ニュアンス

 

上手くなくても音楽は楽しめます。

 

それでも、やるからには上達していきたい、と考えることは当然かもしれませんね。

これは他人からの評価と関係なく、習得していくこと自体に喜びがあるからだと思います。

 

そんなわけで、

「上手くならないといけない」

「上手くないと他人に聴かせてはいけない」

という刷り込みに対しては、そんなことはない!と、強調して念を押しつつ、

上達について考えてみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニュアンス

 

 

上手な演奏ってどんな演奏でしょうか。

 

高速フレーズを間違えずに演奏すること?

音程がいいこと?

それらもあるかもしれません。

 

でも私は、発音の仕方、音高の推移の仕方、音の切り方、強弱などのニュアンスが豊かな演奏を聴くと、「あぁ上手だなー」と思います。

 

楽譜を見て、それを間違えないように運動に移すだけの演奏は、表情が乏しくなりがちです。

お芝居で言えば台詞を棒読みしているような。

 

様々な表情のニュアンスを、ご自分でイメージできるようにしていきましょう。

上手な人の演奏のニュアンスを、注意深く聴くようにしましょう。

そしてそれを、ご自分でもコントロールできるようにしていきたいですね。