素晴らしきアニソンの世界①

もう何年も不遇に喘ぐ音楽業界において、「アニソンが元気がいい」というのは事情通でない方でも聞いたことがあるかもしれません。

 

アニソン(アニメソング)はアニメで使われる主題歌や挿入歌、イメージソングのことです。

古くは「鉄腕アトム」「オバケのQ太郎」「魔法使いサリー」などにはじまり、それなりに長い歴史があるアニソンは、世代ごとに馴染みのある作品は違えど、常に人々の耳に届き心を掴んできました。

 

ひと口にアニソンと言っても、実際のところその音楽性は非常に幅が広く、「アニソンという括りを取っ払ったときには、ある曲とある曲はまるで違う性質の音楽である」ということは珍しくありません。

しかしながら、その曲調が歌謡曲然としたものだろうが、ロック、ジャズ、ラテン、テクノ何であろうが、「アニソンぽい」というある種の「らしさ」を持っていることが特徴です。

 

アニメソング界の帝王と言われる水木一郎さん(マジンガーZなど)や、堀江美都子さん(キャンディキャンディ、花の子ルンルンなど)、ささきいさおさん(宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999など)といった、

アニソンを専門(厳密には専門というわけではないかもしれませんが、そう見える)とする歌手がいて、その系譜は現在にも続いています。

アニメ作品中に登場するキャラクターの声を担当する「声優」がアニソンを歌うという形も古くから定着しています。

 

一方で1980年代以降は、一般の歌謡曲やJ-ポップを歌う歌手やバンドがアニソンを手がけることも増えてきました。

いわゆるタイアップというやつですね。

 

今や、歌手やシンガーソングライター、バンドでのデビューを夢見る若者の内、「アニソンをやりたい」と希望している人の割合はかなりのものだと思います。(未確認)

 

ということで、とくに若い方をお相手に音楽のレッスンをしようとすれば、アニソンは避けては通れないわけです。(できれば避けたい、というわけではないので誤解なきよう。)

 

 

そんなアニソンの世界を、数回にわたり、ご一緒に覗いてみましょう。

 

今回は私のお気に入りのアニソンをいくつかご紹介しますね。

 

 

「ははうえさま」 一休さん OP

小節数というか構成が不思議な曲。でも染み入ります〜。

 

「バビル2世」 バビル2 OP

怪鳥ロプロス〜でメジャーキーへ転調するとこが好き。

 

「にっぽん昔ばなし」 まんが日本昔ばなし OP

下4度のハモリが気持ちいい。それに尽きます。

 

「スキトキメトキス」 さすがの猿飛 OP

セクションごとにいろんな表情を持った曲。最後、7/8拍子で呪文を繰り返すとこ好き。

 

「テレポーテーション」 エスパー魔美 OP

不二っ子としては1曲は入れておきたく…。

 

「ロマンティックあげるよ」 ドラゴンボール ED

これもアニソン界では名曲とされているでしょう。

 

「いつもそこに君がいた」 YAWARA! ED

よく知らないバンドですが、この曲のサビは素晴らしいと思う。

 

 

アニソンはムチャクチャいっぱいありますからね……

こんな良い曲あるよ!っていうのをぜひ教えてください。

ブログでも紹介させていただきます。

contact@festina-lente-music.com

 

 

 

PR

体験レッスンのページはもうご覧いただけましたでしょうか。

ただいま体験レッスンを無料でご案内しています!

https://festina-lente-music.com/trial-lesson