練習は質より量?量より質?

 

上手くなくても音楽は楽しめます。

 

それでも、やるからには上達していきたい、と考えることは当然かもしれませんね。

これは他人からの評価と関係なく、習得していくこと自体に喜びがあるからだと思います。

 

そんなわけで、

「上手くならないといけない」

「上手くないと他人に聴かせてはいけない」

という刷り込みに対しては、そんなことはない!と、強調して念を押しつつ、

上達について考えてみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

練習は質より量?量より質?

 

以前テレビで、テニスのプレイヤーが言っていたことが印象的でした。

1つのコースに飛んできたボールを、じつに30000回も繰り返し打ち返すのだそうです。

そうすると、マッスルメモリー?とかいって、頭で考えることなく、まさに勝手に身体が反応するようになるとのことです。

 

確かに日常の中では、毎日繰り返していることによって、もはや何も考えずにやれてしまうこともありますね。

 

しかしながら、30000回ですよ?

うーんけっこう多いですよね……

 

逆に言えば、30000回こなせないのであれば、もっともっと感覚を研ぎ澄ましてじっくり11回をこなし、そこに気づきを見出していくしかないのだと思います。

 

雑にやる50回とかが一番意味がなさそうですね。