もしもピアノが弾けたなら

 

明日はスクールの演奏会です。

急遽、1曲ピアノを任されることになりまして。

 

ちょっと練習しておこうかと。

 

 

 

私のピアノ、ピアニストから見たら怪しさ満点だとは思いますが、

レッスン時の伴奏とか、打ち込みとか、ちょっとした弾き語りとか

自分のやりたいことは、なんとかやれております。

 

ピアノを習ったことはないんですけど、いつの間にか弾けるようになってたんですよ

手前味噌ですみません。

 

 

ずっと前は、ピアノが弾ける人に対してコンプレックスもありました。

あんな、両手使って、左右別々のことなんてできねーよ〜、って。

 

でも、サックスを吹いたり、ギターを弾いたり、ドラムを叩いたりしていく中で、「ピアノってのはこうすれば良いんだろうな」ってのがなんとなく分かってきたんですね。

「要領」というやつですね。

 

この要領の得方にヒミツがあるのです。

あとは、すこ~し時間をかけて鍵盤に指を慣らしていくと、コード弾きとか、それにちょっとしたメロディを合わせたりとか、リズムに変化をつけたりとかちょっとづつ凝ったこともできるようになってきます。

 

あ、でも、大譜表(2段の楽譜)を見てクラシックを弾くのとかは、超苦手ですね。めっちゃスロー。

ここで言ってるのは楽譜とか使わないやつですね。

ポピュラーピアノ?

いや、なんちゃってピアノですね。

 

 

そんなわけで、festina-lenteのレッスンは、サックスやギターのコースでも、なんちゃってピアノが弾けるようになるというオマケもついてきたりします。ご希望であれば。