名曲選その8「幸せの黄色いリボン」

 

私的名曲選、今回は…

 

「Tie A Yellow Ribbon ‘Round The Ole Oak Tree」

 

です。

 

長いタイトルですね。

邦題は「幸せの黄色いリボン」です。

 

 

 

この曲をご存知ない方でも、高倉健さん主演の「幸福の黄色いハンカチ」という映画はご存知では?

じつはあの映画の元ネタはこの曲だそうです。

もっとも、この曲自体にも元ネタがあるようですが。(実話だとか。)

 

映画ではこの曲が挿入歌として使われていました。

私は大昔に映画館で観ました。ほとんど覚えていませんけど。

 

 

 

この曲のオリジナルは、トニー・オーランド(Tony Orlando)率いるアメリカのヴォーカルグループ「ドーン(Dawn)」

1973年リリースの作品です。

 

ドーンは、メインのトニー・オーランド、コーラスのテルマ・ホプキンスとジョイス・ヴィンセントからなる3人組。実質はトニー・オーランドのプロジェクトと言っていいのかな?

 

ドーンには他に「ノックは3回(Knock Three Times)」や「恋のシーソーゲーム(He Don’t Love You (Like I Love You))」などのヒット曲がありますが、活動は1970年〜1977年とさほど長くありません。

しかし、いずれの曲も70年代のアメリカの雰囲気(知らんけど)をぎゅっと凝縮した良質なポップスになっています。

 

とりわけ「幸せの黄色いリボン」は大ヒットしました。

なんともエヴァーグリーンな曲ですよね。

モンキーズの「Daydream Believer」のような系譜と言ったらいいのかな。

 

 

作詞はアーウィン・レヴィン、作曲はL.ラッセル・ブラウン。

不勉強でして、お2人ともよく存じ上げません。すみません。

どちらにとっても、この「幸せの黄色いリボン」が代表作のようです。

 

 

コード進行と歌詞

 

この曲のフワフワした印象は、コード進行に秘密があります。

随所に散りばめられたモーダルインターチェンジによって、曲の途中でキーが曖昧になっていることから来ています。

 

歌詞の内容は、「刑務所を出所した男が故郷に帰ろうとしていた。男は出所前に手紙を出し「もし、自分の帰りが望まれるなら、木の幹に黄色いリボンを結んでおいてほしい」と頼んでいた。男は汽車に乗って故郷の近くまで来るが、勇気がなくて、車中で知り合った男に木を見てもらう。男が見たものは…」(Wikiより)というものです。

この主人公の期待と不安が入り混じった心境を、先述のコード進行によって上手く表していると思います。

 

 

先に元ネタがあり、それがこの内容だとすると、重たく暗い方向にもいきかねないような気がするんですが、作曲もアレンジも歌唱もとても軽快に仕上がっています。

素晴らしい。

 

名曲です。

 

 

テレビやなんかでもちょいちょい耳にしますね。

そして今また、三◯不動産のCMで使われています。(まぁそれを聴いてこれを書いているわけですけど。)

 

 

 

名曲といえばカバーですが、さすがにこの曲はいっぱいカバーされてます。

 

目立ったところでは、御大フランク・シナトラ!

 

同じく大物エンターテイナー、ペリー・コモ。

 

イケメンピアニスト、ハリー・コニック Jr.。

 

 

日本でもいろんな方がカバーしていますが、これ!という決定打がないせいか、日本語の歌詞が定まっていないようです。