ピアノのススメ

 

今回はピアノの話ですが、すでにピアノを弾いていらっしゃる方ではなく、今現在、ピアノ以外の楽器や歌をやられている方に向けて書いてみます。

 

 

ズバリ

 

「ピアノはやった方がいいですよ」

 

 

なぜか。

 

 

ざっくり言えば、

ピアノは楽曲の全体(音楽の構造)を捉えやすい楽器だから

です。

 

・小節感、拍感、テンポ感を含むリズム的なことが把握しやすい

・ハーモニー感が養われる

・コードやスケールなどの仕組みを理解しやすい

などなど。

 

とくに歌や管楽器などでは、上記のことが難しいというか自然には促されにくいかと思います。

語弊があるかもですが、楽曲の全体(音楽の構造)を把握しにくい。

いきおい、いいかがんなリズムになったり、自分の音以外に意識が向かなかったり、コードのことなど分からないままだったりしがちです。

 

 

 

「自分のパートだけでもいっぱいいっぱいなのに、ピアノまでやる余裕なんてないよ!バカバカ!」

なんて言わないで!

 

なにもバイエル(という人が書いたピアノ入門用の教本)からやりましょう、という話じゃないんです。

というか流暢にピアノを弾くことを目的にした話じゃないので、長い時間ピアノを弾く練習をする必要はありません。

普段歌ったり演奏したりしている音楽を、ピアノを介してもう一回捉え直すことができたら、きっと良い成果が出ますよ、ということです。

 

 

 

ではピアノで何をすればいいか。

 

ここではポピュラーミュージックを演奏することを前提としていますので、ピアノもそれに合ったやり方がいいですね。

 

それは「コード弾き」です。

 

弾き語りでアコースティックギターをジャカジャカやったりするアレがコード弾きです。あれをピアノでやるんです。

よく、ピアノと聞くと「左右の手でバラバラのことなんてできないよ〜」思われますが、コード弾きではそんなに複雑なことをする必要はありません。

 

コード弾きができたら、それに合わせてメロディを歌ってみましょう。がんばって右手でメロディも弾いてみてもいいですね。

 

これで楽曲の全体感がかなり掴めるはずです!

 

 

 

あ、ピアノといっても生のピアノじゃなくても大丈夫です。ようは鍵盤楽器ですね。

もし鍵盤楽器を1つもお持ちでないのなら、ぜひ入手してみてください。

 

コードやスケールなどの仕組みを理解する目的だけならミニキーボードでも十分ですが、せっかくなら標準サイズの鍵盤がいいと思います。

鍵盤数は61あればひとまず事足りるかと。

 

 

 

コード弾きについてはまた書いてみたいと思っていますが、スクールのピアノコースの主なレッスンコンテンツでもあります。

よかったら体験レッスンをご受講くださいませ。オンライン受講できます。

オンラインレッスンは入学後の受講料もお安くなっていますので、ぜひ。