楽しさとハードルのバランス

 

音楽にはいろいろな楽しみがありますが、聴く側でなく奏でる側に回ったとき、

出来なかったことが出来るようになる楽しさ(嬉しさ)

誰かと一緒に合奏する楽しさ

2つはとても大きなものだと思います。

 

 

しかし、せっかく始めた音楽を挫折してやめてしまった人の多くは、これらの楽しさを感じるよりも前に、難しさばかりをたくさん感じてしまったのではないでしょうか。

 

逆に、演奏したかった曲を演奏できるようになり、さらにそれをバンドやセッションで合奏してそれでなお「思ったよりもつまらない」とやめてしまう人というのはかなり少数なのではないでしょうか。(希望的推測)

 

 

他のことにも言えると思いますが、

「できるようになることや共有することの楽しさ(嬉しさ)」

「難しさ(ハードル)」

バランスが重要なんですね。

 

 

たしかに簡単すぎても達成感はあまり得られません。

でも、挫折してしまう方の多くは、始めから難しいことをやろうとしすぎるという可能性はもしかしたら低くないのでは?

 

 

1人で取り組んでいるとなかなかコントロールの難しい「楽しさ(嬉しさ)とハードル」のバランスですが、レッスンでは、講師と一緒にこのバランスをコントロールしていくことができます。

レッスンに通うことのメリットのひとつだと思います。