練習時間ってどのくらい?

 

上手くなくても音楽は楽しめます。

 

それでも、やるからには上達していきたい、と考えることは当然かもしれませんね。

これは他人からの評価と関係なく、習得していくこと自体に喜びがあるからだと思います。

 

そんなわけで、

「上手くならないといけない」

「上手くないと他人に聴かせてはいけない」

という刷り込みに対しては、そんなことはない!と、強調して念を押しつつ、

上達について考えてみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

練習時間ってどのくらい?

 

 

みなさん毎日どのくらい練習していますか?

 

毎日なんて、とてもじゃないけどできないよ!という方も多いと思います。

 

でも、実際にちゃんとした声を出して歌ったり、楽器で音を鳴らしている間だけが練習時間とは限りません。

駅まで歩く間、電車の中、湯船に浸かりながら、ベッドで眠りにつくまで……。

そういったちょっとの時間でできる練習もたくさんあります。

 

私の師匠は、インタビュー等で「練習時間」について聞かれると、いつも困ったそうです。

寝ている時間以外のほとんどは音楽のことを考えていたので、「常に練習している」という答えになるが、それで良いですか?と。

 

もちろんそこまでとは言いませんが、

日常の中のちょっとした時間に、なるべくパッと自分の中の音楽スイッチをONできるように意識してみてください。