上達について考える

 

上手くなくても音楽は楽しめます。

 

それでも、やるからには上達していきたい、と考えることは当然かもしれませんね。

これは他人からの評価と関係なく、習得していくこと自体に喜びがあるからだと思います。

 

そんなわけで、

「上手くならないといけない」

「上手くないと他人に聴かせてはいけない」

という刷り込みに対しては、そんなことはない!と、強調して念を押しつつ、

今日から数日、上達について考えてみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

練習×時間=成果?

 

練習をしなければ上達しません。

 

では、練習をすればやっただけ上手くなるかと言うと、これは必ずしも約束されていません。

音楽の練習は、やった時間に比例して成果が出るようなシンプルものではないと思っています。

 

でもこれは、けっしてネガテイブな話ではありませんよ。

効率の良いやり方をすれば、かけた時間以上の成果が期待できるということでもあるのです。