耳コピで気づくこと

 

もはやライフワークっぽくなってきた感もある耳コピ。

最近もスキマ時間でこつこつコード進行の耳コピをしています。

 

今日は60年代末の日本のヒット曲を。

 

 

この時代の曲に比べると、70年代以降の曲ってかなりコード進行ありきで作られている気がします。

逆に時代を遡るほど、コード進行という観点からは曲が考えられていない気がします。

 

そもそも1曲に使うコードの数も少ないうえに、ひたすら2つのコードを行ったり来たりしてみたり、同じコードがしばら〜く続くかと思いきや小節の途中でコードが変わって「そこ?」みたいに思ったり…。

 

耳コピと言っても、純粋に音を聴きとる力だけじゃなく、いわゆる音楽理論みたいなものも使って行っている私としては、裏切られたり勘ぐってしまったりするようなコード進行がけっこう多い。

 

 

曲を頭で作っている感じがしないんですよね。

歌詞の世界観や雰囲気を重視した曲作りと言いますか。

 

技巧的なコードワークも大好物ではあるのですが、そうじゃないところに重きを置いた曲も、これはこれで素敵ですよね〜。

 

 

こういう気づきがあったりするので、やっぱり耳コピはやめられません〜!