音楽×マンガ⑥「バジーノイズ」

 

ひさしぶりに音楽マンガのご紹介です。

 

今回ご紹介するのは

「バジーノイズ」

という作品。

 

Amazon 「バジーノイズ」

 

作者はむつき潤という方で、小学館は週刊スピリッツで連載されていました。(完結済み)

 

え〜ワタクシ、今回は1巻までしか読んでおりませんで…。

冴えないレビューになりそうな予感でいっぱいですが、なにとぞ!

 

 

バンドものの音楽マンガって、古くは「TO-Y」あたりから最近の作品まで、時代錯誤というか、よく言えばエバーグリーンというか、あまり「現在(時代)」を感じさせないものが多いように感じます。

その点この作品は、SNSが当たり前のようにある世界を描いていて、ある意味とても「現在」を感じさせます。

 

 

本ブログで肝心なのは題材となる音楽の世界ですが、主人公はいわゆるトラックメーカーというやつです。

ヴォーカリストやギタリストではなく、トラックメーカー。

サンプラーやパソコンを使ってビートやトラックと言われるような音楽を作ります。

 

今や趣味でビート(トラック)を作る人の数は世界中に相当数いるはずで、クラブミュージックや打ち込み系の音楽も市民権を得て久しいと認識しています。

そのわりには音楽を題材にしたマンガやアニメ、映画では、依然としてエレキギターをかき鳴らして歌う姿ばかりが散見されます。

DJを題材にした「とんかつDJアゲ太郎」があるくらいかな?

 

確かに絵面的にはトラックメーカーではちょっと地味かもしれないですが…。

動きがないですからね。

 

でも、個人的にはなんだか嬉しかったです。

 

 

好きな人にはハマりそうな世界観。

ご興味がわいたらぜひ読んでみてください〜。

 

 

 

ちなみに、Spotifyに作者のむつき潤さんのセレクトによる、作品をイメージした「BUZZY NOISE BGM」というプレイリストがあります。