サックスの良いとこ良くないとこ

 

ようやく春めいてきましたね。

ということはヘイフィーヴァーの季節でもあります。

今日はかなり辛いですね。

 

 

先月はリズムについて書いてみました。今日からまた何かテーマを決めて書いてみようと思います。

何にしようか考えましたが、そういえばこのブログでサックスについてほとんど触れていなかったので、サックスについて書いてみようと思います。

 

さて、サックスについて、何書こう……

 

じゃあ、おもむろにサックスの良いところBEST5

行ってみましょう!

 

1 とにかくかっこいい

2 とにかくかっこいい

3 とにかくかっこいい

4 とにかくかっこいい

5 意外ととっつきやすい

 

ということで、まぁ、とにかくかっこいいわけです。

そして意外ととっつきやすい、と。

指使いなんて縦笛と一緒ですからね。

10分くらいあれば、どなたでも音を出せるようになります。

 

これで十分じゃないですか?

だって、とにかくかっこいいんですよ?

 

具体的には、楽器のフォルムが、吹いている姿が、音色がとありますが、とにかくかっこいいわけです。

ファンキーな、ムーディーな、テクニカルなどれもかっこいいですね。

みなさんもサックスに注目していろいろな曲を聴いてみてください。

 

 

じゃあ、ついでに良くないところ!WORST5

つつみ隠さず行ってみましょう!

 

1 高価

2 重い

3 備品や調整にお金がかかる

4 移調が大変

5 カッコ良く吹くのはなかなか大変

 

はい、これらは1つずつ見ていきましょう。

 

まず「高価」だと。そうですね。決して安くはないです。

でも、以前に比べ、安価で質の良い楽器も増えました。

10万円を切るような値段のものでも、しっかり調整してあれば十分使えます。

もし購入を検討されるなら、中古楽器も悪くないと私は思います。

 

そして「重い」と。

初めてサックスを手にすると、「意外と重いんですね」っておっしゃる方は少なくないです。

すみません……

こればっかりはどうしようもないです。月にでも移住するしかないです。

プラスチック製の軽いサックス、なんてのもあることはありますが。

けっきょくは慣れですかね。今は私は重さを苦には感じないですね。

 

「備品や調整にお金がかかる」

はい。これもしょうがないです。月1回、飲みに行くのをがまんしましょう。

プラスチック製の消耗しないリード、なんてのもあることはありますが。

 

「移調が大変」

出ました!これは既にサックスを吹いている方にしかピンとこないかもしれませんが、管楽器によくある「キーがずれている」というやつです。ピアノの人とかと同じ譜面を見て演奏すると、面白いいや、大変なことになります。

これについては、私のレッスンをご受講ください!そういったストレスから解放されましょう!

 

「カッコ良く吹くのはなかなか大変」

吹奏楽部だった方に多い悩みのようです。譜面どおりには吹けるけどってやつですね。

サックスは譜面に書ききれないようなニュアンスこそがかっこいい楽器です。

音程、音色、強弱、リズムをコントロールして、表情豊かな演奏をするには私のレッスンをご受講ください!

あ、ブログや動画でもお話ししていきますので、またよろしくお願いいたします。

 

 

で、けっきょくのところ、そんなデメリットを補って余りあるくらいかっこいいわけなので、

何か楽器でもやってみようかなー、という方にはぜひオススメしたいわけです。

そんなわけで、次回ももうちょっとサックスについて書いてみようかと思っているわけです。