【ベース】初心者のベース選び①

 

ベースが、ベーシストが、いかにカッコいいかをお話ししてきました。

いきおい「ベースをやってみようかな」と思ったそこのあなた!すばらしい!

 

そんなあなたに、ベースを始めようとしたときに揃えるもの、あると便利なものをご紹介していきます。

今回はエレキベース(ベースギター)に絞ってお話しします。コントラバスはあらためて。

 

まずは楽器ですね。これがないと始まりません。

 

手前味噌ですが、当スクールではレッスン時に楽器の無料レンタルをしています。

試しに少しやってみたい、という方は楽器がなくても始められます。ぜひ。

 

と宣伝をはさみつつの、楽器です。

初心者の方は何を買ったらいいか分からないですよね。

でも、はっきり言ってですね……

「見ため」で選べば良いと思います。

 

好きなベーシストがいるなら、その人の楽器と同じような見てくれの楽器とか。

その人の楽器と同じメーカーの楽器とか。

 

楽器はピンキリなので、当然、質の良し悪し、サウンドキャラクターの違いなどありますが、まったく弾けないうちは、そういうことより「見ため」の方が大事な気がします。

抱えているだけで嬉しくなるような見ための楽器は、実際に弾いて練習していく気持ちを後押ししてくれると思います。

 

 

ここで1つ。

よく「初心者用」という言葉を聞きますが、はっきり言って、ベースに限らず楽器には「初心者用」というものは基本的にないと思っています。

(初心者向けのセッティングというのはありますが。)

本来であれば、初心者だろうが上級者だろうが、質の高い(丁寧に作られた精度の高い)楽器を使うに越したことはありません。

 

ただ、質の高い楽器はおのずとある程度高い値段になってしまいます。

やったことのない人にとっては、その買い物はなかなか気合いが必要です。

そういう意味で「安価な楽器」の価値もあるわけで、ようは「初心者用」はニアイコールで「安価な楽器」ということになります。

 

そういう楽器が作られ売られていること自体は、楽器を楽しむ人を増やしていくためにも良いことですよね。

ただ、メーカー側が激安を追求すると、どうしても質という点で妥協していかなくてはならなくなります。

すると、いわゆる安かろう悪かろうの楽器も出てくるわけです。

 

ようは程度の問題ですが、ここの見極めが初心者の方には難しいですよね。

 

どうすればいいか……

 

ズバリ、定価で5万円以上するものをお求めになるのが良いと思います。

5万円という値段はエレキベースとしてはけっして高くはないです。そもそも、楽器は安いものじゃないです。

これからがんばろう!というモチベーションの表れとして、5万円の楽器を買うことは悪くないと思いますし、5万円する楽器であれば、極端に質が悪いということはなく、当分は、いや、丁寧に弾いていけばずっと使える物だと思います。

 

 

逆に楽器には、装飾的な要素によって、もしくは付加価値によって、メチャクチャ高い値段がつけられているものもあります。

極端なのだと何千万円とか何億円とか。

そこまでじゃないにしても、5万円と言わずもっと高いのも買えるよ、というお金持ちな方もいらっしゃるかもしれないですね。

羨ましい限りです。

でも知識がないのに、歴史的価値の高い楽器とか持っててもしょうがないですからね。

そうですね~、エレキベースだったら、20万円前後でかなり質のいい(プロや上級者も使うような)楽器が買えるんじゃないでしょうか。

 

 

あと、5万円と聞いて、「え!こないだ25千円のベース買っちゃったよ~」という、5万円より安い楽器をすでにお持ちだという方も当然いらっしゃるでしょう。

それは、もう、まったく問題ありませんので。安心してください。

しっかりメンテナンスして、ご自分に合ったセッティングにしていただければ、よほどでない限り使えない楽器はありませんから。

けっきょくは値段ではありませんので、ご自分の楽器を大切に、そして思い切りよくどんどん弾いてください。