【フルート】フルート奏者③グレッグ・パティロ

 

フルートはやっぱりクラシックのイメージが強いですが、ジャズやラテン、ポップスでもたくさん使われています。

今日はそういったジャンルを縦横無尽に行き来し、なおかつ強烈な個性を放つプレイヤーをご紹介します。

 

 

グレッグ・パティロ

 

というアメリカ人で、まだ41歳と若いプレイヤーです。

 

彼はヒューマンビートボックス(日本ではボイパと言う方がポピュラーかもしれません)をしながらフルートを吹くという必殺の特技をもってYoutubeに動画投稿し、話題になりました。

 

音大でしっかりクラシックのフルートを学んだ後、独自に編み出したその奏法を武器にニューヨークでストリートミュージシャンとして活動しているようです。

 

百聞は一見にしかず、ということで動画をどうぞ。

 

 

彼はビートボックス以外にも様々な特殊奏法を駆使しますが、それがじつにダイナミックで、技を見せるというよりはしっかり豊かな表現につながっています。

勢いだけの雑な演奏とも違い、まさに体の一部のようにフルートをコントロールしています。

 

ようするにめちゃくちゃ上手いです。

 

 

これなに。笑

 

 

そして同じストリートミュージシャン仲間とProject Trioという3人組のグループを組んで、クラシックからロック、ジャズ、ラテンなど様々なナンバーを、彼ら流のユーモアのあるアレンジで演奏しています。

メンバーのチェロ奏者、コントラバス奏者も、クラシック仕込みの正確なテクニックを持ちながら、大胆で遊び心のある演奏をします。

 

 

ぜひ生でも聴いてみたい。

最前列で聴いたら、めっちゃツバが飛んできそうだけど。