最初のパートナー

今日は夕方にはレッスンが終わったので、生徒さんたちとワインを飲んじゃいました。

 

で、ギターを弾いて歌ったりしていると……

「バツッ」とひさしぶりにギターの弦が切れました。

 

ああ〜〜〜。

 

⤵️⤵️⤵️となっちゃいましたが、

そのとき弾いていたのが、いつもレッスンのときに使っているフェンダーのストラトキャスター

 

 

 

こいつは、スクールをオープンさせるにあたってレンタル用の楽器を準備している際に、実家に置いてあったのを思い出して持ってきた楽器です。

 

 

私が中学生の頃に初めて買ってもらったギター。

 

親にねだって。

どうしてもサンバーストのストラトが良かったんですね。

「フェンダーの」。(フェンダージャパン。当時はフジゲン製ですね。)

何も分からないなりに、カッコイイ楽器を、と考えて選んだんだと思います。

当時、キース・リチャーズに憧れたりしていたと記憶していますが、なぜかテレキャスではなくストラト。(チェッカーズの武内亨氏の影響かな?)

この辺りに私の冒険心のなさが現れております。

分からないならとりあえず王道に行くという。www

 

 

 

それから18歳で東京に出てくるわけですが、そのときにこの楽器は実家に置いてきてしまいました。

以来、ギターそのものから少し距離をおいていた時期もあり…。

 

 

この度、約30年ぶりに、このストラトを復活させたわけです。

 

 

あちこちぶつけていて傷だらけ。

若気の至りでトラスロッドをグリグリやったおかげで、もう、一切余裕なし。

電気系統もやられていて音が出ませんでした。

 

リペアに出して、大復活!

 

今更ながらに、軽量でめっちゃ弾きやすいギターでした。

 

 

 

今日この楽器を見ていたら、ふと、ノスタルジックな気分になりました。

 

あの頃は本当に音楽について、何も分からなかったなと。

思うように弾けなくて。

いろいろ聞ける人もいなくて……。

 

 

 

こいつ(ストラト)も、30年経って、まさか音楽スクールの備品として使われることになろうとは、思ってもみなかっただろうな。

 

ストラトさん、ありがとう。

またこれからしばらく、よろしくお願いしまっせ!