【フルート】フルート奏者がいるロック・ポップスのバンド

 

今回は、ロックやポップスでフルートが印象的な曲をと思ったのですが、考えてみると無数にあるような気がしてきました。

意外かもしれませんが、実際はかなり使われているんですよね。

 

ですので、

メンバーにフルート奏者がいるバンドをご紹介してみたいと思います。

ジャズやフュージョン、もしくはラテンっぽいバンドではたくさんあるでしょうから、ロックやいわゆるポップスのバンド。

で、メンバーにフルート奏者となると、これはグッと絞られます。

 

 

まず、ロックでフルートと言われて真っ先に思い立つのが

ジェスロ・タル(Jethro Tull)

です。

最高です。

フロントマンのイアン・アンダーソンというムサ苦しい方が、変なポーズをとりながらフルートをブロウします。サックスではよく使う「ブロウ」という表現ですが、フルートで使うとしたらまさにこういうときでしょう。

楽器をブンブン振り回しちゃって、頭部管がすっ飛んでっちゃったらどーすんだろ、って感じです。

でもどうせだったら、このくらいやってくれた方が見てて気持ちが……いい、かも…。

 

 

同じイギリスには同時期に、フルートをフィーチャーしたバンドがいくつかあります。

ジェネシス(Genesis)キング・クリムゾン(King Crimson)など、いずれもプログレッシヴ・ロックと言われた類のバンドです。

 

 

そんな中でもキャメル(Camel)というバンドはSnow Gooseというロックフルートの名盤も残しています。

 

 

オランダのフォーカス(Focus)というバンドも鍵盤奏者がフルートを兼任しています。

 

 

どれもほぼ同時代、ヨーロッパのプログレシーンからですね。

 

他にはないかな

うーん、アメリカにもあるんでしょうけどね、パッと思い浮かばないな

 

オーストラリアのバンドで、「ノックは夜中に(Who Can It Be Now?)」って曲がヒットしたメン・アット・ワーク(Men At Work)にはサックス/フルート奏者がいます。

 

 

日本では、ブルーコメッツ井上大輔さんがフルートを吹いていますね。

 

他には、クレイジーケンバンド中西圭一さんがサックスと兼任でフルートを吹いていますね。

あとはチェッカーズでも、割合は少ないですが曲によっては藤井尚之さんがフルートを吹いています。

 

意外なところでは忌野清志郎さんも吹いていました。バンド単位と言えるかわかりませんが。

 

 

ネットで調べてみると、若手のセロ(ceroというバンドにはフルートを吹くメンバーがいるようです。

 

 

他にもあるんでしょうけど、今回はこのへんで。

もしフルートが入ったかっこいいバンドをご存知でしたら教えてください。