【ベース】ベースの日(ベーシストとしてのほろ苦い思い出)

今日、11月11日は「ベースの日」だそうです。

 

気づいたらそんな記念日ができていました。

2014年にベーシストの亀田誠治さんが提唱して、正式に定められたそうで。

 

数字の「1」を弦に見立てて、4本並んでいるからベースだということです。

ヴァイオリンの人、ヴィオラの人、チェロの人、ウクレレの人、ごめんなさい。

 

その理屈でいくと、令和11年の11月11日こそは「ギターの日」だと言っていいのではないでしょうか?

どーでもいいっちゃいいんですけどね。

 

 

 

さて、私は過去に一度だけ、ベーシストとしてバンドをやっていたことがあります

学生の頃ですね。

スペシャルズのような、いわゆる「ツートーンスカ」のバンドでした。

自分で買った覚えはないのに、なぜかスタインバーガーのベースを弾いていたと記憶しています。

 

 

ことのいきさつは、ベーシストがなかなか見つからずにいたそのバンドに、「ギターが弾けるからベースも弾ける」ということで誘ってもらったんだったかな。

まぁ、よくある話ですよね。

 

 

で、ぜんぜんダメだったと。www

 

いや、自分では弾けているつもりだったんでしょうね。

恥ずかしながら当時は、ベースを弾くことについて「弦が4本しかないし、コードも押さえないし、簡単じゃん」と思っていました。

 

 

ナメてますね。

とんだウ◯コ野郎でした。

すみません本当に。

懺悔します。

あぁ、恥ずかしい。

 

 

なんとなく覚えているのが、そのバンドで、何かのコンテストみたいなのに出たんですよね。

バンドの雰囲気としては、そこそこにイケている感じもあり、意気込んで演奏したわけですが、

どっかの段階で落とされちゃうんです。

で、そのとき、審査員から「ベースがよくないな〜」みたいなコメントをいただきまして。

 

「えっ……オレ?」みたいな。w

いや〜〜、凹みました。

足引っぱっちゃってすみませんでした。

 

 

そんな貴重な体験もたせていただき、徐々に徐々に、ベースの大切さ、ベースのカッコよさを知り、そしてリズムについて関心が高くなっていきました。

ありがたや。

 

 

という普段忘れていた記憶を、ベースの日に思い出しました。

 

 

 

今夜は、ヴォーカル&ピアノのchie講師が目黒ブルースアレイでライブだということのなので、応援に行ってまいります。