です。

 

 

直球ファンク!

お父さんもお母さんも素晴らしい。

 

なんかMISIAがチラつきますけど。w

やっぱりブルースやゴスペルがどっしり根っこにあるんだよな〜。

ベースはプリンス繋がりでモノネオン!

 

こんなん泣いてまうやろ〜〜。

 

テレビ番組「The Voice」より。

これでも勝ち残れんのか〜〜…。