やっぱり悲しい。

 

もう1週間前になりますかね。

朝起きたら、チャーリー・ワッツ死去のニュースが飛び込んできました。

 

ザ・ローリング・ストーンズのドラマーにして、誰しもに愛される英国紳士。

10代の後半にストーンズに夢中になった自分にとっては、これまででもっともたくさん聴いたドラムはチャーリー・ワッツのドラムだと言ってもいいかもしれません。

 

今年のはじめころからドラマーを何名かご紹介ていしましたが、すっかりチャーリーを入れ忘れておりました。

なんてことだ…。

 

自分はドラムが専門ではないので、昔はキース・リチャーズにばかり目や耳が向いていましたが、後になって、チャーリーのドラムがキースのギターと同じくらいにこのバンドの重要な要素だと思うようになりました。

 

上手いシンガーやプレイヤーはたくさんいますけど、やっぱり「この人じゃないとダメ」というのがいちばん価値があるような気がします。

そういう意味では、チャーリーはホントに代えがききませんね…。

 

正直言うと最近はあんまりストーンズを聴くことも少なくなっていたのですが、この1週間はひさしぶりにいろいろ聴き返しています。

この独特なグルーヴが今後はもう生み出されることがないと思うとすごく寂しい。

でも、たくさんの作品を残してくれましたので、作品を聴けばチャーリーが叩いている様が蘇ってきます。

ライブにも何度か行くことができ、良い思い出です。

 

青春の音楽をありがとうございました!

 

1990年の「Steel Wheels Tour」のライブビデオ。

ひさしぶりに観ました。ここから過去作にさかのぼって聴いていきました。

 

 

 

 

そして2日前にはレゲエ・ダブ界のレジェンド、リー”スクラッチ”ペリーの訃報も…。

リー・ペリーの音は最近でも頻繁に触れていましたし、やはりショックです。

 

むちゃくちゃ偉大なイノヴェーターだった彼の手掛けた作品はたくさんあり、まだ聴けていないものもあります。

残された作品から、その宇宙的な頭の中を覗いていきたいと思います。

リー・ペリーのライブも観れてよかったです。

 

これからも影響を受けていくことでしょう。

ありがとうございました!