【ギター】ギタリストをピックアップ⑤ブラジル編

 

好きなギタリスト、ということで書き始めたこの記事ですが、もはやただの紹介コーナーになってしまいました。

今回は天才、鬼才、奇才の宝庫、ブラジル編です。

いってみましょう。※順不同

 

 

ローリンド・アルメイダ

ブラジル音楽としてより、ジャズの文脈で知りました。若い時にジャンゴ・ラインハルトに影響を受けたそうです。

 

 

バーデン・パウエル

ジョビンやジョアン・ジルベルトと同じく、ボサノヴァが生まれる前から活躍した人で、ヴィニシウス・ヂ・モライスと素晴らしい作品を残しました。演奏のタッチ、シンコペーションが最高です。

 

 

ハファエル・ハベーロ

ボサノヴァやジャズよりも歴史が古いショーロというスタイルで主に演奏をしました。いや〜、まさに天才的な技巧です。ですが1995年に、とっても悲しい形で亡くなってしまいました。

 

 

ギンガ

この方、知らなかったんですが、ヤバいっすね。エリントン卿もビックリのハーモニーワーク!美しいです。

 

 

エグベルト・ジスモンチ

ギタリストの項だけで語って良いものなのか、ブラジルが生んだ鬼才。ピアノと多弦ギターで宇宙に連れて行ってくれます。

 

 

エルメート・パスコアール

極めつけ!ギタリストの項で語って良いものなのか、ブラジルが生んだ奇才。あらゆる楽器、この世の様々な音をすべて音楽にしてしまいます。

 

 

ヤマンドゥ・コスタ

はっきり言って最強です。最強のギタリストです。もう信じられないくらい最強です。

動画も2つ貼っちゃいいます。てか、YouTubeをやってるんですね。

 

 

いや〜〜〜、ヤバいっす。ブラジル。